車一括査定

車一括査定で電話なし、メールのみするには?

 

この記事では、車一括査定サイトに申し込んでも「電話をなし」にして「メールのみ」にする方法をご紹介します。

 

 

車一括査定とは、最大10社にまとめて査定依頼を出すことができるWEBサイトのことです。メリットは、自宅に居ながらにして複数の買取店が査定に来てくれる点、さらに、買取店同士で競い合うので買取価格が上がりやすい(高く売れる)点にあります。

 

昔は、ディーラーに下取りとして売却するか、ガリバーなどの店舗に直接行って査定してもらうしか方法がなかったので、車一括査定はとても便利ですね。車を高く売るためには、買取額を比較することが必要ですから、車一括査定を利用することは重要です。

 

 

しかし、車一括査定にはデメリットがあります。
それが、買取店からの「営業電話」です!

 

 

申し込むとすぐに買取店からかかってきます。
この電話の内容は、「車の状態の確認、買取相場、出張査定の連絡」などですが、
多いと一度に10件ぐらいもかかってくるのでウンザリするんですよね…。

 

 

人気がある車ほど電話はかかってきます。それだけ高く売れるということですが、
できれば「電話」ではなく「メール」で連絡してほしいと思いませんか?

 

 

実は「カーセンサーnet」の車一括査定ならば、
連絡方法をメールのみにできるので、その方法をご紹介しますね!

 

 

↓【最新版】車一括査定おすすめランキング!

 

 

カーセンサーで電話をかかって来なくするには?

カーセンサーnetの車一括査定

 

カーセンサーといえば、中古車雑誌で有名ですが、
実は、業界最大の車一括査定サイトも運営しています。

 

 

カーセンサーnetの特徴

約1000社が登録しているので高価買取できる
最大30社まで査定可能
リクルートが運営する安心感
連絡方法をメールのみにできる!

 

 

 

さて、カーセンサーでメールのみする方法ですが、
普通に申し込んでも電話が来るので、
<ある方法>で申し込んでください。とても簡単です!

 

 

カーセンサーnetの申込画面を見ると[メールOK]の文字が↓
カーセンサーnetの車一括査定

 

 

↓査定結果を「メール」で受け取れます。

メールで査定結果が送られてくる

 

 

<電話を減らす方法>

【連絡希望時間帯】の欄に「メールのみで連絡希望」と入力するだけ!

 

 

申込画面で車の情報と個人情報を入力します。
すると下の方に任意項目という欄があるのでクリックします。

 

申込画面で任意項目をクリック

 

 

連絡希望時間帯の欄に「メールのみで連絡希望」と入力。

 

 

連絡希望時間帯にメールのみで連絡希望と記入

 

 

こうすることで、業者からの連絡(査定結果)を「メールのみ」することができます。
(※備考欄を見ていない業者からはかかってくることがありますのでご注意ください)

 

 

以上が、車一括査定の電話を抑える方法です。
簡単なので、ぜひお試しください。

 

 

また、カーセンサーは、査定依頼する買取業者を選ぶことができるので、
不要な業者からの連絡はありません。

 

カーセンサーの車一括査定は買取業者を選択できるので電話連絡が大量に来ることがありません

 

業者は多すぎても対応が大変になるだけなので、
3社前後に抑えることをおすすめします。

 

カーセンサー.net(無料)

 

 

車一括査定のおすすめランキング!

 

車一括査定サイトを選ぶポイントは以下の3つです。

 

  1. 大手が運営している
  2. 買取店を選択できる
  3. JPUCに加盟している

 

まずは、大手企業が運営しているサイトが第一条件です。個人情報の取り扱いや買取業者の質などを考えると大手が安心です。

 

2つ目は、買取店を選択できること。査定を依頼する買取店を選択できないと、数社が自動的に選ばれて勝手に個人情報が送信されてしまいます。この場合、電話がたくさんかかってきて大変なので、買取店が選択できる点はかなり重要です(買取額を比較するなら3社程度で充分)。

 

3つ目のJPUC(ジェイパック)というのは、車買取業界を取り締まっている団体のことです。優良な買取業者や車一括査定サイトが登録されていて、JPUC会員はユーザーに迷惑がかかる行為を禁止しています。例えば、”強引な買取”や”夜9時以降の電話”を禁止しているので安心して利用できます。

