そろそろ車を売りたいけど、

 

  • どこの買取業者に売ればいい?
  • ディーラー下取りが安いってホント?
  • 売るタイミングはいつ?
  • どうすれば高く売れるの?

 

という疑問があるかと思います。

 

じつは、車を高く売るのは簡単です新車の値引きのほうがよっぽど難しい。いろいろなディーラーを行ったり来たり、時間も手間もかかります。

 

ただし、車の買取も高く売るコツがあり、コツを知らないと買取店めぐりをしたり、営業マンと交渉する羽目になるので、コツを知ることが重要です。

 

この記事ではだれでも簡単に車を高く売るコツをまとめました。
以下の「4つのポイント」を意識するだけで10万円以上は高く売ることが可能です。

 

目次に★がついてる記事が特に重要です。

【2019年】車買取業者に高く売る「4つのポイント」

車の売却は車一括査定サイトがおすすめ

1.査定を受けるのは車売却の2~3週間前

車の価値というのは購入日からどんどん下がっていきますので、まずは「1日でも早く売ること」が基本です。

 

その上で、買取店に査定を受けるのは車を引き渡す「2~3週間前」から動きましょう。1週間前でも大丈夫ですが、期限が迫っているとあせってしまい買取額を上げるのが難しくなるので、余裕を持って動きましょう。

 

車の売却方法

 

一方、車を引き渡すのが「1~2ヶ月先」という場合は、買取店が思い切った査定額を出しづらくなります。といいますのも、ほぼ全ての買取店は査定額を「業者オークションの相場」を目安にしていますが、2ヶ月後の買取相場がどうなっているのか不透明だからです。

 

逆に言えば、車を1~2週間で引き渡し可能で「即決できる」となれば買取店の目の色が変わります。買取店は、確実に利益になるとわかれば全力で買い取りに来ますので、査定時に即決をちらつかせると買取額を上げることができます。

 

車は2年でマイナーチャンジ、5年でフルモデルチェンジされますが、それぞれの段階で買取額はガクンと下がります。特にフルモデルチェンジが発売されると、旧型となった車種は10万円以上も値下がりすることもあるので、売るなら早め、が鉄則です。

 

 

2.高く売れる時期にこだわらない

車には高く売れる時期があります。基本的に、2月・3月・9月が一番高く売れます。

 

 

これは車の販売店、買取店の決算期にあたり、車が最も売れる時期。この期間は買取店はなんとしても在庫が欲しいので、高くても買い取る傾向にあります。

 

あとは12月もおすすめです。年を越してしまうと、年式が1年増えてしまい買取額が下がるからです。

 

ただし、あまり時期にこだわる必要はありません。例えば「いま5月だから9月まで待つか‥」と考えるのではなく、新車への乗り換え時期をベースに売却時期を考えることが大切です。車検の更新が迫っていて乗り換えを検討しているなら、すぐにでも動いたほうがいいでしょう。

 

転勤や引っ越しなどの事情により『売却のみ』の場合でも、もちろんすぐに売却することをおすすめします。

 

上述したように、車の価値はどんどん下がっていくので、高く売れる時期を考えるより、早めに売却するほうが高く売れます。

 

3.ディーラーの方が高価買取の場合も★

他のブログなどを読むと、「ディーラー下取りは安いから中古車買取業者に売ったほうがいい」などと書かれていますが、売る車によってはディーラーの方が高く買取してくれることもあります。

 

 

ディーラーが得意なのは「低年式車」や「過走行車」。特に年式が10年以上、走行距離10万キロ以上などの古い車は買取業者だと0円査定になることが多いですが、ディーラーの場合、系列の中古車店で販売したり、海外輸出業者へ横流しすることも可能で10万円でも20万円でも買い取ることができます。

 

確かに、買取業者が存在する前(80年代~90年代前半まで)のディーラーは超がつくほど安かったです。しかし今は、買取業者を意識して負けない価格を提示するようになっています。

 

ただ、買取店もバカにできません。プリウス、アクア、セレナ、アルファードなどの人気車種や年式10年以内の比較的新しい中古車は「業者オークション」でも高く売れますので、業者間でユーザーの取り合いになります。それでも相見積もりは必要で、面倒でも一括査定で競争させるのが最も値が付きます。

 

 

ディーラーと買取店、それぞれにメリットがありますが、基本的に古い車はディーラーへ、新しい車は買取店に売却することがおすすめです。

 

 

4.最も重要!「買取額の比較」★

上記3点も大切なことですが、最も重要なのは「買取額を比較すること」です。

 

 

車の買取額は店によって全然違います。大手買取店はフランチャイズ展開をしており、その店独自で値付けをしています。例えば、ガリバーのA店とB店では人件費も家賃も広告宣伝費も全く違います。それぞれの店長の方針も違うので査定額も全く別です。

 

いくつかの買取店を相見積もりすることで買取額は最低でも5万円以上の差が生まれますし、50万円違うこともザラにあります。

 

ただし、査定するためにわざわざ買取店まで車を持ち込む ‥ これはNGです。効率が悪いですし、「即決」を迫られて売却するまで帰してくれない場合があるからです。

 

悪徳な車買取業者に注意

 

買取店の営業マンは毎日何人ものお客さんと交渉してます。年間では100人以上と接しているでしょう。言うまでもなく交渉のプロ。われわれ素人が交渉しようとしても、言葉巧みに誘導されてその場で売ってしまうものです。

 

なので買取店に行く必要はありません。筆者はこの20年で車を何度も売却していますが、ディーラーに行くことはあっても買取店には行ったことはありません。「押し買い」されることを知っているからです。

 

買取店の相見積もりは面倒でも車一括査定がベストです。車一括査定とは、最大10社の買取店にまとめて査定依頼できる無料サービスですが、一括査定サイト経由で査定を申し込むと、買取店は嫌でも競争するからです。

 

また、車一括査定に登録している買取店は健全なお店が多く、悪質な買取店は審査ではじかれているので、自力で買取店を探すより安全に売ることができます。

 

車種、年式、走行距離、事故歴、個人情報などを入力すると、ご自宅近くの複数の買取店に査定依頼が送信されます。後日、出張査定で査定額を比較し、一番高かった業者に売却します。

 

査定は無料で、必ずしも売る必要はなく査定後にキャンセルもできます。査定額が出揃った段階でディーラー査定を受けてもいいでしょう。その金額はディーラーの査定額を上げる武器になります。

 

おすすめの車一括査定サイトは以下をご覧ください

 

最後に

ここまで、買取業者とディーラーに高く売る方法を述べましたが、まとめると以下の4つになります。

  • 即決をちらつかせると買取額アップ
  • 売る時期にはこだわらない。早ければ早いほど良い
  • 古い車はディーラー査定を受ける
  • 買取業者は車一括査定で相見積もりする

 

一番やってはいけないのは相見積もりせず1社だけに査定すること。面倒でも複数の買取業者から見積もりをもらうことで数十万円変わってきますので、これだけは必ず行ってください。