2018年1214日、ホンダ新型インサイト発売されました

ハイブリッドカーの普及においてはプリウスのライバル的存在。1999年登場の初代モデルはレア車の部類にも入っているインサイトですが、先代の2代目からは街中でもよく見かけるようになりました。

 

今回発売された3代目新型インサイトの変更点をまとめました。

 

先代からの変更点は?

新型インサイト

今回のモデルチェンジで変更された点

  • エクステリアデザイン
  • インテリアデザイン
  • SPORT HYBRID i-MMDの採用
  • HONDA SENSING 標準装備
  • Hondaインターナビ+リンクアップフリー+ETC2.0標準装備

 

デザインの変更により上質さを増したインサイト。

さらにi-VTECエンジンとモーターの組み合わせにより、スポーティな走りと燃費性能を両立させたとの事で期待が高まります。

また、進化し続ける安全装備面でも、HONDA SENSINGが全グレードに標準装備に。ナビやETCも標準装備となり、オプション選びに悩まなくても済みそうです。

 

新型インサイトのグレードと価格

新型インサイトは3つのグレードを設定しています。

ベースグレードとなるLXは装備面で車体が軽くなり燃費も伸びています。上位グレードのEXにはBLACK STYLEを追加設定。上質感漂うブラックを基調とした、洗練されたデザインが魅力となります。

 

グレード 価格 燃費
EX・BLACK STYLE 3,628,800円〜 31.4km/L
EX 3,499,200円〜 31.4km/L
LX 3,261,600円〜 34.2km/L

 

新型インサイトのデザイン

今回の変更点の目玉とも言えるデザインはどのように変化したのでしょうか?内外装のデザインを見ていきましょう。

 

エクステリア

エクステリアは路線を変え、今までのハッチバック風セダンから、ラグジュアリーさとスポーティ差を兼ね備えた「セダンスタイル」へと姿を変えました。

スタイリッシュなヘッドライトデザインや、重厚感のあるグリルデザインなど細かな部分まで風格ある印象となっています。今までの親しみやすさと取り回しのしやすさのあるデザインから高級セダンのようなデザインになったことで、新たなユーザー層を勝ち取っていくのではないでしょうか。

 

ボディカラーは全7色

  • クリスタルブラック・パール
  • コスミックブルー・メタリック
  • モダンスティール・メタリック
  • ルナシルバー・メタリック
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • プラチナホワイト・パール
  • ルーセブラック・メタリック

いずれもパール・メタリックカラーとなり、上質感がありますね。ソリッドカラーよりもお手入れもしやすくなっています。洗練されたデザインをより引き立てるカラーバリエーションです。

 

インテリア

新型インサイトのインテリア

インテリアデザインはブラックを基調とした落ち着いた印象。メッキや木目などの「高級に見える」アイテムは使わず、革やスエード、ステッチラインで繊細さを表現したインテリアになっています。

幅広い年代に受け入れられるシンプルさが引き立つ仕上がりです。

 

新型インサイトのスペック

デザイン面・装備面での変更が目立つインサイト。

スペック面ではどうなのでしょうか?

 

ボディサイズ

全長×全幅×全高 4675mm×1820mm×1410mm
室内長×室内幅×室内高 1925mm×1535mm×1160mm
ホイールベース 2700mm
最低地上高 130mm
車両重量 1370~1390kg

 

全幅1820mmというのは、トヨタ クラウンと同じくらいです。セダンの中でも大きい部類に入ります。それでも、車両重量は1400kg以内におさめられているので燃費が伸びているのでしょう。

 

先代モデルの全長×全幅×全高は4390mm×1695mm×1425mmですので、全体的に一回りほど大きくなっているのがわかります。

 

エンジンスペック

トランスミッション CVT
駆動方式 2WD
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC
総排気量 1496cc
最高出力 80kW(109PS)/6000rpm
最大トルク 134N・m(13.7kgfm)/5000rpm
モーター出力 96kW(131PS)/4000-8000rpm
モータートルク 267N・m(27.2kgfm)/0-3000rpm
ガソリン種類/タンク容量 レギュラー/40L

車体の大きさに対して1.5Lエンジンは少し非力な印象を持ちますが、パワーのあるモーターを採用しているのでトルクも馬力も街乗りや高速巡航でストレスは特に感じないでしょう。

 

先代モデルは1.5Lエンジンの最高出力82kW(111PS)/6000rpm、最大トルク142Nm(14.5kgfm)/4800rpmでした。

 

エンジン単体でのパワーは落ちていることになりますが、モーターの出力が10kW(14PS)/1500rpm、トルクが78Nm(8.0kgfm)/1000rpmと、主に発進時のアシストをメインの役割としたモーターでしたので、総合的には大幅なパワーアップといえます。大きくなった車体に見合うだけのパワートレインを採用している点で、走行性能にも期待ができます。

 

新型インサイトの安全装備

新型インサイトの安全装備

上質なセダンとなったインサイト、安全面にもこだわりが込められています。今回のモデルチェンジで標準装備となったHONDA SENSINGについてご紹介します。

 

HONDA SENSINGとは

HONDA SENSINGは、カメラとレーダーを用いて障害物や歩行者を検知し、アクセル・ブレーキ・ステアリングに運転支援制御を行う「先進安全装備」です。今やスバルのアイサイトやトヨタのToyota Safety Senseなど、各社で採り入れられています。

 

HONDA SENSINGには、衝突回避・衝撃軽減を果たすプリクラッシュブレーキをはじめ、渋滞時に便利な前車追従式オートクルーズコントロール、車線のハミ出しを防ぐステアリング補助などの機能が揃っています。ドライバーをサポートし、安心安全な走行が出来るよう日々進化を重ねている技術です。

 

新型インサイトまとめ

新型インサイト

新型インサイトについてご紹介してきました。

車格を上げながらも排気量を抑えることにより、他のラグジュアリーセダンよりも維持費を抑えられるのも魅力的です。

試乗車の配備も進んでいますので、気になる方は是非試乗してみてください。

 

おすすめの記事