自動車保険はあまりにも数が多すぎて、比較するときになにを基準にするべきなのかわからないという人は多いはず。

 

自動車保険は「保険料の安さだけ」で判断するのはNG。自分にピッタリの内容を選ぶためにはいくつか大切なポイントを抑えておくことが必要です。契約後に後悔しないためにも、慎重に選んで判断しましょう。

 

通販型と代理店型の違いについて

 自動車保険を比較する際にまず選択しないといけないのが、通販型か店頭型にするかという点です。どちらにもメリットとデメリットがあるため、自分のカーライフに有利になるほうを選択しましょう。

 

通販型の自動車保険の特徴

 近年とても注目されているのがダイレクト系と呼ばれる通販型の自動車保険です。コストを抑えたいユーザーに人気で、契約は通信販売なので事故を起こさない限り保険代理店の人と会うことはありません。

 

保険の条件など自分の好みで設定できる点や、ホームページから無料で見積もりができる、契約は保険会社から送られてくる必要書類に記入して、車検証などを返送するだけでとても手軽。

 

ペーパーレスの場合は、ネット上だけで手続きが完了することもあります。時間がなくて保険選びができない場合は、インターネットで契約する通販型がオススメです。

 

代理店型の自動車保険の特徴

 店舗で契約するタイプの自動車保険が代理店型と呼ばれます。

 

こちらは代理店の手数料があるので保険料は通販型よりも高めですが、対面式で契約ができるのでわからないことがあればその場で丁寧にスタッフが対応してくれます。そのため自動車保険を契約するのが初めての人やあまり詳しくないので不安という場合は代理店型が安心です。

 

事故対応に関してはどちらもさほど違いはありませんが、代理店型の場合は現場に保険会社の担当者が来てくれることもあるでしょう。契約の際も補償内容については詳しくアドバイスしてくれるので、より自分の希望に近い自動車保険が選べるメリットがあります。

 

補償内容で比較するポイント

 自動車保険は万が一のための備えですから、たとえ保険料が安くても補償内容が満足できないと無駄使いになってしまいます。自動車保険を比較する際は次のポイントを必ず考えておきましょう。

 

対人賠償保険は無制限にする

 補償内容がしっかりしている自動車保険のほうが保険料は高くなる傾向があります。どこまで補償するか、判断基準は難しいところ。

 

まず抑えておきたいのは「対人賠償保険」について。万が一相手を死傷させてしまった場合の備えとして無制限で設定しておくことをオススメします。

 

なかには億単位で賠償判決が下るケースもありますので、補償内容ではまずチェックしておきたい部分といえるでしょう。

 

特約は必要なものを選ぶ

 自動車保険は基本補償と車両保険が基本となっていますが、最近はさらに充実した補償内容があり、様々なリスクに対応する特約を追加することができます。

 

しかし必要ないものまで追加してしまうと保険料がとても高くなり、経済的な負担になることも。シンプルかつ必要な補償内容にすることがポイント。

 

たとえばファミリーバイクの特約、弁護士費用特約など、あらゆる種類がありますので、自動付帯でどこまで補償内容が充実できるかなども考えてみましょう。

 

万が一の事故対応について

 実際に事故にあってはじめて保険会社のサービス内容や対応方法が明らかになることがあります。自動車保険を比較する際は、事故対応についても必ずチェックして安心して車に乗れるようにしたいですね。事故対応は以下のポイントを比較してみましょう。

 

通販型は事前にしっかり確認すること

 通販型はネットでやりとりすることが多いため、事故にあった際の対応がどうなのか不安になる人も少なくありません。担当者が分からない、顔を合わせたことがないという状況では事故の現場でどうしていいかわからないですよね。

 

そんな場面を想定して通販型の場合は事故発生時の流れについて公式サイトで確認しておきましょう。また示談の際に知識や経験が豊富なスタッフがいるかどうかなども大切な点です。

 

自動車保険は大手の老舗ほうが何かあった時が安心、という人もいます。しかし通販型はネットワークを活用してサービス拠点を各地に配置するなど、満足度の高い事故対応をする会社もたくさんあります。

 

事故対応が迅速にできるところがオススメ

 事故はいつどこで起こるか全く予想ができません。保険会社では事故受付を土日休日関係なく行うところや、受付だけして実際に対応するのが月曜日という場合もあります。

 

現場に直行してくれるスタッフがいるのかどうか、事故にあった時にできるだけ必要なサポートが迅速にあるほうが安心です。

 

通販型と代理店型はどちらも事故対応に関してさほどの違いはありません。それぞれの会社の特色を理解して比較してみましょう。

 

お得な自動車保険を選ぶ際のポイント

 自動車保険はできれば安いほうが家計にも安心です。しかし保険料だけを意識して補償内容が手薄になってしまうのでは困りますよね。そこで内容と保険料ともに満足できる自動車保険の比較ポイントについてみていきましょう。

 

同じ補償内容で比較しよう

 現在の自動車保険の補償内容と同じ設定で見積もりを取ってください。とくに大切な補償内容は「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害保険」の3つ。同じ内容で一番安い保険会社を上位3つぐらいに絞りそれぞれの違いを比較するとわかりやすくなります。

 

また保険会社を乗り換える際、前年度の保険料からいくら安くなるかも比較のポイントになるでしょう。

 

割引制度についてチェックする

 自動車保険はそれぞれの保険会社で割引制度を設けています。どこにも共通するのが等級制度、それ以外にもネット割引、早割などの独自の割引制度を提供しているところがあります。

 

一般的にダイレクト型の自動車保険のほうが代理店を通さないため保険料の節約率が高くなります。さらに安くするなら本人限定など運転者の限定で保険料を節約することも可能。また走行距離で保険料を算出するタイプなら、自分のライフスタイルにさらにピッタリになるでしょう。

 

そして保険料の支払い方法も節約のポイントになるため、分割にするか割引がある一年払いにするかなども考えておくと安心です。

 

ロードサービスの内容をチェックする

 ロードサービスはできれば充実しているほうが何かあった時に便利。それぞれの保険会社の特色がわかりやすいロードサービスは、次のポイントを比較してみましょう。

 

レッカー移動サービスについて

 ロードサービスの内容はどこも似たり寄ったりという印象を受けやすい部分。そこで比較のポイントになるのが「レッカー移動」のロードサービスです。

 

遠くで自動車事故にあった場合、事故車をレッカー移動するために料金がかかります。ロードサービスで指定修理工場まではレッカー移動が無料、また宿泊が必要な場合もホテル代や移動交通費までカバーしてくれるタイプなどもあります。

 

無料で付帯されるサービスを比較

 サービス内容は同じでも保険会社によって有料で提供することもありますので、自動付帯される内容を吟味して、お得かどうか比較してみましょう。

 

まとめ

 自動車保険は比較サイトを使い一括見積でチェックする方法がとても簡単です。保険の契約終了時期になるとなにかと慌ててしまいますので、早めに数社をピックアップしてじっくり吟味しておきましょう。

おすすめの記事