ダイハツの女性ユーザー向け軽自動車として、スズキ・ラパンと競い続けてきたミラココア。残念ながら2018年2月末で、同シリーズのミラとともに販売終了となってしまいました。

 

しかし、実はダイハツは新型ミラココアを販売する計画を水面下で進めているとのこと。今回は未だ確定情報の少ない、新型ミラココアの情報をお伝えしていきます。

 

2018年6月25日、新型ミラココアが発売されました!

 

※以下の記事はミラトコットが発売される前の筆者の予想記事です。

 

2018年2月末で生産終了となったミラココア

ダイハツは昔から、女性ユーザー向けの軽自動車の販売を続けてきました。中でも、ミラココアの前モデルとなるミラジーノは、異例の大ヒットを飛ばします。特に初代ミラジーノは女性のみならず、男性ユーザーからの支持も厚かったのだとか。

 

ミラココアもミラジーノのような大ヒット車となることが期待されていましたが、結果はイマイチ。最終的にはダイハツ車の中でも地味な立ち位置に居座り、9年という長いモデルライフを終えることになりました。

 

現在のダイハツには、女性ユーザー向けの車が3車種もラインナップしています。ひとつは売れ筋のタント。女性のみならず、男性からも高い支持を得ています。

もうひとつはムーヴキャンバス。キュート路線とクラシック路線を組み合わせた、ある意味初代ミラジーノのような車です。

 

最後は軽SUVのキャスト。スタイルというグレードは可愛さと上品さを備えた外観です。
女性ユーザー向けを3車種もラインナップしているのなら、もう新型ミラココアは必要ないとの声もあります。たしかに、さらに女性ユーザー向けの車種を追加しても、ユーザーが割れるだけかもしれません。

 

それでも、ダイハツは新型ミラココアの開発を進めているようです。

 

 

新型ミラココアが発売する可能性が高い理由

なぜダイハツは、女性ユーザー向けの軽自動車がすでに3車種もラインナップしているにも関わらず、新型ミラココアを開発しているのでしょうか。それには、少なくとも2つの理由があります。

 

1.かわいい車の需要はまだまだある
今や女性ユーザーの大半は、普通車ではなく軽自動車をチョイスするようになりました。独身女性はもちろん、家庭を持つ女性も、自身の足として軽自動車を購入します。女性の多くが軽自動車を選ぶこの時代ですから、かわいい車の需要はまだまだあるとの見方が強いです。

 

特に、昨今は普通車だけではなく軽自動車でも、攻撃的なイメージの車が多いですよね。ダイハツ車でも、タントカスタムやムーヴカスタム、ミライースなどはそのシャープな外観で人気があります。

 

ですが、カッコいい系の車よりもかわいい系の車に乗りたいという女性も多いです。現在の主流ではないですが、ダイハツはかわいい車のラインナップを豊富にすることで、女性ユーザーを根こそぎ確保してしまおうという考えを持っています。

 

2.女性向けの安価な軽がラインナップにない
女性ユーザー向けの安価な軽自動車が、ダイハツのラインナップにないというのも、新型ミラココアを開発している理由のひとつです。何度もお伝えしているように、ダイハツには女性ユーザー向けの軽自動車が3車種ラインナップしています。

 

タント、ムーヴキャンバス、キャストスタイルの3車種です。タントとムーヴキャンバスは両側スライドドア、キャストスタイルは軽SUVという独自の魅力があります。ただし、それらの魅力のおかげで、軽自動車にしては高めの価格設定になっています。

 

タント、ムーヴキャンバス、キャストスタイルは、エントリーグレードがどれも120万円前後。オプションを含めれば、車両総額は140万円なんて優に超えてしまいます。

 

ミラココアはエントリーグレードが約105万円でした。100万円前後であれば、若い女性でもそれほど躊躇せず購入することができますよね。

 

ミラココアは名称を変更して再出発

新型ミラココアは、十中八九ミラココアの名称を引き継ぎません。2代目ミライースをベースに開発が進められているとのことなので、おそらくミラシリーズとして開発を進められています。

 

ただし、ミラココアをモデルチェンジせず販売終了してしまった以上は、その名称で販売が開始されることはないでしょう。

 

ここでは便宜上新型ミラココアとして話を進めていきます。

 

新型ミラココアはどんな車になる?

新型ミラココアはダイハツの次世代プラットフォーム「DNGA」を元に、開発が進められています。ベースとなる車種はミライースです。ミライースをベースにすることで、安価な車両価格で販売することができるはず。

 

外観は女性ユーザー向けにキュート路線。これは間違いありません。ここが違ってくると、もはやミラココアの後継車種とは言えませんからね。ミライースは角ばったボディですが、新型ミラココアは丸みを帯びたボディになると考えられています。

 

ミライースベースなので、「e:Sテクノロジー」を前面採用。燃費性能はミライース同様、非常に優れた数値になることが予想されます。また、軽量ボディかつ女性ユーザー向けなので、ターボエンジンの設定はありません。

 

新型ミラココアの車両価格は100万円前後!

新型ミラココアの車両価格は100万円前後でしょう。120万円前後は、ほかの女性ユーザー向け車種とバッティングするのでまずありえませんし、かと言って110万円前後の中途半端な価格では、もう10万円上乗せすれば魅力的な車種がたくさんあるので、苦戦を強いられます。

 

タントやムーヴキャンバス、キャストスタイルの女性ユーザー向け車種と差別化するためには、車両価格を徹底的に抑えるべきなのです。ミライースベースなら、低価格での発売が実現できます。

 

 

新型ミラココアは2018年に発売?

新型ミラココアは2018年度の発売を目標に、急ピッチで開発が進められています。早ければ、2018年中にはその姿を現すかもしれませんが、おそらく2019年3月前後が現実的でしょう。

 

現在、キュート路線の軽セダン(5ドアハッチバック)はスズキ・ラパンの独壇場。ダイハツはできるだけ早く新型ミラココアを投入し、ラパンの猛威に歯止めをかけ、攻勢に転じたいところです!

 

おすすめの記事