 

 

上記のポイントを考慮すると、おすすめはカーセンサーnetになります。

 

カーセンサーnet

カーセンサーの一括査定

 

買取店の数がダントツ!
約1,000社が登録。最大規模の車一括査定。

 

査定してもらう買取店を選べる。

住所は郵便番号のみ。番地の入力はなし。

リクルートが運営で安心。

 

査定を依頼する買取店を選択できるので、不要な買取店から連絡は来ません。出張査定も不要ならチェックを外せます。じゃらん、ホットペッパーなどを運営するリクルートのサイトなので、信頼性が高く、安心して利用できます。すべての車一括査定のなかで最もおすすめ!

 

カーセンサー.net(無料)

 

 

ユーカーパック

ユーカーパック

 

オークション代行の車買取。
2000社以上が参加。査定も電話も1回だけ。

 

2000社がオークションで入札。

電話は1社だけ。

査定はガソリンスタンドで1回だけ。

個人情報が買取店側に渡らない。

 

ユーカーパックは車一括査定ではなく、オークション代行サービスです。
クルマの情報だけを最大2000社に開示して、オークション方式で入札を待つシステム。

個人情報が複数の買取店に送信されず、電話も査定もユーカーパックの1社だけなので安心して取引できます。

 

ユーカーパック公式サイト(無料)

 

 

楽天オート

楽天オートの車一括査定

 

楽天の車一括査定サイト。
ガリバー、アップルなど大手買取店が登録。

 

・買取成立で1,500ポイント

・100社以上の買取店が登録

・最大10社まで査定可能

・査定会社を選べる

 

言わずと知れた楽天の車一括査定サイトです。
申し込むと5ポイント、売却すると1500ポイントもらえます。

1500ポイントというのは、楽天で15万円分の買い物をした時に付与されるポイントなので、
実質15万円お得。楽天会員ならこちらがおすすめ!

 

楽天オート公式サイト(無料)

 

 

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

 

すぐに買取相場を知りたい方におすすめ!

 

・JADRI厳選の50社のみが登録。

・しつこい営業電話なし

・約45秒で申し込み完了

 

すべての車一括査定で一番簡単!
登録されている買取店はすべてJADRI会員。

 

JADRI会員は、ユーザーに対して「強引な買取」や「しつこい電話」などが
禁止されているので安心して利用できます。

 

申し込むとすぐに買取相場が表示されるので、
「いま乗ってるクルマがいくらで売れるのか」を調べるサイトとしても人気。

 

かんたん車査定ガイド(無料)

 

 

 

車一括査定サイト比較表

買取店数

査定依頼数

買取店選択

買取相場表示

カーセンサー

約1000社

最大30社

×

かんたん車査定ガイド

約50社

最大10社

×

楽天

約100社

最大10社

×

ズバット車買取比較

約200社

最大10社

カービュー

約200社

最大8社

 

>>車一括査定おすすめランキング!

なぜ、車一括査定は必要なの?

車一括査定サイトは必要?

 

そもそも、車一括査定って必要なの?という疑問があるかもしれません。

 

これに関しては、”車一括査定を使わなかったらどうなるか”を考えます。

車一括査定を使わない場合、アップル、ビッグモーターなどの買取店に
個別に査定依頼を出して、車を店舗に持ち込んで査定します。

 

査定額を比較するために3店舗ほどまわりますが、
場合によっては「面倒なこと」になります。

 

つまり、店舗で査定を受けたあと、他の店舗でも査定してもらおうとすると、
この買取価格は今だけです。他へ行くならこの価格は出せませんよ。」と、
他社へ行かせないような対応をされることがあるのです。

 

これは買取店側からしてみれば当然の対応ですが、
ユーザー側にはメリットはありません。

 

よって、この方法では即決を迫られ、買取店の言い値で契約してしまうリスクがあるため、
店舗で査定を受けるのはおすすめしません。

 

一括査定では、買取店を自宅などに呼んで査定しますが、
買取店側も比較されている前提で査定するため、
ライバル店よりも高い査定額を出す傾向にあります。

 

わざわざ買取店の店舗まで車を出す必要がなく(ガソリン代の節約)、
自宅に居ながらにして複数社に査定できる(時間の節約)、のは一括査定の大きなメリットです。

 

まとめると、車一括査定には、高く売れる、時間の節約、ガソリン代の節約、
即決を迫られるリスクの回避、などのメリットが多いため、おすすめしています。

車一括査定の基礎知識(O&A)

 

 

Q.車一括査定の注意点は?

