消費税0円で中古車が買えるガリバーフリマ。この記事では「ガリバーフリマで中古車を購入する方のメリット・デメリット」を解説しています。

※記事が長くなるので「出品者のメリット・デメリット」は別に移動しました。

 

時間がない方のためにまとめると、

  • 購入手数料は10~20%
  • 代行手数料が9万円
  • 保証は有料で29,800円(3ヶ月)
  • 中古車は査定済みだが整備はされてない
  • 書類の手続きはすべてガリバーが代行
  • 消費税0円匿名で購入できる

 

それでは、さっそくガリバーフリマのメリットもデメリットを詳しく解説していきたいと思います。ネットに非公開の中古車を購入する方法についても書いています。

 

ガリバーフリマとは?

ガリバーフリマ(旧クルマジロ)とは、ガリバーが運営する中古車の個人売買(フリマ)サイトです。中古車を「買いたい人」も「売りたい人」もメリットがあります。

 

< 購入者のメリット >

  • 消費税0円で購入できる
  • 中古車はガリバーが査定済
  • 相場より安く購入できる
  • 取引をガリバーが代行
  • 匿名で取引できる

 

< 出品者のメリット >

  • 出品料無料
  • 価格を自分で決められる
  • ガリバーが査定してくれる
  • 乗ったまま出品できる
  • 匿名で出品できる

 

ガリバーなどの販売店で中古車を買うと、100万円なら8万円、50万円なら4万円の消費税がかかります(※消費税8%の場合)が、ガリバーフリマなら消費税0円で購入できます。

 

また、カーセンサーやGoo-netに掲載されている中古車よりも安いものが多く、掘り出し物が見つかりやすくなっています。

 

クルマのフリマサイトとしては他にも「ヤフオク」「メルカリ」「ジモティー」などがありますが、相手が個人ということで車の品質や取引上の心配がありますよね?

 

ガリバーフリマの場合、相手との間にガリバーが入り、車の査定、代金の支払い、車の引き渡し、書類の手続きなどすべて代行してくれるので、購入者も出品者も安全に取引することができるのが特徴です。

 

公式ガリバーフリマ
https://gulliver-frima.com/

 

ガリバーフリマの手数料

ガリバーフリマの手数料は出品者と落札者で違います。また金額によっても変わります。

たとえば‥

 

購入者の手数料

10万円で落札したら1万8,000円
50万円で落札したら5万8000円

 

約10%~20%の手数料です。
メルカリは10%なので少し高めです。

 

購入者はさらに、代行手数料が一律『9万円』かかります。

 

つまり、50万円の中古車を購入したら(5万8000円+9万円)で『14万8000円』の手数料がかかるということです。ちなみに、これら手数料には消費税がかかります。

 

出品者受取価格

出品者

購入者

~100,000円 20,000円 18,000円
100,001円~200,000円 20,000円 28,000円
200,001円~300,000円 30,000円 38,000円
300,001円~400,000円 40,000円 48,000円
400,001円~500,000円 50,000円 58,000円
500,001円~1,000,000円 60,000円 68,000円
1,000,001円~ 出品者受取価格の6% 出品者受取価格の6%

代行手数料9万円(消費税込)
(代行手数料の内訳)
登録代行手数料(実費含む):30,000円
車庫証明代行手数料(実費含む):10,000円
ナンバー変更手続き費用:8,000円
自賠責保険代行手数料:6,000円
陸送代金:36,000円
注1 離島の場合は、陸送費の実費と36,000円との差額。
注2 車庫証明が不要な場合は、車庫証明代行手数料は無料。

 

確かに代行手数料は高く感じます。

しかし、手続きをすべて自分でやろうと思ったら時間もお金もかかりますし、悩みどころではあります。この手数料に納得できるかがガリバーフリマを利用するポイントですね。

 

ネットに出回っていない中古車を探す方法

中古車を安く買う方法は、ガリバーフリマ だけではありません。

 

他にも、カーセンサー や Goo-net などの中古車販売サイトや雑誌などが有名ですね。しかし、市場に出回っている中古車は 約30% と言われています。あとの 70% は市場に出回る前に取り引きされていることをご存知でしょうか。

 

これらは『 非公開車両 』と呼ばれていてカーセンサーなどには掲載されていません。なぜ非公開なのか。それはネットや雑誌に広告費を払って宣伝する必要がないからです。

 

この非公開車両、実は、「なびくる+(プラス)」というサイトに登録することで、無料で紹介してもらえます。

 

希望の 車種 や 予算 を入力するだけで、ネットに載ってない非公開車両が優先的に手に入るのです。しかも、その中古車は、10年保証、返品OK、という保証もしっかりしています。

 

わずか1分で申し込みできますので、ネットに載ってない中古車が欲しい方は公式サイトでご確認ください。

公式なびくる+はこちら(無料)

 

 

【買う場合】のメリット

消費税0円で購入できる

消費税というのは、事業者が支払う義務があるものなので、個人が売買する場合は必要ありません。例えば、ガリバーの店舗で100万円の中古車を買うと108万円(消費税8%の場合)かかりますが、個人売買なら100万円で買えます。

 

ガリバーが査定済みだから安心

中古車の出品者はガリバーによる査定(外装、内装、エンジン、車体番号のチェックなど)を受けているので、ある程度の品質は保たれています。ヤフオク、メルカリなどで個人から買うよりは安心できると思います(業者から買う場合は別。品質が高い事が多い)。

