MENU

中古車個人売買サイト「ガリバーフリマ」とは?

中古車個人売買サイト「ガリバーフリマ」

 

ガリバーフリマってどうなの?」「手数料はいくら?トラブルとか大丈夫?」という方に向けての記事になります。

 

ガリバーフリマのメリットもデメリットも正直に書きました。ガリバーフリマ以外で車を売る方法についても書いています。

 

ガリバーフリマとは、ガリバーが運営する車の個人売買サイトです。

 

個人売買サイトとしては「ヤフオク」「メルカリ」などがありますが、相手が個人ということで車の品質や取引上の心配がありますよね。ガリバーフリマなら、相手との間にガリバーが入り、車の査定、代金の支払い、車の引き渡し、書類の手続きなどを代行してくれるので、安心、安全に取引することができる。というのが売りです。

 

 

ガリバーフリマ【買う場合】の特徴(メリット)

 

【買う場合】の特徴(メリット)

  • 消費税0円で購入できる
  • ガリバーが査定済みだから安心
  • 書類の手続きもガリバーが代行
  • 完全匿名でプライバシーも安全
  •  

     

    消費税0円で購入できる

    消費税というのは、事業者が支払う義務があるものなので、個人が売買する場合は必要ありません。例えば、ガリバーの店舗で100万円の中古車を買うと108万円(消費税8%の場合)かかりますが、個人売買なら100万円で買えます。

     

     

    ガリバーが査定済みだから安心

    中古車の出品者はガリバーによる査定(外装、内装、エンジン、車体番号のチェックなど)を受けているので、ある程度の品質は保たれています。ヤフオク、メルカリなどで個人から買うよりは安心できると思います(業者から買う場合は別。品質が高い事が多い)。

     

     

    書類の手続きもガリバーが代行

    名義変更、車庫証明の申請などの書類上の手続きはガリバーが代行してくれます。これは個人でやるとやたら面倒(書類をそろえたり、運輸局に行ったりと)ですから楽ですね。

     

     

    完全匿名でプライバシーも安全

    購入者も出品者も匿名で取引できるので、お互いに名前や住所を知られることはありません。

     

    ガリバーフリマ【買う場合】の特徴(デメリット)

     

    【買う場合】の特徴(デメリット)

  • 手数料が高い
  • 中古車の品質の低さ
  •  

     

    手数料が高い

    車を落札すると代行手数料や諸費用として手数料がかかります。これが意外と高いんです!

     

    手数料は、車の購入代金によって変わります。
    例えば、20万円の車なら2万円かかります。50万円なら5万円

     

    これだけだったら「別に高くないのでは?」と思いますが、
    これに加えてガリバーの代行手数料が加算されます。それが9万円です。

     

    つまり、20万円の車を購入したら追加で(2万+9万=11万円)、
    50万円の車を購入したら追加で(5万+9万円=14万円)かかるということです。

     

    代行手数料としては割高ですね。

     

    出品者受取価格

    出品者

    購入者

    ~100,000円 20,000円 10,000円
    100,001円~200,000円 20,000円 20,000円
    200,001円~300,000円 30,000円 30,000円
    300,001円~400,000円 40,000円 40,000円
    400,001円~500,000円 50,000円 50,000円
    500,001円~1,000,000円 60,000円 60,000円
    1,000,001円~ 出品者受取価格の6% 60,000円

     

    代行手数料9万円(消費税込)

     

    (代行手数料の内訳)
    登録代行手数料(実費含む):30,000円

    車庫証明代行手数料(実費含む):10,000円

    ナンバー変更手続き費用:8,000円

    自賠責保険代行手数料:6,000円

    陸送代金:36,000円

    注1 離島の場合は、陸送費の実費と36,000円との差額。

    注2 車庫証明が不要な場合は、車庫証明代行手数料は無料。

     

     

     

    中古車の品質の低さ

    購入者としては、いくら安くてもその中古車の品質が気になりますよね。
    ガリバーフリマでは出品された車は基本的にはガリバーが査定しているようですが、
    保証はありませんので、購入後に故障した場合は当然ながら「自己負担」になります。

     

    おそらく、購入したらすぐにディーラーなどで整備・点検してもらうことになると思います。そのまま走らせるのはさすがに怖いですよ。
    あとは、落札前に現車を見ることはできません。落札したあとガリバーの店舗へ行って確認、引き取るという流れになります。

     

     

    以上2点が筆者が思うデメリットです。

     

    もちろん、ガリバーフリマでも品質の良い中古車が安くお得に買えることもあると思います。
    ただ、車というのは自分、子供、奥さん、旦那さん、両親、友人(時にはペットも)乗せるものですよね。言ってみれば命をあずけるものです。高速道路でエンストする、ブレーキが効かなくなるなど、安かろう悪かろうの中古車では困るのです。

     

     

    品質の良い中古車の探し方

    私であれば、市場に出回っていない、品質の良い中古車を探します。
    例えば、なびくる+は、ネット上にはない非公開車両を無料で探すことができます。しかも修復歴なし、10年保証、返品OK!なので品質を重視するなら断然こっちがおすすめです。

