車の個人売買のメリット・デメリットを徹底解説!

車の個人売買のメリット・デメリット

車を購入、売却するときの方法として、一般的に利用されるものは「販売店やディーラー」です。いわゆる「下取り」という方法がよく利用されていますが、他にも様々な方法があります。

 

特に「安く買いたい」「高く売りたい」という希望を持っている場合、どのような手段で車の売買を行うのかは大きな影響を与えます。それでは、購入するときと売却するときに分けて、手段ごとの特徴を見ていきましょう。

 

中古車店で購入するメリット・デメリット

まず、購入するときについて説明します。購入するときの選択肢となるものは、主に中古車販売店や新車ディーラーを利用する方法です。この方法は、商品についてしっかりとした保証があり、メンテナンスや故障への対策も万全なところが最大のメリット。

 

ですが、業者を介して商品を購入することになるため、業者側の利益分などが上乗せされてしまい価格が高額になる可能性が高い点がデメリットです。

 

「安全で保証がしっかりした車」を購入するためには非常に有効な手段ですが、「格安な車」を購入したいのであれば業者ではなく個人売買という選択も有効です。

 

 

個人から車を買うメリット・デメリット

個人間取引を行う場合のメリットは、価格面で業者を利用するときのような無駄なコストがかからない点です。業者を利用する場合には、仕入れ価格+利益などのコストが上乗せされてしまいますが、個人間取引の場合は仕入れコストのみで済みます。ただし、業者が同じ商品を仕入れるよりは高い価格で取引される可能性があり、場合によっては業者から購入する場合とほとんど変わらない価格に設定されることもあります。

 

当然ながら、同様の料金ならば業者を利用して購入した方がメリットが大きくなります。あくまでも「安く購入できる」というメリットがあってこその個人売買なので、その点を重視して手段を選ぶことが大切です。また、価格を問わない状況であれば「プレミア商品」に出会えるチャンスがある点も魅力です。

 

業者には出回ることのないコレクター向けの商品などが個人間で取り引きされる機会があるため、そのタイミングに上手く出会えることができれば掘り出し物を購入することも可能です。

 

 

個人で車を売るメリット・デメリット

次に「売却するとき」について説明します。基本的には購入時と同じような特徴があるのですが、購入時と売却時では真逆の特徴が現れます。たとえば、購入時には安く購入できる可能性に期待が持てましたが、売却時には高く売れる可能性に期待が持てます。

 

市場において高い価値を持っている車両の場合、業者を利用しても一定以上の評価額が提示される可能性は高いのですが、やはりどうしても業者の利益分が差し引かれた価格でのみ買い取り対応となります。しかし、個人売買の場合は明確な基準価格がないに等しいため、購入希望者さえ納得すれば業者利用時の数倍の価格で売れる可能性もあります。プレミアム性が高い商品ほどその傾向が強いですが、注意しなければいけない点もあります。

 

たとえば、いかに価値の高い商品だとしても購入希望者が現れなければ売ることができません。業者であれば、商品を見てすぐに対応してもらうことができますが、個人売買の場合は買い手が出るまで待つ必要があります。ある程度人気のある商品ならばすぐに買い手が現れる可能性は高いですが、場合によっては数日〜数か月待っても買い手が現れない可能性もあります。

 

また、手続きが多少面倒な点もデメリットです。業者の場合はほとんどの手続きを業者が代行して行ってくれますが、個人売買の場合は出品、金銭授受から名義変更などの手続きも基本的には自分で行うことになります。