【2019年】新型タントの値引き交渉術! | 新型タントの目標値引き額や交渉のコツとは?

2019年7月9日に軽自動車のスーパーハイトワゴンタイプとしてフルモデルチェンジを行なったダイハツの車といえば新型タント。

 

前モデルのタントをベースに福祉車両「フレンドシップシリーズのタントスローパー」と「タントウェルカムシートリフト」の2つのモデルも新たにフルモデルチェンジが行われました。2003年に発売して以来、スーパーハイトワゴンとして軽自動車を牽引してきた先駆者。

 

室内空間の広さと軽自動車とは思えない外観デザインを備える新型タントの値引き額はいくらまで引き出せるのでしょうか。新型タントの値引き交渉術と目標値引き額について解説します。

 

新型タントの値引き目標額と2019年度の最新値引き傾向

2019年の7月にフルモデルチェンジされたばかりの新型タントの値引き率は引き締め傾向があります。新型タントを購入して値引き額の相場は、オプション値引きも含めて12万円から15万円が目標です。新車価格から15万円以上の値引き額を引き出せる場合は最上級クラスで交渉成功です。

 

実際の交渉では、購入者の方から何にも言わなくても5万円ほどの値引き額が引き出せますが、人気車両であるホンダのN-BOXやスズキのスペーシアの2つをぶつけて、粘り強い交渉を続ければ10万円以上の値引き額も引き出せる可能性が高くなります。

 

「新型タントも気になるけど、ホンダのN-BOXも検討したい」や「スペーシアと新型タントを迷っているけど、割安の値引きが期待できるなら、タントを検討したい」などライバル車も含めた上で迷っているとアピールすると、値引きアップしやすくなります。

 

新車価格から1円でも値引き額を引き出すためにも、値引き相場と目標額をしっかりと頭に入れておきましょう。

 

新型タントの値引き額を最大限に引き出す2つのコツ

新型タントの値引き額を最大限に引き出すには2つのコツがあります。以下の2つのポイントを確認して新型タントの値引き額を目一杯に引き出しましょう。

 

新型タントの値引き額を最大限に引き出す2つのコツ

・交渉時期を考える

・ライバル車と競合させて値引き額を引き出す

 

交渉時期を考える

新型タントの値引き額を最大限に引き出すためには、交渉時期を考える必要があります。

 

タントに限らず、値引き額が大きくなりやすいのは、1月〜3月の年度末決算時期と6月7月のボーナス時期、8月お盆明けから9月の中間決算時期、12月の年度末商戦の4つの時期です。値引き交渉額がアップしやすい時期にディーラーなどでは特別なキャンペーンやオプション追加などのお得なサービスを実施します。

 

自動車業界は3月に決算時期を迎えますので、2月〜3月は特に値引き額が引き出しやすい傾向にあります。

 

ディーラーや大手カーメーカーでも3月の決算時期に向けて一台でも多くの車を売りたいと思っていますので、値引きするだけで新車を購入してくれるならあなたの交渉にOKを出してくれる可能性も十分高くなる時期です。これらの時期に合わせて新車を購入して大幅値引きを実現させましょう。

 

ライバル車との競合を利用する

新型タントの値引き額を最大限に引き出す2つ目のコツは、N-BOXやすスペーシアなどのライバル車をネタにして競合させることです。

 

ディーラーなどに新車購入の相談に行った際に一番値引額が期待しやすい交渉術であり、「N-BOXと迷っていて、〇〇万円まで値引きしてくれたら購入する交渉術や「他の店舗で見積もりを出してもらったけど、このくらいの金額だったなど、ライバル車や他の店舗と競わせることで大幅な値下げ交渉が成功しやすくなります。

 

N-BOXなどのライバル車を積極的に利用して大幅値引きを実現させましょう。

 

新型タントの値引き交渉術のシミュレーション

実際に新型タントを値引き交渉する際のシミュレーションをやってみましょう。タントの値引き交渉を成功させるには、初回交渉、2回目交渉、最終交渉時によって異なるアプローチ方法があります。一つ一つの段階ごとに詳しい交渉方法を解説します。

 

シミュレーション①:初回交渉

新型タントの値引き交渉を成功させるために初回交渉では、タントが本命であることを伏せておく必要があります。

 

初回交渉からタントのみを希望して値引き交渉に移ると「このお客様は新型タントの値引きを狙っているな」と担当する営業マンにバレてしまいます。

 

実際にディーラーに訪問した際には、「他に気になる車種があって迷っているけど、新型タントならどのくらいの値引きが出来ますか?」など遠回しに聞いてみましょう。

 

見積もり以外にもタントに試乗したり、乗り心地を確認したりなど金額面以外にも見えてくるものがあるはずです。

 

初回交渉時の自分の気持ちを確かめて次の交渉に移るか、移らないのかを決めるのも良いかもしれませんね。

 

シミュレーション②:2回目交渉

2回目の交渉からはより具体的な値引き交渉を開始していきます。2回目交渉時には営業マンも購入する意思のあるお客様として接客してくる傾向があります。

 

新型タントのライバル車となる競合させたり現時点で値引きできる最大限の金額を聞いてみましょう。オプションを追加すると値引き上限がアップしやすくなります。

 

出来るだけ安くタントを購入したい」など本音を担当する営業マンにぶつけても良いかもしれませんね。そうすれば営業マンもできる限りの値引き額アップを考慮してくれるでしょう。

 

シミュレーション③:最終交渉

タントを購入する最終交渉ではある程度、値引額が決まっているかと思いますが、さらに条件交渉してみましょう。

 

例としては、「自分はタントを購入しようとしていますが、嫁さんと話し合った結果、N-BOXを購入しようかなと傾いています。

 

他では値引き〇〇万円で出ているけどもう少し値引き額をアップできますか」などハンコを押す前の最終交渉の武器として利用することがおすすめです。

 

また、「総額〇〇万円になったら即購入します」など目標値引き額よりも多少無理した金額を要求しても良いかもしれません。

 

営業マンも月ごとにノルマがありますので、一台でも多くの車を売りたいはずです。購入する前の最後の推しを最終交渉でやってみましょう。

 

【2019年】新型タントの値引き交渉術のまとめ

2019年版の新型タントの値引き交渉術について目標値引き額や交渉術のコツ、シミュレーションの3つを解説してきました。この記事をまとめると以下の4つのポイントが挙げられます。

 

・新型タントの値引き相場は5万円〜15万円であり、オプション値引きを含めると総額10万円分は値引き交渉が成功しやすくなる

・N-BOXやスペーシアなどタントのライバル車となる軽自動車と競合させることで値引き額が大幅アップしやすくなる

・2月〜3月の決算時期前など交渉時期を考えて新型タントを購入する

・値引き交渉のシミュレーションごとに交渉方法を変えていくことがおすすめ

 

 

新型タントの交渉術は交渉しなくても新車価格から約5万円ほど値引きされますが、5万円以上の値引き額を引き出すためにはコツが必要です。

 

交渉を成功させるコツには、ライバル車と競合させたり交渉時期を考えるなど様々なコツがあります。

 

2つのコツを利用しつつもシミュレーションごとに交渉を進めれば高い確率で新型タントの値引額アップが期待できるでしょう。

 

新車価格から1円でも安い金額で購入するためにも是非参考にしてもらいたいポイントです。