いつまでに売るのかある程度決めておく

買取店はすぐに売ってくれるユーザーを優遇します。
2週間以内に売っても良いという気持ちで査定を受けましょう。

 

査定する日時を決めておく

出張査定してもらう日を決めておくとスムーズです。

 

希望買取額は絶対に言わない

買取店の担当者に「おいくらぐらいでお考えですか?」と聞かれると思いますが、
これは秘密にしておいたほうがいいでしょう。
言ってしまうとそれが基準価格になり、それ以上の査定額になりにくくなるからです。

 

→車一括査定の注意点まとめ

 

 

Q. 査定してもらったら絶対売らなくちゃいけないの?

買取額に納得がいかない場合は売る必要はありません。
出張査定料やキャンセル料もすべて無料です。

 

 

Q.電話番号は適当でもOK?

車一括査定に申し込むときに架空の電話番号やメールアドレスを入力する方がいますが、
これは他人に迷惑がかかりますのでやめたほうがいいでしょう。

→車一括査定でデタラメの電話番号を入力すると訴訟問題に!

 

 

Q.電話では何が聞かれるの?

いつまでに売るのか、いくらで売りたいのか、出張査定の日時、などが聞かれます。
わからなければ「わかりません」と答えれば大丈夫です。

 

 

Q.買取相場を匿名(個人情報なし)で調べるには?

グー買取で調べることができます。
郵便番号とメールアドレスは必要ですが、
名前、電話番号、住所などの詳しい個人情報は不要なので、
完全に匿名で買取相場を調べることができます。
車の買取相場を匿名(個人情報なし)で調べる方法とは?

 

 

Q.ローンが残ってるけど買い取りしてもらえるの?

可能です。買取店がローンの残りを一括返済してくれます。
そして、売却額とローンを差し引いた金額が手元に戻ります。
逆に車の売却額よりもローンが多い場合は、差額を支払います。

 

 

Q.車を売る前に車検は通したほうがいいの?

車検が近い場合でも、車検は通さない方がいいでしょう。
例えば、車検に10万円かかっても、それで買取額が10万円以上アップすることはないからです。

 

 

Q.キズは修理した方がいいの?

こちらも修理はしない方がいいでしょう。
車検と同じく、修理に出した費用に対して、その分の査定がアップすることはないからです。
ただし、車内の清掃、においの除去、洗車などをしておくと査定士に好印象を持たれます。

 

 

Q.査定するときに必要なものは?

まずは「車検証」 があればOKです。

 

 

Q.売却するときに必要な書類は?

売却するときはいくつかの書類が必要ですが、
すでに車に保管してあったり、買取店が用意してくれるので、
あらためて用意するものは「印鑑証明」だけです。

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車税納税証明書(軽自動車税納税証明書)
  4. 譲渡証明書
  5. 印鑑証明(発行後3ヶ月以内)×2通
  6. 実印
  7. リサイクル券

 

 

Q.査定にかかる時間は?

約10分〜20分ぐらいです。

 

 

Q.査定価格はどうやって決まる?

査定に影響するポイントはいくつかありますが、
大きく影響する順に並べると以下の通り。

 

・車種・グレード

・走行距離

・年式

・修復歴

・カラー

・ボディのキズ・へこみ

・内装のキズ・汚れ

・タバコ・ペットのにおい

・エンジン・バッテリーの状態

・オプション品の有無

・取扱説明書の有無

・車検期間

 

 

Q.10年落ちの車は売れる?

売れます。
原則として車の耐用年数は6年と言われていて、
新車から6年かけて売却額が0になります。
ですが、これはただの目安で、10年落ちで10万キロ以上走ってる車でも数十万円で売れることがあります。
特に日本車は海外で人気ですから、海外ルートを持っている買取業者なら高く売れるでしょう。

 

 

Q.下取りと買取はどっちがいいの?

買取価格に関して言えば、買取のほうが有利です。
ただし、買取の場合はすぐに売らなくてはいけません(約1週間〜2週間以内)。

 

ディーラー下取りなら、新車が納車されるまで待ってくれる事が多いです。

→下取りと買取どっちが高く売れる?

