5代目・CR-Vは、広い室内や利便性、安心かつ快適な走りを追求したホンダのSUVです。CR-Vのハイブリッドモデルでは「SPORT HYBRID i-MMD+4WDという初めての組合せが実現しました。一方、ガソリンモデルには、3列シート仕様を設定し、ファミリー層にもアピールしています。

 

この記事では、CR-VハイブリッドEX のスペック・価格・燃費について、ハリアーハイブリッド プログレスやエクストレイル20S ハイブリッドと比較しながらまとめます。

 

ホンダCR-V のボディ関係のスペックと価格について

 下記表を使い、CR-VハイブリッドEX のボディ関係のスペックと価格について、ハリアーハイブリッド プログレスやエクストレイル20S ハイブリッドと比較しながらまとめます。

 

ボディのサイズに関して、CR-VハイブリッドEXは他の2台と比較して、全幅が大きいので、室内幅も大きくなり、左右方向にゆったりした感じの室内空間となっています。

 

また、CR-VハイブリッドEXは他の2台と比較して、トレッドが大きいです。一般的に、トレッドが大きくなると、コーナリング性能が向上するといわれています。

 

CR-VハイブリッドEXは他の2台と比較して、全長に関しては一番短く、室内長、室内高、車両重量、価格に関しては、中間に位置します。

 

ボディ関係のスペック CR-VハイブリッドEX ハリアーハイブリッドプログレス エクストレイル20S ハイブリッド
ボディタイプ SUV SUV SUV
全長 4605mm 4725mm 4690mm
全幅 1855mm 1835mm 1820mm
全高 1690mm 1690mm 1730mm
室内長 1970mm 1965mm 2005mm
室内幅 1550mm 1480mm 1535mm
室内高 1230mm 1220mm 1270mm
ホイールベース 2660mm 2660mm 2705mm
トレッド前/ 1600/1615mm 1560/1560mm 1575/1575mm
乗車定員 5 5 5
ドア数 5ドア 5ドア 5ドア
車両重量 1660kg 1800kg 1630kg
型式 6AA-RT6 DAA-AVU65W DAA-HNT32
車両価格 400.0万円 460.4万円 283.0万円

 

CR-V のエンジン&ミッション、燃料スペック

 下記表を使い、CR-VハイブリッドEXのエンジン&ミッション、燃料関係のスペックについて、ハリアーハイブリッド プログレスやエクストレイル20S ハイブリッドと比較しながら紹介します。

 

CR-VハイブリッドEXの最高出力や最大トルクは、ハリアーハイブリッドプログレスと比較して低いので、非力なイメージですが、その分、低燃費なので経済的です。

 

CR-VハイブリッドEXのエンジンは、他の2台と同様にロングストロークタイプなので、低回転域でのトルクを重視しているようです。

 

CVTは、ATのように変速ショックがないので、スムーズな走行できます。

 

エンジン&ミッション、燃料関係のスペック CR-VハイブリッドEX ハリアーハイブリッドプログレス エクストレイル20S ハイブリッド
エンジン型式 LFB 2AR-FXE MR20DD
最高出力 145ps(107kW)/6200rpm 152ps(112kW)/5700rpm 147ps(108kW)/6000rpm
最大トルク 17.8kgm(175Nm)/4000rpm 21.0kgm(206Nm)/44004800rpm 21.1kgm(207Nm)/4400rpm
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター 直列4気筒DOHC+モーター 直列4気筒DOHC+モーター
総排気量 2000cc 2500cc 2000cc
内径×行程 81.0mm×96.7mm 90.0mm×98.0mm- 84.0mm×90.1mm
圧縮比 13.0 - 11.2
過給器 なし なし なし
燃料供給装置 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI 電子制御式燃料噴射装置(EFI ニッサンDi
燃料タンク容量 57L 56L 60L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン 無鉛レギュラーガソリン 無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費 25.0km/L 21.4km/L 20.0km/L
駆動方式 フルタイム4WD フルタイム4WD フルタイム4WD
トランスミッション CVT(無段変速車) CVT(無段変速車) CVT(無段変速車)

 

CR-V の足回り&ブレーキ関係のスペック

 下記表を使い、CR-VハイブリッドEXの足回り&ブレーキ関係のスペックについて、ハリアーハイブリッド プログレスやエクストレイル20S ハイブリッドと比較しながら紹介します。

 

CR-VハイブリッドEXのステアリング形式、サスペンション形式()、ブレーキ形式()は、他の2台と同じです。

 

CR-VハイブリッドEXのサスペンション形式()はエクストレイル20S ハイブリッド、CR-VハイブリッドEXのブレーキ形式()はハリアーハイブリッドプログレスと同じです。

 

マクファーソン式は、シンプルかつコンパクトな構造なので、多くの自動車に使われているサスペンションです。

 

マルチリンク式は、複数のリンクが装着され複雑な構造となっていますが、スポーツカーにも使われるサスペンションです。

 

ベンチレーテッドディスクは、放熱性を考慮したローターが装着されています。サスペンションは、オンロードでの走りや乗り心地を重視してものとなっている感じがします。

 

大型のSUVは、車庫入れで苦戦することがありますが、CR-VハイブリッドEXの最小回転半径は、他の2台と比較して小さいので、小回りが利いて、狭い駐車場での車庫入れや狭い路地への侵入が楽です。

 

足回り&ブレーキ関係のスペック CR-VハイブリッドEX ハリアーハイブリッドプログレス エクストレイル20S ハイブリッド
ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン パワーアシスト付きラック&ピニオン パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式() マクファーソン式 ストラット式コイルスプリング 独立懸架ストラット式
サスペンション形式() マルチリンク式 ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング 独立懸架マルチリンク式
ブレーキ形式() ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式() ディスク ディスク ベンチレーテッドディスク
最小回転半径 5.5m 5.7m 5.6m
タイヤサイズ() 235/60R18 103H 235/55R18 225/65R17
タイヤサイズ() 235/60R18 103H 235/55R18 225/65R17

 

まとめ

 CR-VハイブリッドEX のスペック・価格・燃費について、ハリアーハイブリッド プログレスやエクストレイル20S ハイブリッドと比較しながらまとめました。

 

CR-VハイブリッドEXは、他の2台と比較して、横方向にゆったりした室内空間で、低燃費かつ小回りが利く点が優れています。ゆったりした室内空間は、長時間運転しても快適で、小回りが利くと車庫入れが楽な場合があります。低燃費なことは、環境に配慮できる上、高騰するガソリン代を考えると財布にも優しいです。

 

また、トレッドが大きいのに小回りが利く点は素晴らしいですね。スタイリングに関しても、先進的でスタイリッシュな仕上がりとなっており、都会を走るSUVというイメージです。

 

この記事が、CR-Vを購入する人の参考になれば幸いです。

 

おすすめの記事