車一括査定は一度の申し込みで最大10社から査定依頼ができる便利なサイトです。しかし、申し込み直後に多くの買取店から電話がかかってくるデメリットが‥。

 

電話がかかってくる理由はカンタン「他社よりも早く買い取りたいから」

 

10社の中で買い取れるのはたったの1社。もたもたしていたら他社に出し抜かれて買い取られてしまう‥。一括査定の買取店は広告費がかかっていますから、買い取れないと赤字。だから必死なんです。

 

つまり、買取店は他社よりも早く「現車査定」の約束し買い取りたいので、いち早く電話をかけてくるわけです。

※電話がかかってくる事自体は悪いことでなく「買取店が欲しい車」なので、むしろ高く売れます

 

さて、カーセンサーの車一括査定ならば、連絡方法を電話ではなくメールのみにすることができるのでその方法を解説したいと思います。

 

カーセンサーで申し込むメリット

そもそもですが――。

なぜ、カーセンサーの車一括査定に申し込む必要があるのでしょうか?

 

それは高く売れるからです。

 

この表をご覧ください↓カーセンサーに登録している買取店の数が1000社と圧倒的に多いことがわかります。

※追記(2018年10月23日)
この記事を書いたのは数年前なのですが、最近ユーカーパックというカーセンサーを超えるサイトが出てきました。車一括査定のデメリットを排除したサービスです。複数業者と交渉する必要がないので、人によってはユーカーパックがいいかもしれません。

 

車一括査定サイト買取店の数

名前提携企業特徴買取店選択相場表示
カーセンサー1000社業界最大手!-
ユーカーパック2000社オークション方式。電話1社のみ。-
ズバット車買取比較200社デメリットなし
かんたん車査定ガイド50社一番簡単-
楽天オート100社1500ポイント付与-
カービュー200社トヨタのT-UPが参加-
カープライス1000社オークション方式。三井物産グループ--
車査定比較.com200社買取相場がすぐわかる
一括査定.com50社JADRI公式の一括査定--
車選び.comの一括査定200社業界最大級の利用者数-
外車王1社外車専門の買取--

単純に買取店が多ければ多いほど競争が激化するので、買取額はおのずと高くなります。しかもカーセンサーに登録している買取店は大手から中小のお店、輸出業者、ディーラーなどさまざま。

 

それぞれの業者は得意な車種があるので、ほとんどどんな車でも買取可能です。これだけ多くの業者をそろえている一括査定はカーセンサー以外にはありません。

 

また、査定してもらいたい買取店を選べるので、車一括査定にありがちな『知らない会社から電話がバンバンかかって来る』ということもありません。

 

カーセンサーの申し込み画面。チェックを外せば連絡は来ない。

カーセンサーで電話連絡を少なくする方法

それでは、カーセンサーでメールのみにする方法を書きます。

 

ただ、通常の申し込みでは電話がバンバンかかって来ますので、『ある方法』で申し込んでください。と言ってもカンタンです!

 

具体的なやり方

【任意項目】の【連絡希望時間帯 】の欄に「メールのみで連絡希望」と入力するだけです。

 

(申込画面:PC)

 

(申し込み画面:スマホ)

この文を入力すれば、ほぼ電話はかかってきません(※自動で電話がかかるシステムの都合上、1社だけかかってくる場合もあります)。もし電話がかかってきても、「今後はメールで連絡してください」と言えば対応してくれます。

 

ぜひお試し下さい。

 

この方法はカーセンサーに確認済!

「でも、この方法って本当なの?」と思われる方もいるかもしれません。

 

もちろん、筆者も過去3回実証済みで、電話はかかってきてません。カーセンサーさんにも確認済です。ただ、ネットの口コミ等をみると、この方法でも電話がかかってきている方もチラホラ見かけます。

 

これは、買取店側のモラルの問題ですので、完全に防ぐことはできません。電話をかけてくる会社、かけてこない会社があるということです。

 

電話がかかって来た場合でも、他の一括査定のように10社から来るわけではなく、1~2社程度です。「次回からはメールでお願いします」と言えば、ほとんどの場合対応してもらえます。

 

車一括査定のコツは、買取店を多く選び過ぎないこと!

