なぜ今「ドライブレコーダー」が必要なのか?

なぜ、今ドライブレコーダーが人気なのか?

ドライブレコーダーとは、車のドアミラー付近に装着し動画や画像として記録するカメラのことです。「ドラレコ」「車載カメラ」などと呼ばれることもあります。

 

 

今、このドライブレコーダーが飛ぶように売れているようです。なぜ人気があるでしょうか?

 

 

事故が起きたときの証明になる

ドライブレコーダーは事故を起こしたときの証拠となる

車で事故を起こした場合、「その責任がどこにあるのか」が重要になりますが、ドライブレコーダーを装着した車であれば、責任の所在を明確にすることができます。不利な損害を受けたり、いわれのない罪を着せられることを防止できる、ということで人気を集めています。

 

事故をおこす確率としては、当然都会の場合が多いのですが、意外と田舎の道路においても事故は発生します。田舎で事故を起こした場合、人が少ないこともあり目撃者がいないことがあります。目撃者がいないと事故処理に困ります。
相手が100%悪いのに罪を自分のせいにされたり。
もちろん都会では、多くの車や人、障害物などがありトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

 

しかし、ドライブレコーダーを装着していれば、はっきりと画像・動画として記録が残るわけですから、言い逃れができなくなります。いわば絶対に信頼できる目撃者です。ドライブレコーダーの記録画像は、警察や裁判所なども有力な証拠として採用する高い効力を有する証拠になるのです。

 

一方、警察はドライブレコーダーの普及にはあまり積極的ではありません。なぜか。実は、ドライブレコーダーは「警察官からの理不尽な取り締まり」の予防にもなるのです。

 

例えば、一時停止したのに「してないから違反ね!」などと、点数稼ぎのために切符を切られることがあります。このような警察官からの身勝手な行為(不正検挙)も記録できるので、自分の冤罪を証明することができます。
最近はむしろこれ目的でドラレコをつけるユーザーもいるとか。

 

 

では、なぜ今ドライブレコーダーが人気なのか?

 

 

ドライブレコーダーの「低価格化」

ドライブレコーダーはAmazonで安く買える

 

今までのドライブレコーダーは、富裕層を中心に使用されてきた高級品でしたが、最近はメーカーの努力やメーカー間の競争の影響もあり、低価格化が進み、誰でも入手しやすくなっています。これも人気の秘密でしょう。

 

実際、Amazonやカー用品店では高性能のレコーダーが安価な値段(1〜2万円)で販売されています。中にはフルHD(1920×1080)で1万円を切る商品も出てきているので、気軽に購入するユーザーが増えています。

 

Amazonドライブレコーダー人気ランキング

 

 

テレビニュースやネット動画(You Tube)の影響

ドライブレコーダー人気の秘密はYouTube?

 

最近のニュース番組では、You Tubeなどネットにアップされた動画を放送することが多くなりました。その中でドライブレコーダーの映像もよく見かけるようになり、「自分も付けてみようかな?」というユーザーが増えたのではないでしょうか。

 

あおり運転を受けて事故になるケースは昔からありますが、連日テレビで放送されていると「自分も巻き込まれるかも?」と不安になります。特に家族を乗せてよくドライブするというお父さん、お母さんは、”家族を守る”という意味でもドライブレコーダーの購入を検討した方がいいと思います。

 

ドライブレコーダーは、オートバックスなどのカー用品店で取り付けてもらえますし、自分で取り付けることもできます。

 

 

まとめ

最近では、ドライブレコーダーを装着することを義務化するという方向性で法改正が進みつつあります。今後は、ドライブレコーダーを搭載していない車は走れなくなるかもしれませんね。

 

個人的には、ドライブレコーダーは今すぐにでも取り付けたほうがいいと思います。事故が起こってからでは遅いですし、レコーダーは事故だけではなく、駐車場でいたずらをされることを予防する効果もあるからです。監視カメラと同じようなものです。特に小さな子どもがたくさんいる地域に住んでいる方には、子どものいたずら予防の観点からもドライブレコーダーの装着をおすすめします。