 

 

Q.オークションのほうが高く売れるんじゃないの?

はい、ヤフオクなどで直接売ったほうが高く売れることはあります。

 

ただ、出品、名義変更、車の引き渡しなどすべて自分でやらないといけないので、
慣れてないと難しいかもしれません。
オークション初心者のかたは、オークション代行業者に頼む方法もあります。

→車をオークション方式で売るには?

 

 

 

Q.自動車税は戻ってくる?

自動車税は4月に1年分を一括で支払いますが、4月以降に車を売却した場合、還付されます。これは買取額に含まれていることが多いので買取店に確認してください。

 

 

Q.事故車、不動車でも買取できる?

可能です。事故車といっても、軽くこすっただけの場合、骨格まで破損している場合などさまざまですが、どのような事故車でも買取額がゼロになることはありません。ディーラーは無理かもしれませんが、買取業者であれば大体買取できます。軽い修復歴車であれば修理してオークションに流しますし、廃車寸前の車でも部品パーツとして海外に輸出するので利益が出ます。

 

事故車であっても買取店を比較すれば数十万円の違いが出ることがあります。車一括査定を利用するのであれば、カーセンサーやカービューなどが事故車の買取が得意な買取店が多く登録しているのでおすすめです。

 

 

Q.車一括査定でトラブルはないの?

車一括査定を利用しても普通は何も問題はありませんが、
悪質な買取業者に当たってしまうとトラブルになることがあります。

 

トラブル例

  • 契約後の減額請求
  • キャンセル料を取られる
  • しつこい電話
  • 査定士が売るまで帰らない

 

これらのトラブルを防ぐには、運営会社が信頼できるサイト(カーセンサーかんたん車査定ガイド)などの車一括査定を利用してください。

 

トラブルについては、以下の記事で詳しく書きましたので参考にして下さい。
→車一括査定のトラブル実例!申し込む前に注意すべき3つのこと

 

 

Q.車一括査定でお得なキャンペーンはないの?

サイトによっては毎月キャンペーンを実施していることもあります。
例えば、現金10万円が当たったり、楽天ポイントがもらえたりと。

 

現在実施されているキャンペーンについては以下をご覧ください。
→【毎月更新】車一括査定キャンペーン速報!

 

 

Q.車一括査定はキャンセルできる?

できます。
申し込んだ後に、「すでに車を売却した」などの理由で
買取店からの電話やメールを停止(キャンセル)することができます。
ほとんどの車一括査定サイトでは、お問い合わせページからキャンセル依頼できます。
電話がしつこい場合は、無視するのではなく「もう他で売った」と言えばかかってこなくなります。
→車一括査定サイトのキャンセル方法まとめ

 

 

Q.なぜ車一括査定は無料なの?

だれでも無料で利用できる車一括査定サイトですが、
運営会社はどうやって利益を得ているのでしょうか。

 

答えは簡単で、買取業者から利用料をもらっているからです。
買取業者は、ユーザー1人に対して数千円の経費がかかっているため、
ライバル店より多少高くても買い取りたい気持ちがあります(だからユーザーは高く売れる!)。

 

では買取業者は、なぜ経費をかけてまで車一括査定に登録するのかというと、
それはやはりユーザーが多く、買い取れるからです。

 

もし車一括査定に登録しないでユーザーを獲得するとなると、自社サイトで(自力で)集客することになり、これだけではユーザー数が絶対的に足りません(買取業者は、買い取った車をオークションや販売店などに転売して利益を得ています。とにかく多く買い取ることが重要)。

 

当然、指をくわえてリアル店舗で待っていても、ユーザーが勝手に査定に来るわけがないので、買取業者は、車一括査定に”いやでも”登録せざるを得ないのです。

 

車を売るユーザーは完全無料ですが、車一括査定が無料なのは買取業者のおかげなんです。
この裏側を知ると、すぐに電話やメールで連絡してくるのも理解できますね。

 

 

Q.JADRI、JPUCってなに?

