2019年7月18日にホンダN-wgnのフルモデルチェンジが行われて、新たに2代目N-wgnとして生まれ変わりました。

 

前モデルから好評のある室内空間の使い心地の良さや充実じた安全性能を引き続き搭載しながらも今回のモデルチェンジでは外観デザインとボディラインを大幅に変更。新たなN-wgnのデザイン性を意識した新モデルになっています。

 

新型N-wgnがフルモデルチェンジを行なったことで何が変わったのか、外観や内装、先進技術はどう変わったのかなど、ホンダ営業マン歴20年以上の私がさらに詳しく情報を解説します。

 

新型N-WGNの外観や内装、燃費性能の変化は?

フルモデルチェンジされたばかりのN-WGNの外観や内装は前モデルと比べて何が変わったのでしょうか。Nのある豊かな生活を意識したNシリーズのコンセプトの元、外観と内装、燃費性能の変更点についてまとめました。

 

前モデルと比較した新型N-WGNの外観

新型N-WGNのボディサイズは前モデルと比べて全高が100mmほど小さくなっており、多少コンパクトなサイズ感になりました。

 

また、ボディサイズが小さくなったことで大きな積荷を積みにくくいなっていますが、室内は十分すぎるほど広くゆとりのある空間です。

 

ボイディスタイルについては躍動感あふれるサイドウィンドウが特徴的な軽自動車でしたが、新型N-WGNではボンネットを含めて水平基調き整えられたシンプルでスッキリとしたボディ構造になっています。

 

斜め後方の視界は前モデルよりも見やすなり、運転性能を向上させました。全体的な外装はシンプルなデザインと運転しやすい雰囲気を出すようになりました。

 

前モデルと比較した新型N-WGNの内装

新型N-WGNは前モデル以上に室内の使いやすさを重視した車にグレードアップしました。

 

内装のインパネ部分は水平基調でシンプルな構造をしており、ATレバーはステアリングホイールの左下に設置されていることで手が届きやすく、運転により集中できるようになっています。

 

オードソックスな印象を与えるメーターパネルは視認性に優れているメリットもありますが、小柄な運転手は逆に見えずらく圧迫感を与えてしまい可能性があります。

 

運転姿勢の調節機能は充実しており、ステアリングホイールには、上下のチルト調節に加えて、前後のテレスコピックを加えました。運転席は上下に50mm調節できるため、運転姿勢を合わせやすくなっています。

 

前モデルと比較した新型N-WGNの燃費性能

新型N-WGNのエンジンは前モデルと同じタイプのNAエンジンとターボエンジンを搭載していることもあり、ノーマルエンジンは最高出力が58ps/7300rpm、最大トルクは6.6kg-m/4800rpmとされ、実用回転域の駆動力が高くなっています。

 

さらに燃費性能に関しては前モデル2WD(WLTCモード27.0km/L)から新型N-WGN燃費数値29.0km/Lと少し優れています。

 

そしてターボエンジンの方は標準モデルの燃費数値23.2km/Lから25.8km/Lとさらに優れた燃費数値を記録する軽自動車へと生まれ変わりました。燃費性能に優れた軽自動車は多くのユーザーから好評を得る一つのポイントです。

 

新型N-WGNでも多くの方に注目される先進技術の性能について

新型N-WGNには前モデルから採用されているホンダセンシングに加えて新たなる安全装備の向上と運転支援機能が搭載されました。

 

具体的な安全装備を比較すると、緊急自動ブレーキの歩行者検知が可能になることで作動速度の上限が高まり、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールが装着されています。

 

ホンダとして初めてとなる自動車検知機能を搭載した新型N-WGNでは、安全性能だけにこだわらず軽自動車にも搭載することで先進安全クラスは自動車業界の中でトップクラスの性能を誇るメーカーになりますね。

 

さらに、車間距離を自動で制御できるクルーズコントロールは全車速追従型となり、時速30km以下の速度でも制御し続ける特徴があります。

 

新型N-WGNには前モデルにはなかった最新の安全性能や先進技術を搭載することで、ホンダの新たなNシリーズの中でも注目を集める一台ですね。

 

気になる新型N-WGNの価格を徹底検証

新型N-WGNの気になる価格情報ですが、新型N-WGNでは1,274,400円〜1,631,880円であり新型N-WGNカスタムは1,512,000円〜1,793,880円までとなっています。

 

グレードやカスタム車によって金額面に多少の誤差がありますが、前モデルと比べて少し高く設定しています。シンプルで使い心地の良さがある印象に加え、新たに先進技術を搭載したことで金画面が高額になったと予想していますが、車の性能や安全性能を考えると安いと感じるのではないでしょうか。

 

人々の暮らしに馴染む親しみの良さと安心感を表現する車です。N-BOXと比較しても安い軽自動車になっています。

 

・ボディカラーはN-WGNが全13色、N-WGNカスタムは全11色(2トーン4色を含む)

・価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円

・N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。

 

新型N-WGNの参考価格例

新型N-WGNの価格に関する情報を以下でまとめてみました。メーカーが希望する金額を参考にした上で新型N-WGNの金額を表示しています。一つ一つのグレードの価格をじっくりと確認してみましょう。

 

【N-WGN G Honda SENSING〈FF〉】

・1,274,400円(税込)※全国メーカー希望小売価格

 

【N-WGN Custom L Honda SENSING〈FF〉】

・1,587,600円(税込)※全国メーカー希望小売価格

 

【新型N-WGN FF】

・1,274,400円(消費税抜き 1,180,000円)〜1,339,200円(消費税抜き 1,240,000円)

※全国メーカー希望小売価格

 

【新型N-WGN 4WD】

・1,405,080円(消費税抜き 1,301,000円)〜1,469,880円(消費税抜き 1,361,000円)

※全国メーカー希望小売価格

 

新型N-WGNがフルモデルチェンジ!外観、内装、先進技術についてのまとめ

新型N-WGNがフルモデルチェンジ情報と外装や内装、燃費性能について解説してきました。記事の内容をまとめると以下の4つのポイントが挙げられます。

 

・新型N-WGNの外装はシンプルなでデザインでありながら使いやすい印象を与えるボディデザインになっている

 

・内装は運転手が運転しやすいように全てのボタンや装置が手に届くところに収まり、充実した室内空間の広さは前モデルから変わっていない

 

・燃費性能は前モデルと比べて少し数値が向上しており、長距離運転やお財布にも優しい軽自動車になった

 

・最先端の安全技術や先進技術を搭載したことで金額面は前モデルと比べて少し高額に設定している

 

2019年の7月にフルモデルチェンジが行われたばかりの新型N-WGNには、前モデルにはなかったボディデザインと先進技術を搭載した軽自動車として生まれ変わりました。

 

軽自動車販売台数No.1を誇るホンダ自動車にとっても売り上げを伸ばす人気車種の一台になっていきますね。

 

これから徐々に人気が高まり、新型N-WGNを見かける機会が多くなると思いますが、少しでも新型N-WGNに興味を持った方は是非近くのディーラーに来店して新型N-WGNを試乗してみましょう。