3月1日、三菱は「RVR」、「アウトランダー」、「アウトランダーPHEV」に続き、「エクリプス クロス」を国内市場に導入しました。
「エクリプス クロス」の斬新なデザインは、トヨタの「CH-R」に通ずるものがあり、どうちらを購入するか、迷っている人はこの記事はおススメです。

「エクリプス クロス」のエクステリアについて

三菱エクリプスクロス
三菱エクリプスクロス
「エクリプス クロス」は都会でも目立ち、存在感が際立つクーペスタイルのSUV。
アッパーにシャープな印象のLEDヘッドライトとLEDデイライト、ロアにターンランプとフォグランプを配置することで、精悍なフロントマスクに仕上げました。リヤは、リヤランプとリヤウインドウが一体化したイメージで、立体感を演出。
「エクリプス クロス G」の全長は4405mm、全幅は1805mm、全高は1685mmとなっています。「C-HR ST」の全長は4360mm、全幅は1795mm、全高は1565mm。
「エクリプス クロス G」は、「C-HR ST」と比較して全長、全幅、全高で大きいです。

「エクリプス クロス」のインテリアについて

三菱エクリプスクロス
三菱エクリプスクロス
「エクリプス クロス」はスポーティーかつ上質なインテリアを実現するために、フラットなインストルメントパネルと立体感があるシルバー加飾を組み合わせました。一方、ロングスライド(200mm)と9段階のリクライニング機構を搭載した6:4分割のリヤシートを採用。
「エクリプス クロス G」の室内長は1870mm、室内幅は1490mm、室内高は1240mmとなっています。「C-HR ST」の室内長は1800mm、室内幅は1455mm、室内高は1210mm。
「エクリプス クロス G」は、「C-HR ST」と比較して室内長、室内幅、室内高は大きいです。

「エクリプス クロス」のエンジンについて

「エクリプス クロス」は1500ccの直噴ガソリンターボエンジンを搭載。
運転シーンにより筒内と吸気ポートへの噴射を繊細にコントロールすることで、燃費性能を向上させ、クリーンな排出ガスを実現しました。
「エクリプス クロス G」の最高出力は150ps(110kW)/5500rpm 、最大トルクは24.5kg・m(240N・m)/2000~3500rpm。「C-HR ST」の最高出力は116ps(85kW)/5200~5600rpm、最大トルクは18.9kg・m(185N・m)/1500~4000rpm。
燃費(JC08モード)については「C-HR ST」は15.4km/l 、「エクリプス クロス G」は14.0km/lとなっており、「C-HR S
T」のほうが燃費は良いです。
「エクリプス クロス G」は、「C-HR ST」と比較してハイパワーなエンジンを搭載しています。

まとめ

これまで、「エクリプス クロス」のエクステリア、インテリア。エンジンを紹介してきました。「エクリプス クロス」はクーペスタイルのSUVのボディに、ハイパワーなエンジンが搭載されているイメージですね。
「C-HR ST」と比較して、スペック上は「エクリプス クロス G」のほうが、室内空間も広く、最高出力、最大トルクは大きいですが、燃費は劣っています。「C-HR」と「エクリプス クロス」で、どうちらを購入するか迷っている人に参考になれば幸いです。

おすすめの記事