初心者でも失敗しない「中古車購入」完全ガイド

新車は高くて買えないけど、中古車も購入した経験がないとお悩みの方いませんか?

 

中古車に限らず、初めて車を購入する時には、何をやっていいのかわからなくなってしまうかと思います。初心者の方が、中古車を購入する時に気をつけたいポイントとは何なのか。

 

今回は、初心者の方でも失敗しない中古車購入の完全ガイドを、紹介します。中古車を購入したことがない方は、是非参考にしてみましょう。

 

中古車購入から納車までの基本的な流れ

中古車の購入方法に入る前に、車を購入して納車までの基本的な流れを理解しておきましょう。

 

一連の流れを知っておくだけでも、実際に中古車を購入する時には役に立ちます。自分のためだと思って読み進めてください。

 

1:車の条件や目的を選択する

まずは、自分が運転する車の条件や、目的を決めることから始めます。

 

家族向けで乗車人数の多い車ならミニバン、運転が苦手な方の場合は、コンパクトなサイズ感である軽自動車を選ぶなど、条件に合わせて車の車種を選ぶことから始めましょう。

 

2:自分が購入したい中古車を選ぶ

自分が乗る車の目的や、条件が決まった後は、購入したい中古車を選びます。

 

車を選ぶ前に、担当になる営業マンや、中古車販売ネットサービスに条件を伝えると、条件に合った車種を選んでくれますよ。 

 

サイトで自分の欲しい車を見つけた場合は、店舗訪問予約や、試乗予約を行なってみましょう。

 

3:店舗に訪問する

店舗に、自分が購入希望の中古車があれば、お店に来店して試乗して欲しいと相談しましょう。

 

すでに試乗予約が完了している場合には、予約した時間帯に店舗に来店して希望する車を試乗します。

 

4:見積もりを出してもらう

気に入った中古車が決定したら、担当する営業マンに見積もりを取ってもらいましょう。

 

見積もりを作成させる前には、自分の可能範囲である予算を伝えるのがポイントです。

 

5:契約

見積もりで提示された金額に納得した場合は、契約手続きを行います。

 

手続きを行う場合には、前もって必要書類を準備しておくとスムーズに手続きができます。

 

契約書がお手元に届いた後は、契約書に書いてある内容を一つ一つ注意しながら読み進めていきましょう。必要ならば保険も同時に加入することおすすめ致します。

 

6:支払い

契約書にサインした後は、見積で提示された金額を支払います。

 

支払い方法は、ローンや一括払いなど、自分に合った支払う方法を選択可能です。ローンを組む場合は支払いが納車後になるケースがあります。

 

7:納車

手続きがスムーズに進み、支払いも完了した場合は、車がお客様のお手元に納車されます。

 

中古車の場合、納車までの期間が約2週間〜3週間なので、新車を納車するまでの長い期間はかかりません。

 

絶対に失敗しないために注意したい4つの中古車購入ガイド

初心者の方が、中古車購入で失敗しないために必要な購入術は4つあります。

 

中古車を購入する参考ガイドブックだと思って、一つ一つの内容を確認していきましょう。

 

中古車購入術1:車のメンテナンス状態を確認する

中古車を購入する場合には、車のメンテナンス状態をまず確認しましょう。

 

たとえ年式が古い中古車の場合でも、しっかりメンテナンスがされていない車ではすぐに壊れてしまい、逆にお金がかかってしまいます。

 

車の定期的なメンテナンスは、中古車購入でも重要なポイントになりますので、しっかりと担当する営業マンに聞くなり、自分の目で確認してください。

 

中古車購入術2:走行距離を確認

車の走行距離数は、多ければ多いほど車のパーツが劣化して、故障に繋がる可能性が高くなってしまいます。

 

新車ではなく、中古車を購入する場合には、ある程度の走行距離を走っている車が多いと思いますので、故障率は新車よりも高い確率になっています。

 

あまり走っていないからお得、と走行距離だけを見るのではなく、走行距離と車の年式のバランスを考えて購入するか決めましょう。

 

中古車購入術3:年式とグレード、相場を把握しておく

同じ金額の中古車が販売している場合でも、年式やグレードによって、車の性能や残価率が大きく異なってきます。

 

中古車の性能を把握しておくためにも、グレードや年式、車内装備、予想燃費まで事前にある程度理解しておくことが必要です。

 

何もわからないまま自分が欲しい車だけを選ぶのは、もったいないことです。

 

中古車購入術4:事故車や修復歴ありの車でないのか確認

中古車で販売されている車の中には、修復歴ありの車や、事故車など、様々な条件で販売されている車が多い傾向があります。

 

車の状態を確かめるためにも、外装や内装、電気が通る場所、エンジンやバッテリーなど、中古車を購入する前に隅々まで確認しておくのがポイントです。

 

購入してからすぐに壊れる車を買いたくはありませんよね。

 

初めて中古車を購入する場合に不安になる2つの質問事項

初心者の方が、中古車を購入する際に疑問に思う不安事項を2つ解説します。

 

以下の質問事項を確認して、中古車購入の手続きを進めていきましょう。

 

不安ポイント1:中古車店の状態の良い車は信じても大丈夫?

中古車を選ぶ場合は、ある程度担当するスタッフの情報を参考にしても良いと思います。

 

ただし、信頼できるスタッフなのかは自分で判断しなければいけません。

 

信頼できる営業マンであれば、聞きたいことを聞いておくのも良いかもしれませんね。

 

営業マンとの関係性を良くしていけば、値引き交渉も成功しやすくなります。

 

中古車では、様々な条件によって金額が決められているので、店舗スタッフの信頼性が車を購入する一つのポイントになってきます。

 

不安ポイント2:購入してすぐ壊れた時はどうするの?

中古車は、メンテナンスがしっかり行なっている車であっても、すぐに壊れてしまう可能性が十分にありますので、購入前に保証の有無を確認しておきましょう。

 

多くの中古車販売店では、様々な内容の保証制度が用意されています。

 

「購入してすぐに故障した場合はどうなのか」という内容を、購入前に担当する営業マンに相談してみましょう。

初心者でも失敗しない「中古車購入」完全ガイドのまとめ

初心者でも失敗しない中古車購入術や、契約から納車までの流れ、質問事項について解説してきました。

 

記事の内容をまとめると、以下の4つのポイントが挙げられます。

 

・中古車選びをする際には、自分が乗りたい車の条件を決めるのが、最初に行うファーストステップ

・自分が乗りたい車選びから、納車されるまでの一連の流れを理解しておくことで、購入までの流れをスムーズにできる

・車のメンテナンス状態や走行距離、年式を購入前に確認しておきましょう。

・購入してすぐに壊れたら?など、購入前に保証制度についても話してみるのがおすすめ

 

中古車を初めて購入する方は、何もかもが初めての経験であり、不安要素でいっぱいだと思いますが、上記で紹介した情報を理解しておけば、何の心配もいりません。

 

中古車を購入する場合には、年式やグレードなどの事前調査も欠かせませんが、店舗にいる営業マンとの関係性や、営業マンが話す言葉を聞いて購入するのかを決めましょう。

 

ネットで調べるのは良いのですが、やはり実際の店舗にいる営業マンが、一番自分が欲しい車の情報を知っています。

 

営業マンの話に耳を傾けながら購入するのか、しないのかを決めることがポイントです。