2019年10月1日から消費税が10%に増税されます。たった2%の増税ですが、自動車や住宅などの高額なモノは家計に大きく影響します。

 

いつ購入すればいいのか、増税前なのか増税後なのか、8%になった2014年はどうだったのか、そのタイミングが気になりますよね。

 

この記事では、消費税増税前に伴う「自動車購入のベストなタイミング」をズバリ書きたいと思います。

 

先に結論を述べますと――

「あせって購入する必要はまったくない」ということ。理由はカンタン、自動車の購入額は増税後でもほとんど変わらないからです(自動車取得税3%が廃止になるため)。

 

増税後に自動車取得税3%が廃止

政府が気にしているのは、増税後の自動車購入の落ち込みです。その対策として、消費税10%になる10月1日から自動車取得税(普通自動車3%、軽自動車2%)が廃止になります。

 

ただし代わりに「環境性能割」が新設されます。環境性能割は、車の燃費に応じて[ 0%~3% ]の税率で課税されるしくみ(自動車税に上乗せ)。つまり、燃費がいいハイブリッド車などの税金は安くなり、燃費が悪いガソリン車は高くなります。

 

なお、1年間(2019年10月1日~2020年9月30日)に限り、税率が1%軽減されます。

 

この環境性能割で非課税となるのは、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)、プラグインハイブリッド(PHEV)、ハイブリッド車などです。つまり、ハイブリッド車などの燃費が良い車を購入するなら増税後でも価格的には変わりません。

 

環境性能割で非課税となる車種一覧(国産車)

以下の車種は「平成32年度燃費基準+20%達成」しており、環境性能割が非課税(0%)です。税金を安く抑えるならここに挙げた車種がおすすめ(現在、新車で購入可能な車種)。

 

トヨタ

 

日産

 

ホンダ

 

マツダ

 

スズキ

 

ダイハツ

 

2019年決算期の値引きは期待できない

通年であれば1月~3月は決算期セールで値引き額も大きく、車を購入するには一番適した時期です。しかし、2019年は増税前の駆け込み需要が確実となるため、例年よりも値引き額は縮小する可能性大。なぜなら値引きしなくても売れるからです。

 

追記:やはり決算セールで値引きはあまり出ませんでした!

 

増税後のほうが値引きは拡大する

冒頭で「消費税増税前に購入をあせる必要はない」と書きましたが、これは増税後のほうが値引きが期待できるからです。

 

10月1日以降、車が売れなくなるのは確実なので、ディーラーも対策として値引き拡大キャンペーンを行います。なので増税前に急いで買う必要はない、というのが筆者の見解です。

 

ところで、いま乗っている車、ディーラーに下取りに出そうと思っていませんか?

 

下取りより買取で30万円以上高く売る

多くのユーザーはいまだに「ディーラーに下取り」していますが、これはハッキリ言っておすすめしません。相場よりかなり安く買い取られてしまうからです。

 

ディーラーの下取り価格は、独自の査定基準で決めているので相場とはかけ離れた価格になります。しかも決まって相場より相当安い。

 

ガリバーやアップルなどの中古車買取店ならばディーラーよりも「20~30万円以上」高く買取してくれることもあります。

 

車を売るなら買取店に売ることが必須になります。でも、ガリバーなどの店舗に持ち込み査定してもらうのは絶対にNG!持ち込み査定では、相手のペースに持っていかれて「売却するまで帰らせてもらえない」こともあるからです。

 

では、車を高く売るにはどうすればいいのか。答えは「買取店を競争させる」こと。競争させるには、車一括査定で3社~5社にまとめて査定してもらい、一番高く買取してくれる買取店に売る。これがベストな売り方です。

 

車一括査定サイトとは、愛車情報を入力すると最大10社にまとめて査定依頼ができるサービスです。査定額を比較できるのでどの買取店が一番高く買い取ってくれるのかすぐにわかります。買取店が自宅まで無料査定に来てくれるので、いちいち車を店舗まで持っていく必要がありません。

 

車一括査定サイトに登録している買取店は、「競争しなければ買い取れないので」必然的に高い買取額になります。

 

おすすめの車一括査定サイトはダントツでカーセンサーです。他の車一括査定サイトに比べて買取店の数が圧倒的に多いので、競争が激しくなり、結果的に高く売れるというわけです。無料で査定できるのでお試しください。

 

 

 

まとめ:消費税だけを考えすぎない

まとめると、増税前は税金は安くなるが値引きは期待できない。増税後は税金は高くなるが値引きは期待できる。という結論になります。このことからどちらが絶対にお得とは言い切れず、急いで購入する必要はありません。増税後でも全く問題ありません。

 

また、値引きのことだけを考えずに、いま乗っている車があるのならそれを「いかに高く売るか」がトータルで考えると遥かに重要です!

 

 

 

 

おすすめの記事