新型フォレスター
2018年4月9日、スバル新型フォレスターが日本初披露となりました。今回のフルモデルチェンジで5代目となる新型フォレスター、日本での発売日は7月との予想されていますが、その変更点などを詳しく見ていきましょう。

新型フォレスターの変更点

  • エクステリア&インテリアの変更
  • スバル グローバルプラットフォームの採用
  • ドライバーモニタリングシステムの採用
  • アイサイト4を標準搭載
  • エンジンが2.0Lから2.5L水平対向4気筒直噴エンジンへ
  • 9月にマイルドハイブリッドを追加

エクステリア&インテリアの変更

今回、フルモデルチェンジする新型フォレスターですが、外観も内装もそれほど大きな変更はありません。デザインを担当したスバルの布目氏によると、「基本的な価値を踏襲しつつ、そこに何を加えられるかを考えて新型モデルを開発した」とのこと。
新型フォレスター エクステリア
新型フォレスター
新型フォレスター
新型フォレスター
新型フォレスター
新型フォレスター
新型フォレスター
新型フォレスター



新型フォレスター インテリア
新型フォレスター
新型フォレスター
新型フォレスター
新型フォレスター
新型フォレスター
新型フォレスター

スバル グローバルプラットフォームの採用

スバルグローバルプラットフォーム
外観の大きな変化はありませんが、中身は大きく進化しています。スバル グローバルプラットフォームとは、総合安全性能と走りの質感を高める、スバルの次世代プラットフォームのこと。
ステアリング操作がより迅速かつ正確になり、車体の振動や騒音も抑えられているので、先代のフォレスターとは乗り心地が変わってくるものと思われます。
また、ボディの高剛性化と低重心化されており、安全性能も格段に上がっています。
スバルグローバルプラットフォームのメリット

ドライバーモニタリングシステムの採用

ボディサイズ
<全長×全幅×全高>
4625 × 1815 × 1730*6 mm
(182.1 × 71.5 × 68.1*6 in.)
ホイールベース 2670 mm
(105.1 in.)
最低地上高 220 mm
(8.7 in.)
エンジン FB25型 2.5L水平対向4気筒DOHC 16バルブAVCS直噴
 排気量 2498cc
 ボア・ストローク 94 × 90mm
 出力 182hp / 5800rpm
 トルク 176lb-ft / 4400rpm
 燃料タンク容量 63L(16.6gal)
 燃料種類 87AKI
トランスミッション リニアトロニック*7
駆動方式 シンメトリカルAWD
タイヤサイズ 225/60 R17、225/55 R18
乗車定員 5名
おすすめの記事