車一括査定でトラブルに合わないように注意すること

車一括査定のトラブルと注意点

車一括査定のトラブルと注意点

もしあなたが車を売ろうとしていて、
車一括査定に申し込もうとしているのならちょっと待って下さい。

 

確かに車一括査定は便利です。
スマホやパソコンがあればワンクリックでたくさんの買取店から見積もりを取れるので、手間もかからず車を高く売ることができます。

 

このサイトは車一括査定を否定するものではありません。
むしろ車を高く売るために一括査定を推奨しています。

 


ただ、一括査定に申し込んだ一部のユーザーはあるトラブルに合っているのです。ネットの口コミでも見かけるそのトラブルとは、

 

『大量にかかってくる電話』『再査定』です。

 

車一括査定に申し込むとすぐに電話がかかってくる!

まず、電話ですが申し込み直後から5社〜10社ぐらいからかかってきます。

 




 

もちろんこれは査定相場を教えてくれるためではなく、
実際に「査定させて欲しい」というお願いの電話です

 

よって、近いうちに車を売る意志のある方は『査定してもらう日時』をある程度決めておいたほうがいいでしょう。一方、まだ売る予定がなく査定相場が知りたい場合はそれを伝えれば教えてくれるはずです。しかし、中には強引に買い取ろうと何度も電話してくる買取店もありますので注意が必要です。

 

車一括査定の電話をあまりかかって来なくするには?

車一括査定でトラブルのもとになっている電話ですが、
この電話をあまりかかって来なくする方法があります。

 

この方法は以下の方にメリットがあります。

愛車の査定相場を知りたい方

買取店とメールでやり取りしたい方

査定してもらう買取店を選びたい方

 

これにはカーセンサーの車一括査定を利用します。

 

カーセンサーはリクルートが運営する車一括査定で、
メリットはいくつかあるのですが一番のメリットは、
買取店からの電話連絡が少ないことにあります。
詳細はこちらのページへ

 

 

 

再査定に合わないようにするには?

さらに、車一括査定のトラブルで多いのが再査定(二重査定)です。

 

再査定とは、買取契約後に車にキズや修理歴などが見つかったなどとして減額されるケースのことで、キャンセルの依頼をすると違約金を請求されるので問題になっています。

 

車の査定は、プロの査定士が約30分で車の状態をチェックし査定額を算出します。

 

確かに、限られた時間の中で修復歴やキズやエンジンの状態、走行距離のメーター戻しなどはないか、などチェックすべき項目はたくさんあります。

 

しかし、あとで車に不備がみつかってもユーザーに責任を負わせるのはいかがなものなのでしょうか。不備が見つかったのならそれは『査定士のミス』です。その損失は査定した会社が追うべきではないでしょうか。

 

では、再査定に合わないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

 

まず、契約する前にキャンセルはできるのか、キャンセル料はかかるのかを聞いておきましょう。これを確認しておけばあとでトラブルになることはないでしょう。また、以前に事故を起こしたことがあったり、修理歴がある場合は事前に話しておきましょう。もし修理歴があるのにそれを隠していて、後からその事実がわかった場合その責任が売る側になることがありますので注意が必要です。

 

あとは、なるべくJADRI(ジャドリ)加盟店である買取店を選ぶことです。

 

JADRI(一般社団法人 日本自動車流通研究所)とは、中古車業界の健全な活動を推進する業界団体のことで、現在のところ約50社の中古車買取店が加盟しています。

 

JADRIに加盟するには非常に厳しい審査基準を満たさねばならず、設立間もない実績のない会社が簡単に入会できるものでありません。逆に、加盟しているということは優秀な買取店という証明でもあります。

 

そしてJADRI加盟店であれば、『契約後による減額の禁止』というルールがあるためユーザーは安心して取引できます。よって、車の買取を行う場合はなるべくJADRI会員の会社に依頼することをおすすめします。

 

でも、どこがJADRI加盟店なのかわからないけど?

 

JADRI加盟店をわざわざ調べる必要はありません。かんたん車査定ガイドという一括査定は、すべての買取店がJADRI会員です。買取店が厳選されているため登録されている数は約50社と他と比べると少ないのですが、すべてが信頼できる会社なので安心して利用できます。

 

かんたん車査定ガイドはこちら(無料)