車を売る時や車一括査定サイトを利用するときに、買取店とのトラブルは避けたいですよね。JADRI(ジャドリ)とJPUC(ジェイパック)は、そのトラブルを防止する目的で作られた団体です。

 

JADRIには約50社の中古車買取業者が加盟していますが、そのすべてが厳しい審査を通過した優良な買取店で、ユーザーに迷惑がかかる行為を禁止しています。

 

JPUCは、2014年に設立された比較的新しい団体で、今までルールがなかった車買取業界に明確なルールを作り、ユーザーとのトラブルを防止する目的があります。というのも、2014年以前の車買取業界は、誰も規制する人がいなかったため、買取店はやりたい放題でした。

 

例えば、深夜、早朝にかかわらず電話をかける、強引な買取、契約後の減額、など。これによりユーザーからのクレームが増え、JPUCが作られました。新しく作られたルールは、夜9時以降の電話を禁止。しつこい勧誘の禁止。など。

 

加盟している買取店は、アップル、カーセブン、ビッグモーター、ガリバーなどの大手買取店から、中小の業者まで厳選された会社だけです。さらに、車一括査定サイトでは、カーセンサー、カービュー、かんたん車査定ガイドなどが加盟しています。

 

車を売るときには、JADRI、JPUCに加盟している業者、一括査定サイトを利用すると安心です。
→車一括査定サイトは『JPUC会員』がおすすめ!

 

 

Q.車一括査定以外で車を売るには?

「車一括査定は、電話やメールが多いし、たくさんの買取店に査定してもらうのはめんどくさい…もっと簡単な方法はないの?」という方は、グー買取がおすすめです。

 

グー買取は中古車で有名なGoo-netが運営する車買取サイト。車一括査定サイトではないので、複数の買取店とやり取りする必要はなく、個別に査定できます。

 

もちろん、ただの車買取サイトではありません。自分の車種情報を入力するとその車種の”買取強化店”が検索できます。例えば、プリウスならプリスを高く買い取ってくれる買取店をピンポイントでみつけることができるので、効率的に売ることができます。

 

もし、車一括査定で比較するのが面倒という方は、グー買取のほうが簡単なのでこちらのほうがいいかもしれません。
→グー買取の解説

 

車一括査定の流れ

 

車一括査定に申し込むと、
以下の5つのステップで進められます。

 

1.愛車情報(年式、走行距離、車検期間)と、
個人情報(住所、氏名、電話番号、メールアドレス)の入力。

 

2.複数の買取店から電話やメールで連絡がある。

 

3.およその査定額を確認し、査定日時を決める。

 

4.複数の買取店が自宅などで査定。

 

5.見積もりを比較し、一番高い買取店と契約。

 

 

なんで電話がかかってくるの?

 

車一括査定に申し込むとすぐに電話がかかってきますが、
それはライバルよりも早く買い取るためです。

 

 

実は、買取店は一括査定サイトに登録料を支払っているので、買い取れないと赤字になります。
なので、ライバルよりも早くユーザーと連絡を取り、出張査定に持ち込むのが目的です。

 

 

車買取店というのは「できるだけ安く買い取りたい」というのが本音ですから、
ライバルがいなかったら、相場よりもかなり安く買い取られてしまいます。

 

 

高く売るためには「ライバル店との比較」がとても重要になり、
車一括査定を利用することで、効率的に比較することができます。

 

 

もし、車一括査定を利用せず、近所の買取店に持ち込みで査定してもらう場合、
売る気満々な客』だと思われ、安い金額で買い取られてしまいます。
しかも売るまでなかなか帰してもらえませんから、持ち込み査定はおすすめしません。

 

→車は『持ち込み査定』と『一括査定』どっちが高く売れる?

 

 

どの買取店に売ればいいの?

ガリバーの買取

 

普通は、大手買取店だけを選んでしまいがちですが、
選ぶコツは、大手と専門店を両方選ぶことです。

 

 

大手買取店とは、ガリバー、ビッグモーター、アップル、ラビット、カーチスなどの会社のことで、大手だけを選ぶのではなく、地元密着の小さなお店も選ぶことで査定額に幅がでます。

 

 

大手のほうが高いというイメージがありますが、
名前も知らない買取店がガリバーよりも高いなんてことは普通にあります。

 

 

なぜかというと、大手買取店は、テレビCM、ネット広告、新聞・雑誌広告、店舗費用、人件費など多くの経費をかけて大量のユーザーを獲得していますよね。ということは、できるだけ安く買取しなければ利益が出ないことになります。

 

 

