クルマを購入する際、新車か中古車のどちらで買うのか悩んでいる方いませんか?

 

保証が充実している新車か、安い金額で車を手に入れられる中古車を選ぶかは一番悩む問題ではないでしょうか。新車、中古車のどちらにもメリットとデメリットが存在します。

 

車を購入しようと希望している方にとって少しでも参考になるように今回は新車、中古車を選ぶメリットとデメリットについて解説します。どちらの車を購入しようかなやんでいる方は是非とも読み進めていきましょう。

 

新車で購入するメリットとデメリット

新車を購入する際のメリットとデメリットを解説します。新車は金額面が高額になるとイメージされる方がいらっしゃると思いますが、価格以外にも様々なポイントがあります。一つ一つの内容をしっかりと理解していきましょう。

 

新車メリット1:新車保証がバッチリ付帯している

新車で購入する場合には必ず「新車保証」という保証内容が付いくるメリットがあります。新車保証には3年〜5年以内の購入した車や6万kmまでの車の不具合に対して補償が無料で受けられる制度であり、万が一新車で購入した車におかしな点が見られた場合に安心できる補償内容です。

 

中古車で購入した場合にも購入保証がつきますが、長くて購入してから1年以内と短い期間のものが多い傾向があります。車を安心して運転していくためにも、保証内容に気をつけたい方は新車購入をおすすめします。

 

新車メリット2:オプションやグレードを自分好みで選べる

新車で購入する2つ目のメリットには、内装や外装デザイン、カーナビに至るまで全てを自分で自由に選ぶことができます。車種によっては特別グレードのみに対応した限定モデルもあり、新車だからこその選択肢が選べるのもメリットの一つになってきますね。

 

滅多に市場に出回らないモデルカーもあるので、最新モデルにこだわる方や中古車との差別化を測りたい方には新車をおすすめ致します。

 

新車デメリット1:納車までに時間がかかってしまう

新車が購入希望のお客様との契約が完了してから、製造や運送などの納車手続きに移るため、中古車よりも納車までに時間がかかるデメリットがあります。

 

新車の中でも人気車種や人気グレードになると契約から納車までにかかる期間が通常の1.5倍〜2倍の3ヶ月以上待ちになる可能性も十分に考えられます。購入した車をすぐにでも欲しい方や数ヶ月以上の長い期間を我慢できない方には新車購入をおすすめできません。

 

新車デメリット2:車を購入する初経費が高い

新車で車を購入するデメリットには中古車よりも値段が高くなり傾向があります。お客様一人一人にはお金を払える予算が決まっていますので、予算以上の金額が設定された新車を購入するのは大きなリスクを背負うことになります。

 

最近では月々一定額支払いができるローンや頭金がいらないプランなど購入者の負担を少しでも減らす対策が行われていますが、車両価格を気にする方には不向きになるかもしれません。

 

中古車で購入するメリットとデメリット

新車とは違って中古車で車を購入するメリットとデメリットは何なのでしょうか。新車でクルマを買わなくても中古車には様々な良い点、悪い点が存在します。新車のメリット、デメリットと比較しながら以下の内容を読み進めていきましょう。

 

中古車メリット1:新車よりも金額が安く購入できる

中古車の場合は新車とは違い、年式や走行距離、修復歴ありなど総合的に判断して金額が設定されるため、新車で購入するよりも安く買えるメリットがあります。

 

車種によって金額に多少の誤差がありますが、中には新車とほとんど状態の変わらない新古車として販売されている中古車もあるかもしれません。新車価格の約6割〜7割程度で購入できる車が多い中古車は購入する初経費を安く抑えるために賢い方法になってきますね。

 

中古車メリット2:納車までの時間が最短で1週間〜2週間

中古車は販売店に在庫車があるので納車までにかかる期間を最小限に短くすることができます。

 

契約から納車までの期間は早くて約2週間から、繁忙期であれば1ヶ月程度と新車と比べて納車までの時間を短縮できますね。

 

就職や進学を気に、車が早く欲しい方や購入した車に早く乗りたい方には中古車でクルマを購入するのをおすすめします。

 

中古車デメリット1:新車と同じように長い期間運転できない

中古車は新車で購入した時よりも車の価値が減っていることもあり、どうしても故障などの不具合が起きる可能性が高くなってしまいます。

 

しっかりとしたメンテナンスと定期的に行うのならまだしも、走行距離や年式によっては長い期間をかけて車を運転していけないでしょう。

 

1年でも長く購入した車に乗り続けたい方にはおすすめできない買い方になっています。

 

中古車デメリット2:車の状態を気にすることができない

中古車は新車と同じようなコンディションを維持している訳ではありません。中古車の中には状態が悪く、乗り始めてからすぐに故障してしまう可能性も十分にあります。

 

故障するリスクを考えると新車の方が安全ですし、運転だけに集中しやすい傾向があります。

 

中古車を購入する時には事故歴の有無や走行距離、年式をしっかりと確認しておきましょう。

 

新車と中古車は結局どちらを選ぶべき?

新車と中古車をどちらにしようか悩んでいる方は自分の購入する条件に合わせて決めることが大切です。

 

新車を選ぶ方法をおすすめする方は、自分で組み合わせを自由に選びたい方や安心感のある充実した保証内容を受けたい方になります。

 

一方中古車で車を購入する方法をおすすめする方は、購入金額を安くしたい方や納車までの日にちをできるだけ早くしたい方の2つです。

 

機能性と安全性を重視したい方は新車購入。金額や納車までの期間を重視される方は中古車購入をおすすめします。

 

最近では新車の状態のまま中古車として販売されている「新古車」という車が多く売られています。

 

新古車は装備やグレードは決まっていますが、新車保証と値段、納車までの期間の3つを重視した購入方法です。購入する条件によって買い方を決めていきましょう。

 

新車か中古車かどちらかで迷ったら?2つの車で選ぶメリットとデメリットのまとめ

新車か中古車かどちらかで迷った場合の対処方法や2つそれぞれのメリットとデメリットについて解説してきました。記事の内容をまとめると以下の4つのポイントが挙げられます。

 

・新車には自分でグレードやデザインを自由に選べるメリットがあるが、金額面や納車されるまでに時間がかかる
・中古車は車を購入する費用を安くでき、納車までの期間早くできる代わりに車の状態は保証できないデメリットがある
・新車か中古車で悩んだ方は自分が重視する購入方法を考えてみよう
・新車か中古車かという選択肢もあるが、新古車とも考えてみるのもおすすめ

 

車を購入することはスーパーで買い物を行うような少額な費用で物を購入できるわけではありません。

 

車によって金額に違いがありますが、100万円以上もの大金を支払う買い物であるからこそ、こだわりたい方が多いはずです。

 

車を購入してから後悔しないためにも、記事で紹介した内容をしっかりと理解して自分に合った最適な購入方法を選んでいきましょう。