最近、高齢者による運転事故により多くの命が失われており、免許を自主返納しようと考える方が増えてきているのではないでしょうか。

 

高齢者による免許返納率はここ10年間で約12倍以上も増加している事実。

 

免許を返納することで車が運転できなくなるというデメリットだけでなく手続きの方法もわからない方がいませんか?

 

今回は免許を自主返納する際の手続き方法やメリット、返納することで得られる特典情報について解説します。免許を返納したいと考えている方は是非参考にしてみましょう。

 

免許を自主返納する時の手続きや必要書類は?

免許を自主返納したいとい考える方が多い反面、実際に免許返納のやり方を知らない方が多いのではないでしょうか。

 

以下の内容には免許を自主返納する際の手続き方法や必要になる書類をまとめました。一つ一つ確認しながら読み進めていきましょう。

 

免許を自主返納する時の手続き方法

免許の自主返納を行う方法は、まず免許を返納する方が直接運転免許センターの窓口に出向く必要があります。免許を返納する場所は主に、管轄地域の警察署または運転免許センターの2つです。

 

地域によっては交番でも自主返納を行なっている場所もありますので、詳しく情報は警察署公式HPにアクセスしてみてください。

 

免許を返納する各指定場所に出向いた後は、免許を返納したいという希望を窓口に相談して、手続きを行なっていきます。

 

免許返納を各指定場所で行う場合には必要書類が必要になってきます。必要書類については以下の項目を参考にしてみましょう。

 

必要書類は何が必要なの?

免許を自主返納する際に必要になる書類には以下の2つを用意する必要があります。

 

・運転免許証

・運転免許取消・一部取消申請書(現地に用紙があるので必要項目を記入しましょう。)

 

上記2つを管轄内の警察署や運転免許センターに提出すれば手続きが完了します。

 

免許を自主返納すると同時に運転履歴証明書を取得したい場合は以下の3つの必要書類が必要です。

 

運転履歴証明書取得時に必要なもの

・写真(6ヶ月以内に撮影した無帽・正面・上三分身・無背景の写真)

・ボールペン(各返納場所に用意されている場合もあります)

・運転経歴証明書交付手数料:1,100円

 

写真のサイズは縦3cm×横2.4cmの物です。

もし写真を忘れてしまった場合でも、免許センターではその場で写真撮影ができます。

 

免許を自主返納する際に得られる4つのメリット

免許を自主返納すると得られるメリットは4つあります。

 

車を運転できないことで生活に支障が出るのでは?と考える方もいるかもしれませんが、決してデメリットばかりではありません。

 

免許を返納するメリットも数多くありますので一つ一つ確認しながらみていきましょう。

 

メリット1:車の事故を起こすリスクを減らせる

免許を自主返納するメリットとして最も大きなポイントになるのが、車の事故を起こすリスクを限りなく減らせることです。

 

高齢者になると周囲への注意力や判断力が低下してしまい、運転中にボーっと意識が遠ざかってしまう傾向があります。

 

最近では高齢者による車の事故が増加傾向にあり、高齢者に対する人々のイメージが悪い物になっているのではないでしょうか。

 

自分が事故を起こさないためにも、免許を自主返納することで、少なくとも自分の運転で事故を起こすリスクがゼロになる安心感が与えられますね。

 

メリット2:車を維持する費用がかからない

車はディーラーなどで車両本体を購入して終わりではありません。自分の車を維持するためには、ガソリン代や自動車税、メンテナンス代など様々な費用が毎月かかってしまいます。

 

車にかかる維持費を年間で計算すると約数十万円から数百万にも及ぶ可能性があります。

 

必要な時にタクシーや交通機関を利用することで車を所有しているよりも安く済むケースも考えられるのです。

 

免許を自主返納することは、経済的にもメリットが大きい効果がありますね。無理に車を所有する必要はありません。

 

メリット3:各種特典や割引サービスが利用できる

免許を自主返納すると各都道府県によってお得な特典や割引サービスを利用できるようになります。

 