逆に、小さなお店は経費をあまりかけていない分、高く買取できる可能性があります。もちろん例外もあるかと思いますが、大手以外も必ず1社は選ぶようにして下さい。

 

 

車一括査定に申し込む際のコツは、買取店を多く選び過ぎないことです。確かに、買取店は多ければ多いほど高値を出してくれる”当たりの買取店”を見つけることができます。

 

 

しかし、スケジュール調整、実際の査定にかかる時間、査定額の交渉など、複数社とやり取りすることを考えると、少ないほうがスムーズです。3社か4社で十分に見積もりを比較することはできます。

 

 

上記でカーセンサーならば電話がかかって来ないと書きましたが、買取店によってはお構いなしにかけてきます。

 

 

備考欄の文言を無視してかけてくるからです。これは買取店のスタッフのモラルの問題ですが、電話がかかってきたら「次回からメールでお願いします」と言えば対応してもらえます。このように、電話がかかってくることを想定して、買取店は3社ぐらいに抑えると対応が楽になります。

 

 

車買取業者ランキング

中古車買取業者ランキング

 

オリコン顧客満足度調査で、車買取業者のランキングが発表されています。

これは全23社の買取業者を対象に、車を売ったユーザー約8000人に調査したもので、以下の4つの項目を総合評価したランキングになっています。

 

  • 接客態度
  • 売却価格
  • 売却手続き
  • アフターフォロー

 

ランキングは以下のとおりです。

 

1位 アップル

アップルの車買取の評判は?

 

アップルは、オリコン満足度ランキング4年連続1位で、ネット上でもとても評判がいい買取店です。特に、接客手続きに対しての評価が高く、口コミでは「かけひきなしで査定額を言ってくれる」「入金が早い」「親身に対応してくれる」「大手だから安心」といった声が多く見られます。

 

アップルの買取システムはとてもシンプルで、買い取った車をすぐに”国内で最も高く売れるオークション会場”へ直送しています。余計な中間マージンをカットしているので、高く買い取れるわけです。海外ルートも持っているため、外車も高価買取が期待できます。

 

もし車一括査定で、アップルが選択できる場合はぜひ依頼することをおすすめします。

 

 

 

2位 カーセブン

カーセブンの車買取

 

カーセブンもアップル同様、接客に関しての評価が高い買取店です。
筆者も何度かカーセブンに売っていますが、個人的には”一番接客態度が丁寧で誠実”という印象です。もちろん、地域や店舗によって違うと思いますが、他の買取店よりも「売ってくれ、売ってくれ」という圧力みたいなものがありません。しかも、接客だけ丁寧でも買取額が安かったら意味がありありませんが、買取額も高いです。

 

カーセブンは、最初の査定の段階で限界価格を提示してくれます。例えば、「うちはこれが限界ですので他がこれ以上出してきたら辞退します。」という具合です。他の買取店だと、最初に査定額は言わず、他社の動向を伺いながらちまちまと価格を上げる戦法を使ってきます。これは姑息な手段ですから、個人的には好きではありません。これをしてくる買取店はやめたほうがいいかもしれません。あとで減額してくる可能性もあります。逆に、こういった戦法をしてこない買取店があれば誠実な会社なのでおすすめです。

 

カーセブンの社長は、JPUC(ジェイパック)の代表理事を務めている方です。JPUCは車買取業界の健全化を推進する団体で、そのトップにいるのがカーセブンなのでその信頼性、安全性は最高レベルでしょう。

 

車一括査定でカーセブンに査定依頼できる場合は、積極的に選びたいですね!

 

 

 

3位 ラビット

ラビットの車買取

 

ラビットは全国に200店舗を展開する中古車買取店です。買取数でいうとガリバー、ビッグモーターに次いで3位に位置しており、知名度も高く業界大手といってもいいですね。

 

オリコンランキングでは、アップルと並び売却手続きの評判が1位となっています。査定から買取契約、入金されるまでスムーズに取引できるということです。

 

ラビットは、中古車オークション会場の業界最大手「USSオークション」の子会社です。車の買取業者は、業者しか入れないオークション(オートオークション)で車を仕入れて、販売します。また、ユーザーから車を買い取り、オークションに流して利益を得ています。

 

業者オークションは全国に何会場もありますが、その最大手がUSSオークションです。市場シェア率は33%と圧倒的で、全国の買取業者のほとんどが利用していると言っても過言ではありません。ラビットはそのオークションの最新の動向を把握しており、常にリアルタイムで価格を算出しているようです。そのため、高価買取が期待できます。

