かんたん車査定ガイドがおすすめな理由

かんたん車査定ガイドをおすすめする理由

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、株式会社エイチームが運営する『中古車一括査定サイト』です。エイチームといえば2012年11月に東証第一部に上場した新進気鋭の会社です。

 

そんなエイチームが運営する「かんたん車査定ガイド」は、約50社の買取店の中から最大10社まで査定が可能な一括査定です。

 

他の一括査定サイトに比べて最大のメリットは入力が簡単!ということです。

 

普通の一括査定ならば、愛車情報(10項目以上)を入力する必要があるので大変時間がかかりますが、かんたん車査定ガイドの入力項目はわずかに4項目しかありませんので、早ければ45秒たらずで完了します。

 

フォーム送信後1秒で『最高額の概算』が表示されます。この概算価格は、過去の業者間オークションで落札された価格なので、かなり正確な数字です。さらにメールでも確認ができるので、手っ取り早く愛車の査定額が知りたいという方は非常におすすめです!

 

かんたん車査定ガイド申込画面

 

約50社の優良買取店のみが登録!

そして、かんたん車査定ガイドに掲載している買取店は、JADRI(ジャドリ)という団体に登録している約50社の優良店のみ。

 

<主な参加企業>

  • ガリバー
  • アップル
  • カーチス
  • ビッグモーター
  • ジャック
  • ソッキン王

 

JADRIというのは、中古車業界の取引が適切に行われるように推進している団体です。悪質な買取店は登録出来ず、登録されている買取店でも不正(しつこい電話、強引な買取、再査定、二重査定、減額請求)などが発覚した場合は、登録抹消される仕組みです。

 

再査定とは、売買の契約が完了した後に「車の破損箇所がみつかった」などと言って『減額を請求されること』をいいます。

 

例えば、100万円で契約しお金が振り込まれます。しかし数日後、修復歴が見つかったので20万円の減額を請求されるケースです。

 

一括査定を利用した際、1社だけ飛び抜けて高い金額を提示してきた場合「再査定」の可能性があります。最初から減額するつもりでユーザーを釣っているのです。もちろん、中には良心的な店で高く買い取ってくれる店もありますが、一応注意すべきでしょう。

 

こういったケースに合わないためにも、査定の際にはJADRI登録店なのかが重要になります。
かんたん車査定ガイドに登録されている買取店は、すべてJADRI登録店なのでおすすめです。

 

 

車を高く売るには?

車を高く売るには、まずは自分の車の「買取相場」を知らなくてはなりません。買取相場がわかれば、ディーラーに下取りに出す場合でも、下取り価格が高いか安いか判断でき、交渉を有利に進めることができます。

 

基本的にディーラーの下取り価格には期待できません。買取専門店(ガリバーなど)よりも低いです。
ディーラーは新車の販売がメインなので、下取りは二の次だからです。同じメーカー製であれば多少は色がつくかもしれませんが、他社製ならば無理でしょう。

 

ただし、ディーラーによってはどうしても売りたい時期というものがあり、例えば12月、1月、3月などの決算の時期や、キャンペーン期間は、下取り価格を大幅に引き上げて、新車購入を促す場合もあります。なので、買取店よりもディーラーの方が一概に安いとは言い切れません。

 

余談ですが、レクサスは下取りが高いという話があります。レクサスはご存知のとおり高級ブランドを守るためか新車の値引き額はゼロです。ディーラーオプションの値引きはありますが、本体値引きは基本的にありません。しかし、下取りは他のディーラーよりも高いので、実質的な値引きに相当します。レクサスで新車を買うのであれば、買取店よりも下取り額が高いことがあるので見積もりはしてもらったほうがいいでしょう。

 

最初に買取店の見積もりをとって、それをディーラーに提示する方法も有効です。ディーラーの心が動くかもしれません。

 

いずれにせよ、自分の車がどれぐらいで売れるのか知らなければ、高いか安いか判断できませんので、まずは一括査定を申し込むことをおすすめします。

 

 


かんたん車査定ガイドにもデメリットがある!

当サイトでは「かんたん車査定ガイド」をおすすめしています。
これは他社にはないメリットがあるからなのですが、
実はひとつだけデメリットがあります。

 

それは、査定会社を選べない、ということです。

 

カーセンサーなどの一括査定は、申し込む際に査定会社を選べるので、
自分が指定した会社からしか連絡は来ません。

 

かんたん車査定ガイドは選べないので、都市部だと最大10社から電話やメールの連絡が来ます。
申し込む際に、確認画面が表示されるので、どの買取店から連絡が来るのかはわかるのですが、
選ぶことはできません。この点だけは残念ですね。

 

電話がかかって来すぎては困るという方はカーセンサーがいいでしょう。