 

書類の手続きもガリバーが代行

名義変更、車庫証明の申請などの書類上の手続きはガリバーが代行してくれます。これは個人でやるとやたら面倒(書類をそろえたり、運輸局に行ったりと)ですから楽ですね。

 

完全匿名でプライバシーも安全

購入者も出品者も匿名で取引できるので、お互いに名前や住所を知られることはありません。もちろん会うこともありません。

 

 

【買う場合】のデメリット

手数料が高い

車を落札すると代行手数料や諸費用として手数料がかかります。これが意外と高い!手数料は、車の購入代金によって変わります。

 

例えば、20万円の車なら2万円かかります。50万円なら5万円

 

これだけだったら「別に高くないのでは?」と思いますが、これに加えてガリバーの「代行手数料」が加算されます。それが9万円です。

 

つまり、20万円の車を購入したら追加で(2万+9万=11万円)、50万円の車を購入したら追加で(5万+9万円=14万円)かかるということです。

 

代行手数料としては割高ですね。

 

ガリバーフリマの手数料

出品者受取価格

出品者

購入者

~100,000円 20,000円 18,000円
100,001円~200,000円 20,000円 28,000円
200,001円~300,000円 30,000円 38,000円
300,001円~400,000円 40,000円 48,000円
400,001円~500,000円 50,000円 58,000円
500,001円~1,000,000円 60,000円 68,000円
1,000,001円~ 出品者受取価格の6% 出品者受取価格の6%

代行手数料9万円(消費税込)
(代行手数料の内訳)
登録代行手数料(実費含む):30,000円
車庫証明代行手数料(実費含む):10,000円
ナンバー変更手続き費用:8,000円
自賠責保険代行手数料:6,000円
陸送代金:36,000円
注1 離島の場合は、陸送費の実費と36,000円との差額。
注2 車庫証明が不要な場合は、車庫証明代行手数料は無料。

 

保証がない ※追記あり

購入者としては、いくら安くてもその中古車の品質が気になりますよね。

 

ガリバーフリマでは出品された車はガリバーが査定しているようですが、保証はありませんので、購入後に故障した場合は当然ながら「自己負担」になります。

 

※追記(2018年9月16日)

2018年6月よりガリバーの有料保証が開始されました。保証期間は3ヶ月間のみで、有料オプションとして29,800円かかります。

  • 保証期間は「3ヶ月間
  • 料金は「29,800円
  • 国産車、走行距離20万km以下が対象
  • 車両本体価格の「半額」まで

 

ようやく保証がついたようです。ただ、3ヶ月間という短期間で 29,800円 なので、ないよりはあった方がいいレベルですね。

 

保証内容はエンジンやブレーキなど限定的です。また、保証は車両価格の半額なのでご注意ください。

 

ガリバーフリマの中古車はガリバーが査定しています(査定してないものもあります)が整備はしていませんので、購入したらすぐにディーラーなどで整備・点検してもらったほうがいいと思います。そのまま走らせるのはさすがに怖いですね。

 

ちなみに、事故車や修復歴車はめちゃくちゃ安いですがやめたほうがいいでしょう。故障リスクが高く、故障→修理→故障→修理で時間もお金もかかるので、結局高くつきます。

 

現車確認できない

ガリバーフリマの中古車は、落札前に現車を見ることも試乗もできません!

 

ネットで写真を確認、落札したら、ガリバー店舗へ行ってクルマを引き取るという流れになります。

 

新車購入時、ほとんどの方は現車を見てから買います。試乗もします。事前に、ボディカラーや内装の感じ、シートの肌触り、ハンドルのあそび、乗り心地などを確かめてから買いますよね。実際に車を見て「あーこれいいな。よし買おう!」と購入の決め手になるのが現車確認ではないでしょうか?

 

ネットの写真だけで購入して、実際にその車を引き取りに行ったときに「あれ?なんかイメージと違った」ということもありえます。購入したら返品はできないので、現車確認せずに車を買うのはリスクが高いと思います。

 

以上がデメリットです。

 

もちろん、ガリバーフリマでも品質の良い中古車が安く買えることもあると思います。

 

ただ、車というのは自分はもちろん、家族や友人(時にはペットも)乗せるものですよね。言ってみれば命をあずけるものです。

 

高速道路でエンストする、ブレーキが効かなくなるなど、安かろう悪かろうの中古車では困るのです。
私であれば、市場に出回っていない、品質の良い中古車を探します。

 

ガリバーフリマより高品質な中古車の探し方

例えば、なびくる+(プラス)は、カーセンサーやGoo-netなどにはない「非公開車両」を無料で探すことができます。

 

正直、価格はガリバーフリマよりは高くなりますが、新車に近い未使用車もありますし、修復歴なし、10年保証、返品OK!なので品質を重視するなら断然こっちをおすすめします。

なびくるプラス

なびくるプラス

公式なびくる+はこちら(無料)

 

 

まとめ

以上がガリバーフリマのメリット・デメリットです。思ったよりデメリットが多く感じたかもしれません。

 

掲載されている中古車は5万円以下の激安なモノも多くありますが、5万円の車でも追加で手数料が10万8000円かかり、合計15万8000円になります。

 

消費税0円で購入できることがガリバーフリマのメリットですが、総額で考えると現状ではお得とは言えません。カーセンサーやGoo-netなどの中古車サイトでも探すことをおすすめします。

おすすめの記事