 

ただし、ラビットはそのほとんどがフランチャイズ店舗なので、お店によって価格差が激しいのが特徴です。ガリバーなどもフランチャイズですが、そのほとんどが直営店で、各店舗の買取価格は統一されています。ラビットは個々の店舗による差が大きく、ある地域では高くても、他の地域では安いといった価格差が生まれやすい傾向にあります。

 

ネットの評判をみると、「買取価格が安かった!」「安いからやめたほうがいい」という声がありますが、これは店舗によるので真に受けてはいけません。買取価格というのは、車種やグレードによる差が大きいため、あなたが売ろうとしている車も安くなるとは限らないのです。

 

 

 

4位 カーチス

カーチス

 

カーチスは、創業30年の老舗買取業者です。ズバット車買取比較車選び.com顧客満足度調査で8年連続1位を獲得しています。

 

カーチスの買取システムは他の業者とは違い、ユーザーから買い取った車をオークションに出すのではなく、自社の中古車販売店で販売します。これにより、オークションにかかる手数料がかからないので、高く買い取れる仕組みです。ただ、すべてが自社の販売店で売るわけではなく、オークションにも流しているようですが詳しいことは不明です。

 

カーチスの買取価格は高めという口コミが多く見られますが、これも車種によるので真に受けてはいけません。他社と比較することが重要です。

 

 

5位 ユーポス

ユーポス

 

ユーポスは大阪、兵庫など近畿地方を中心に展開している中古車買取店です。関東でも東京、神奈川、千葉にそれぞれ1店舗ずつあります。

 

オリコンランキングでは、特に売却手続きの評価が高いですね。これは、「翌日振込み」という他社にはない特徴があるからでしょう。車を売って、すぐお金に変えたいという方にはうれしいサービスです。

 

ユーポスの買い取りシステムは、オークション方式で、ユーザーから買い取った車を直接オークションに出品しています。在庫を持たないため、管理費などがかからず、経費を抑えることができるので高価買取が期待できます。

 

また、事故車の買取も積極的に行っており、他社で査定額が0円だった車も高く買い取ってもらえる可能性があります。関西地区の方は特におすすめの買取店です。

 

 

 

6位 T-UP(ティーアップ)

T-UP ティーアップはトヨタの車買取店

 

T-UPはトヨタが運営する中古車買取店です。全国に3600店舗もあり、買取店の店舗数としてはダントツです。2位のガリバーは550店舗なのでいかに圧倒的なのかがわかりますね。

 

T-UPの買取システムは、自社販売方式です。買い取った車は、T-Value(ティーバリュー)などのトヨタ販売店で売りに出されます。オークション手数料などのマージンがかからず、高い査定が期待できます。

 

オリコンランキングでは、アフターサービスの評価が2位と高いですね。これはトヨタの信頼性からくるもので、名義変更、ローン残債手続き、所有者変更、などの売却手続きを安心して任せることができます。また、売却後に減額することはないでしょう。

 

買取価格には、自動車税やリサイクル料なども上乗せされることが保証されているので、他社買取店より高くなるかもしれません。

 

ただし、T-UPはトヨタ系列店舗ですから、トヨタ車の買取価格は高くなりますが、他社製は低くなるでしょう。というのも、T-UPで買い取った車は、トヨタ系列の販売店で売りに出されます。当然、トヨタ車を買いに来るユーザーがほとんどですから、そこに日産やスバル車があっても売れないからです。

 

逆に、トヨタ車を売りたい場合は、T-UPは外すことはできません。査定に出しても損はしないでしょう。高く売れる可能性のほうが高いです。T-UPは一括査定にあまり参加していませんが、唯一参加しているのはカービューです。もし、T-UPを含めて一括査定するのであればカービューということになります。

 

 

7位 ビッグモーター

ビッグモーター

 

ビッグモーターの公式サイトをみると「中古車買取数が日本一」とあります。ガリバーを抜いて1位となったようですね。これは関西地区で有名なハナテンをグループ傘下にした影響でしょう。

 

