車下取り

下取り車が高く売れれば値引き拡大

車 イラスト

新車を購入する際は、下取り車の査定額が重要になります。下取り車が高く売れれば、値引きと同じような効果が得られるので、ぜひとも下取り車は高く売りたいところです!

 

しかし、ディーラーの下取り価格というのは低めに設定されているので、多くの場合、ガリバーなどの買取店に売却したほうが高く売れます。

 

なぜ、ディーラー下取りは安いのか?

ディーラーの下取り価格が安いのは、市場の買取相場を無視しているからです。

 

ディーラーが考える下取りというのは「新車販売を促すためのサービス」という位置づけなので、買取業者と競って価格を釣り上げることはしません。

 

ディーラーには独自の査定基準があり、JAAI(一般財団法人 日本自動車査定協会)が発行するイエローブックなる査定本を参考にして価格を決めています。

 

たとえ、市場価格が100〜120万であっても、イエローブックに60万と書いてあれば60万なのです。そういう査定の仕方をしているのがディーラーなのです。

 

つまり、高く売ろうと思ったら『ディーラー下取りは論外』といえます。

 

 

では、どこに売ればいいのか?

ディーラーの下取りが論外だとしたら、どこに売ればいいのでしょうか?

 

一番高く売れるのは、おそらくヤフーオークション(ヤフオク)でしょう。
自分が設定した金額以下で落札されることは絶対にないので、市場価格よりも高く売ることが可能です。

 

しかし、オークションは素人同士の取り引きなので、どんなトラブルが起こるかわからないというリスクがあります。漫画本を出品するのとは違い、自動車という高額商品を扱うわけですから、素人が簡単にできるものではありません。

 

例えば、名義変更の手続きがうまくいかなかったり理不尽なクレームが来たりお金が振り込まれなかったりと、さまざまなトラブルが考えられます。高く売れるからとはいえ、このようなリスクを冒す必要はないでしょう。

 

ただ、オークションで売る場合、代行業者に頼む方法もあります。
出品から契約手続きまですべて代行してくれるので、取引先と直接やり取りする必要はなく、リスクも抑えられます。
しかも取引先は買取業者なので、高く売れる可能性があります。

 

詳しくは、車をオークション方式で売る方法をご覧ください。

 

 

さて、オークションよりもリスクが少なく、ディーラー下取りよりも高く売る。
となると、買取店に売るしかありません。

 

買取店に売るとなると、車を持ち込んで査定してもらう方法が一般的ですが、相見積もりのために数店舗も周るのはNGです。なぜなら、持ち込み査定の場合、即決を迫られたり売却するまで家に帰してもらえない、といった面倒なことに巻き込まれるからです。

 

査定のために、わざわざガソリンを消費して相手のホームに乗り込む必要はありません。向こうから来てもらえばいいんです!

 

 

車一括査定で一気に査定!

複数の買取店から見積もりをもらうには、店舗に持ち込むのではなく、自宅に来てもらうことがベスト。そのために、ネットの車一括査定という無料サービスを使います。

 

車一括査定とは、自分の車の情報を入力すると『最大10社から一括して見積もりが取れるサービス』です。

 

もしも、これを使わずに相見積もりをするとなると、一社ごとに電話をかけて査定の予約をする必要があり、非常に手間がかかりますから、短時間で売るためにも車一括査定は必須といえます。

 

車一括査定を利用する際に注意する点としては、査定依頼をする業者を多くしすぎない、ということです。申し込む際に、査定を依頼する買取業者を選ぶことができるのですが、ここで欲張って10社ぐらいに依頼してしまうと、その後の電話やメールでのやり取りが大変になってしまうので、選ぶのは3社前後がおすすめです。

 

車一括査定はネット上にいくつかありますが、買取業者が1000社も登録しているカーセンサーがいいでしょう。

 

(※申し込みには、年式、走行距離、車検時期、などを入力しますが大体で大丈夫です。)