以下では東京都における免許自主返納の特典をまとめました。

 

巣鴨信用金庫 運転経歴証明書の所有者専用定期預金「サポート」で金利優遇。

店頭金利+0.05%。一人500万円まで、自動継続1年(継続後は店頭表示金利に)

三越伊勢丹(都内8店舗) 自宅への配送無料(一部除外あり)
セブン・イレブン 宅配サービスによる商品配達時、プレミアムポテトサラダ1個をプレゼント

(1回限り、都内限定)

メガネスーパー メガネ、コンタクトレンズ、補聴器が15%割引。

 

上記でまとめた表以外にも、温泉やスーパー、美容院、ホテルなどで使える割引サービスが多数あります。

 

年金生活で暮らす高齢者にとって、少しでも出費が減ることが嬉しいことではないでしょうか。

 

特典を受けるためには先述した「運転経歴証明書」の提示が必要となるので、免許返納後は早めに取得しておくようにしましょう。

 

メリット4:免許を返納することで心にゆとりと安心が手に入る

免許を自主返納したことで得られるメリットには、心にゆとりができて充実した暮らしと安心の生活を手に入れることができます。

 

交通網が発達した地域にお住いの方や最寄りバスや駅から近い場所に住んでいる方にとっては免許返納におけるハードルはそれほど高くないでしょう。

 

運転をやめることで身の危険を最大限に保護できることに繋がり、1日でも長く生きられるようになります。

 

免許を自主返納するとこんなにお得な特典が付いてくる?都道府県別に特典を解説

東京都以外にも免許を自主返納した際に得られる特典情報を紹介します。

 

以下で紹介する特典情報は免許を返納した時に得られる特典のほんの一部ですので、参考程度に確認してみましょう。

 

【北海道】運転免許の自主返納特典(優遇処置) 札幌市 地下鉄、市電、民間バスの優待券1,000円~17,000円の利用者負担で、17,000~7,0000円分が購入可能

対象:満70歳以上

【福島県】運転免許の自主返納特典(優遇処置) 指定のタクシー業者の運賃が10%割引

会津若松市 会津鉄道運賃30%割引(西若松駅~会津高原尾瀬口駅)

【埼玉県】運転免許の自主返納特典(優遇処置) 伊勢丹浦和の配送料が無料

ヨシケイ埼玉の夕食材料、その他販売品全て5%引き

クリーニングオリジナルお会計金額より3%引き

指定のタクシー業者の運賃が10%OFF

【千葉県】運転免許の自主返納特典(優遇処置) マザー牧場 本人を含む5人まで入場料金大人200円、子供100円割引

対象:運転経歴証明書を提示

浦安万華鏡 本人を含む5人まで特定日を除いて大人1,424円、小人410円(入浴料、タオル利用料、消費税、入湯税を含む)で利用可能

対象:運転経歴証明書を提示

 

免許の自主返納の手続きの仕方、メリット、特典についてのまとめ

免許の自主返納の手続きの仕方、メリット、特典について解説してきました。記事の内容をまとめると以下3つのポイントが挙げられます。

 

・免許を自主返納することは車が運転できなくなるデメリットだけではなく、特典サービスや運転事故を起こすリスクを減らすことにつながる

・免許を返納したい場合には、運転免許証と運転免許取消・一部取消申請書を用意する

・各都道府県によって免許を返納した時に得られる特典情報が異なる

 

高齢者の方は年を重ねるごとに、思考能力や判断能力が鈍ってしまい事故を起こすリスクが高くなる傾向があります。自分の不注意で多くの方の命がなくなるのは嫌ですよね。

 

高齢者に限らず自分の運転能力が鈍っていると自覚した際には、免許を自主的に返納することをお勧めいたします。

 

車が必要になった際には交通機関やタクシーなどを利用した方が経済的にもお金の負担を減らすことに繋がります。

 

免許を返納したいと希望している方は記事の内容にしっかりと目を通して、手続きを進めていきましょう。