日産自動車が7月16日に新型スカイラインを発表しました。
手放しでハンドル操作をしてくれるプロパイロット2.0搭載し、9月より全国発売する予定です。

 

新型スカイラインのポイント3つ
1.世界初の高速道路ルート走行プロパイロット 2.0採用。
2.エンブレムはインフィニティバッチから日産バッチに変更。
3.V6ターボ車は、歩行者検知機能を搭載していない。

 

プロパイロット 2.0とは

プロパイロット 2.0とは高速道路のナビ連動ルート走行と同一車線上での手放し運転を可能にした最先端技術。追い越しや分岐などを高精度なナビで高速道路の出口までの走行を支援する。

 

前の車との距離が詰まっている時に、車側から追い抜くかと提案してきます。OKボタンを押しハンドルに手を添えると自動で追い抜き、元の車線に戻ってくれる。もちろんこのままでいい時は追い抜きをしないという選択も可能。

 

自分の車の周囲360度、隣の車線は2車線分、全方向数10m以上を常にカメラやセンサーで常時監視し、白線や標識、周辺車両などを把握しているので安全な状況を把握した上で追い抜きの提案をしてくれます。

 

その他にドライバーを常時モニタリングしていて脇見運転、居眠り運転などをすると警報を発するという。数回警報しても何も反応がない場合、ハザードランプを点滅させて、車両を自動的に停止させる。

 

そして新たに採用された通信機能を使ったSOSコール機能が作動して、オペレーターがドライバーに呼びかけを行う。(プロパイロット緊急停止時SOSコール)

 

プロパイロット2.0は車と対話しながらドライブができる世界初の先進運転支援技術です。

エンブレムは日産バッチに変更。

 

以前のスカイラインは車体のエンブレムにインフィニティバッチを採用されていたが、今回の新型スカイラインには日産バッチを採用。

 

 

インフィニティバッチを採用している日産フーガ

インフィニティバッチを採用している日産フーガ

日産バッチを採用をした事で、改めて日産のスカイラインであることを強調する意味合いがあるという。

 

 

そしてLEDリヤコンビネーションランプには丸目4灯の新デザインを採用。

 

丸目4灯の新デザイン

丸目4灯の新デザイン

この丸目4灯はスカイラインの象徴ですね。

V6ターボ車は、歩行者検知機能を搭載していない。

新型スカイラインはプロパイロット2.0を搭載した3.5リットルV6ハイブリッドエンジンと3.0リットルV6ツインターボエンジンを搭載した2モデルがベースとなる。

 

その新型スカイラインのV6ターボ車は、衝突被害軽減ブレーキが装着される歩行者検知機能を搭載していない。検知できるのは前方の車両で、衝突の危険を察知するとディスプレイ表示とブザーでドライバーに回避操作を促します。

 

世界初の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載していながら、自動ブレーキは歩行者を検知できない。この理由の為、V6ターボ車はおすすめしない。

新型スカイライン 400R 誕生

スカイライン史上初の400PSを超えたエンジンと、日産では特別な意味を持つRがつく特別仕様車、それがこの新型スカイライン 400Rだ。

 

スカイライン史上最強の3 .0L V6ツインターボエンジンを搭載。

新世代VR型3 .0L V6ツインターボを400R専用にチューンしターボの過給性能を極限まで高め、圧倒的なパフォーマンスを実現している。

 

優れた燃費性能とアイドリング時の静粛性、そしてダイレクトにタイヤを操舵することが可能でドライバーの感覚との一体感があるハンドル操作が特徴。

 

まとめ

プロパイロット2.0の搭載の新型スカイライン。どのくらい売れるんでしょうかね。

 

最近のスカイラインの売れ行きがあまりよくないとの情報がありますが、この新型スカイラインで巻き返していけるのか注目ですね。

 

そしてプロパイロット2.0により、また事故のない世界に近づき、自動運転にもまた一歩近づきました。年々交通事故が減ってきているので、今後自動運転になり事故のない世界が来るかもしれませんね。