でも買取数が多いと、安く買い取っているのでは?と考えますが、ネットの口コミ等をみると「買取額は高い」との評価を得ています。オリコンランキングでも、見積もり・査定の項目が平均より高くなっているので一理あるのでしょう。一方、スタッフの接客・アフターサービスの項目は平均より下回っていますね。接客に関する評判は賛否両論あるようですが、これは店舗によるのでなんとも言い難いですね。

 

ビッグモーターの買取システムは、自社販売方式です。自社で販売する場合、オークション手数料がかからず、全て自前のスタッフで整備、点検、修理して販売するのでコストを抑えることができます。

 

ただ、ビッグモーターの買取額は単独査定だと低いと言われています。これはどの買取店も同じですが、ビッグモーターは顕著で、一括査定で競合がいる場合にやっと本気をだすようです。ネットの口コミを見ても、「買取額が高い」と言っているユーザーのほとんどが一括査定で競争させています。ビッグモーターは最初から限界価格を提示せず、交渉するごとに徐々にアップしていくやり方なので、妥協せずにねばれば高価買取が狙えます。

 

 

8位 ガリバー

ガリバー

 

中古車業界で一番有名なガリバーですが、オリコンランキングでは8位と低めにランクされています。

 

売却手続き、担当者の接客力、見積もり・査定、アフターサービス、すべての項目で平均以下の評価です。

 

ただ、ガリバーもビッグモーター同様、車一括査定サイトを利用すると買取額は高くなる傾向にあるので、査定してもらう価値はあります(最初から限界価格は言ってこないと思いますが)。

 

ガリバーほどの規模を持つ買取業者の場合、買い取りした車の販売経路は豊富にあるので、高く買取る力はあると思います。自社販売店、オークション、海外ルートなど。

 

しかし、それを引き出すには、やはり車一括査定で競争させなくてはいけないでしょう。ガリバーの店舗に直接行き、単独査定では期待したほどの査定額に届かないと思います。

 

ガリバーはさすが買取専門店だけあって、手続きはスムーズです。車を売ったあとに、車がないと困る方のために代車を貸してくれるサービスがあったり、他社では1週間程度かかる入金も最短2日とスピーディです。

 

ネットの口コミでは、ネガティブな書き込みがたくさんありますが、買い取りしている数がケタ違いなので、不満を持つユーザーもケタ違いという見方もできます。もちろん真実を書いている口コミも中にはあると思いますが、ライバル会社が書いている可能性もあります。

 

つまり、「ガリバーは良くないから査定は受けない」というのはもったいないです。なぜならガリバーには、”他社よりも高く買い取れるポテンシャル”があるからです。あとはそれを交渉によっていかに引き出せるか、にあると思います。

 

 

9位 ティーバイティーガレージ

ティーバイティーガレージ

 

ティーバイティーガレージは、知名度はそれほど高くありませんが、他社とは違う特徴があるため評価が高くなっています。

 

その最大の特徴は、古い車でも買取OK!なところ。例えば、走行距離20万キロ、年式20年以上の車は、ガリバーなどの一般的な買取店では査定額0円(逆に処分料として費用がかかります)が、ティーバイティーガレージは最低でも1万円以上で買取してくれます。

 

おそらく、販売経路として、廃車買取業者や海外輸出ルートなどを複数持っているのだと思います。廃車にするようなボロボロな車でも、鉄くずとして価値があるため1万円以上で買い取ってもティーバイティーガレージは利益がでます。

 

他にも、カスタムカー、トラック、ダンプカー、タクシー、バス、車検切れの車など、特殊な車種も買取可能です。買取できる車種の幅が非常に広いので、ほぼどんな車でも買い取ってもらえるのが強みですね。

 

しかし、プリウスやフィットなどの人気車種や高年式、低走行車を売却するのはNGです。こういった新しい車はティーバイティーガレージで売ったらもったいないでしょう。大手買取店に売ったほうが断然高く売れます。ティーバイティーガレージで売るなら、廃車にするレベルの車に限ります。

 

例えば、直近の買取実績として、トヨタのランドクルーザー(ランクル)、年式20年以上、走行距離20万キロ以上でも68万円で買取されています。

 

 

まとめ

以上が車買取業者のランキングです。これはあくまでもオリコンが決めたランキングなので、参考程度にとどめる必要がありますが、買取業者を選ぶときに迷ったら上記の評価が高い業者に依頼するのも一つの手ですね。

 

参考:オリコン顧客満足度ランキング