     

    なびくる+は非公開の中古車を探せる

    なびくる+はこちら(無料)

     

     

    ガリバーフリマ【売る場合】の特徴(メリット)

     

    続いて、出品する(売る)場合のメリットを見ていきます。

     

    【売る場合】の特徴(メリット)

  • 出品料無料
  • 出品中も乗車できる
  • 車の引き渡し、代金の受取もガリバーが代行
  • 完全匿名でプライバシーも安全
  • 落札されなくてもガリバーが買取保証
  •  

     

    出品料無料

    ガリバーフリマの出品料は無料です。
    ヤフオクで車を出品する場合、出品料3024円、落札料3024円がかかるので、それに比べると気軽に出品できるメリットがありますね。ちなみにメルカリも出品料は無料。

     

     

    出品中も乗車できる

    出品した車は落札されるまで乗っていてもOKです。
    まあ、これは当然ですね。

     

     

    車の引き渡し、代金の受取もガリバーが代行

    出品した車が落札されたらガリバーが自宅まで車を引き取りに来てくれます。その後、車はガリバー店舗に移動し、落札者が現車を確認して引き取るという流れになっています。

     

    代金はガリバーが落札者から一旦受け取り、ガリバーから入金されるシステムです。なので、代金が振り込まれないと言ったトラブルはないでしょう。名義変更などの手続きもガリバーが代行するので、落札後に面倒なことは特にありませんね。

     

     

    完全匿名でプライバシーも安全

    出品者、落札者ともに匿名で取引できるので、相手に名前や住所が知られる心配はありません。
    もちろん相手に会うこともありません。

     

     

    落札されなくてもガリバーが買取保証

    当然ながら、出品した車がすぐに落札されるとは限りません。
    出品価格の設定は、ガリバーによるサポートがあるので困ることはなく、適切な価格設定が初心者でも可能です。

     

    しかし、人気がない車種や走行距離が10万キロ以上、20年以上前の車は、どうしても売れにくくなります。出品から14日間で売れなかった場合、ガリバーによる買取保証があります。なので、「早く売りたいのにいつまでも売れない…」ということはありません。ただ、この買取価格は希望価格よりも低いかもしれません。

     

     

    ガリバーフリマ【売る場合】の特徴(デメリット)

     

    【売る場合】の特徴(デメリット)

  • 高く売れるかどうかわからない
  •  

     

    私が思うデメリットはたったひとつだけです。

     

    高く売れるかどうかわからない

    個人売買のメリットは、個人に直接売ることができるので中間マージンをカットできることです。あいだに仲介業者が入るとその業者に支払う手数料が発生するので、それだけ利益が減ることになりますね。

     

    このガリバーフリマは個人売買サイトとはいえ、ガリバーが仲介するのでその手数料が発生します(落札価格の約10%)。ヤフオクやメルカリも同じく約10%です。この手数料は相場通りなので問題ありません。

     

    しかし、フリマはオークションとは違い、値段が釣り上がることがありません。これが最大のデメリットです!

     

    自分で設定した価格でしか売れません。高すぎても売れませんし、低すぎると自分が損してしまう…。結局は、適切な相場価格で出品しなくてはならず、つまり、「思いもよらない価格で売れた!」ということがガリバーフリマではありません。

     

    14日間で売れなかった場合、ガリバーが買取してくれますが、これはかなり安い価格と予想されます。なぜなら、フリマで売るよりガリバーに買取してもらうほうが高かったら本末転倒。最初からガリバーに売ったほうが良いということになってしまいます。これではフリマを利用するユーザーがいなくなりますので、そんなことはありえないのです。

     

     

    ガリバーフリマより高く売るには

    筆者なら、買取業者にオークションで売ります。一番いいのはユーカーパックという無料オークションサイトですかね。2000社以上の買取業者がオークション方式で入札していき、一番高値をつけた業者が落札する仕組みです。

     

    一括査定ではないので、たくさんの業者から電話がかかってきたり、出張査定してもらう必要がありません。連絡が来るのはユーカーパック1社だけで、自宅かガソリンスタンドで査定し、落札されたら自宅まで車を引き取りに来てくれます。しかも、売却手数料は0円。

     

    フリマでは相手とやり取りで「もう少し値段下がりませんか?」などの交渉が発生しますが、ユーカーパックは、出品したら業者からの入札を待つだけでいいので、値段交渉などのやり取りが全くありません。面倒なことが嫌いな方にはピッタリです!

     

    結論として、車を売るのであれば、ユーカーパックが一番効率的かつ安全に売る方法だと思います。

     

    ユーカーパック

    ユーカーパック公式サイト(無料)

    車一括査定ランキング

    車の一括査定サイト解説

    オークション代行サイト解説

    車一括査定について

    車買取店の解説

    車を高く売るポイント

    車の査定ガイド

    車検について

    中古車の購入について

    新車について

    新型車について

    車の税金について

    自動車ローンについて

    カーシェアリングとリース

    このページの先頭へ