10社も選ぶと、査定だけでも時間がかかりますし、交渉も大変です。
かと言って少なすぎても一括査定の意味が無いので、筆者のおすすめはズバリ3社~5社!これなら査定時間も交渉も楽に進められます。

 

カーセンサーとは

カーセンサーnetは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する車買取・査定サイトです。

 

リクルートと言えば誰もが知る大企業ですね。ゼクシィ、ホットペッパー、R25、リクナビ、suumo、じゃらん、などなど超有名サービスを手がけています。雑誌、電車広告、テレビCM、ネット広告などのさまざまな媒体を使って展開していますね。

 

そんな大企業のサービスの一貫として2008年から車の買取一括査定サイトをスタートしています。この一括査定の特徴としては、加入している査定会社がとても多いということです。

 

ガリバー、アップル、ビッグモーターなど有名チェーン店がすべて参加。昔から中古車雑誌「カーセンサー」として運営して来ただけあって、車関係のつながりが圧倒的ですね。さらに大手買取店だけでなく中小の買取店も多数参加しており、その数は1000社を超えていると言われています。

 

<主な買取業者一覧>

  • ガリバー
  • アップル
  • ビッグモーター
  • T-UP
  • カーチス
  • カーセブン
  • ラビット
  • ソッキン王

 

2つ目の特徴は一度に最大30社まで査定可能ということです。

 

車を売却するときには、より多くの買取店から査定してもらったほうが高く売れますので、一度に査定できる数が多いのはかなりのメリット。

 

査定してもらう際には大手買取店だけでなく、地元の買取店にも査定してもらうことをおすすめします。なぜなら、大手買取店はユーザーを獲得するために莫大な広告費をかけているため、高く買い取れない可能性があるからです。

 

ただし、30社も査定してもらうとかなり大変です。それぞれの買取店に査定日時の予定を組むのがまず大変ですし、査定日に30人の査定士が家に来ることになるので想像しただけでもヤバイことがわかりますね。自分で対応できる数を選ぶと良いでしょう。

 

3つ目は、査定会社を選べるということ。

 

もし自動的に選ばれた会社に査定依頼の連絡が送信されてしまうと、予想以上の電話やメールが送られてきます。自分で対応できるだけの数を選べば取引もスムーズに進みます。他の車一括査定は査定会社を選べないところが多いので、一気に連絡が来るので注意。

 

4つ目は、電話があまりかかってこない点です。

 

これは上記の記事に書きましたので、ここまで読んでいただいた方には説明不要でしょう。このサービスはカーセンサー側は特に宣伝していませんので、裏技的な方法と言えます。なので、絶対に電話がかかって来ないから安心、という訳にはいかない事を覚えておいてください。

 

ちなみに、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)の規約によると、夜9時以降は電話をかけてはいけないルールになっています。カーセンサーはJPUC会員なのでこのルールが適用されます。

 

5つ目は、事故車、修復歴車、車検切れ、トラック、社用車などでも買取可能ということです。廃車にするべきか考えている方はダメ元でもカーセンサーに申し込んだ方がいいでしょう。

 

廃車にすると費用がかなりかかりますが、買い取りならば逆にお金になります。カーセンサーではどんな車種でも買い取りできるのでおすすめです。

 

カーセンサーの一括査定で買取業者からの連絡をキャンセルするには?

 

買取業者からの電話やメールはしつこく何日も連絡してくる場合があります。そんなときはどうすればいいのでしょうか。カーセンサーのヘルプページでは以下のように記載されています。

 

カーセンサー簡単ネット車査定では、ご登録いただいた内容を、お客様にお選びいただいた買取店にお伝えし、直接ご連絡をしています。登録情報は買取店が管理をしているため、査定のキャンセルにつきましては、私どもで承れません。買取店より連絡があった際に、キャンセルの旨を直接お店の方にお伝えください。

 

つまり、キャンセルは直接買取業者に連絡するしかないみたいですね。他の一括査定ではキャンセルページというものがあり、1クリックで停止できるところもあります(かんたん車査定ガイドなど)。

おすすめの記事