カーシェアリングとは?メリット・デメリットを解説

カーシェアリングとは?

カーシェアリングとは、登録した会員の間で車を共用するサービスのことをいいます。

 

車は購入すると高いし、維持費もかかりますから、
必要な時だけ運転したいという人に人気が高まっています。
車の維持費と税金について

 

自動車を借りるという点ではレンタカーに近いサービスですが、レンタカーよりも短い利用を想定しており、利用者はレンタカーよりも手軽に安く借りることができるようになっています。

 

 

利用するには?

まずは、ネット上のカーシェアリングのサイトから会員登録をします。登録後に会員サイトから車を予約し、予約した時間に駐車場にある車に会員証でドアロックを解除して利用できます。車内に設置された装置により、利用者承認を行って使用するという形になります。

 

 

カーシェアリングのメリット

カーシェアリングの大きなメリットは、借りやすいということが挙げられます。

 

気軽に15分単位など短い時間で借りることができ、少しの用事や気分転換などに利用することができます。また、借りるときの料金も安いのが魅力です。

 

全国的に展開しているカーシェアリングであれば、旅先や出張先でも利用することができます。
返却する場合には、借りた駐車場に返すだけでよく、帰り道は搭載されているナビで返却する場所に誘導してもらうことができます。

 

また、レンタカーとは異なりガソリンを満タンにして返さなくても良いというのもメリットです。
普段運転しないペーパードライバーをやめたい、定期的に運転したいという時に役立ちます。

 

 

カーシェアリングのデメリットは?

デメリットはあまりありませんが、しいて言うなら、休日などは予約がいっぱいで借りられない場合があったり、延長ができないというシステムになっていることや、レンタカーとは異なり乗り捨てすることができないということでしょうか。

 

 

カーシェアリングは拡大中

車を所有する若者が減ってきている昨今ですが、気軽に乗れるカーシェアリングは時代に乗って人気は拡大しています。ちょっとしたドライブや、人を迎えに行きたいという時に手軽で安く車を借りることのできるカーシェアリングのニーズは、今後もますます増えていくでしょう。