MENU

未使用車(新古車)のメリット・デメリット

 

未使用車(新古車)とは、名義登録が済んでいるがまだ誰も乗っていない車のことです。
新車同様の車両なのに、中古車扱いなので安く購入できます。

 

未使用車がなぜ存在するのかというと、大きく2つの理由があります。

 

ひとつは、ディーラーが販売目標を達成するために多めに注文しているからです。ディーラーでは販売目標が決められており、それを達成するとメーカーから報奨金を得られます。注文した車がすべて売れるとは限りませんので、その売れなかった車が「未使用車」と呼ばれています。

 

もうひとつは、ユーザーによりキャンセルとなった場合です。新車の契約後に、何らかの理由でキャンセルとなった車も「未使用車」と呼ばれます。

 

ちなみに、「新古車」と「未使用車」は同じ意味です。新古車という言葉は以前はよく使われていましたが、新車なのか中古車なのか紛らわしい、という理由で「未使用車」に変更となりました。また、試乗車、展示車、代車などは未使用車ではありません。

 

 

未使用車のメリット

  • 新車と比べて割安!
  • すぐに納車される!
  • 新車と同様の3年保証!
  • 重量税は支払い済みのため無料!

 

新車と比べて割安!

未使用車の最大のメリットは安い!ということにつきます。
走行距離は5km程度で、シートにはまだビニールがかぶせてあるほぼ新品の車ですが、
値引きされた新車よりも2割ほど安く購入できます。当然、値段が高い車ほどその恩恵は大きくなります。

 

 

すぐに納車される!

未使用車は、すでに完成された車両なので店頭に置いてあります。納車されるのは早ければ1~2週間!新車の場合は、1~2ヶ月待ちなどは当たり前なので、これもかなりのメリットですね!

 

 

新車同様のメーカー保証がある!

未使用車も新車と全く同じく、メーカー保証が受けられます。未使用車を購入後、ディーラーで12ヶ月点検を受けることで保証が継承されます。

 

 

税金が安い!

また、税金関係の負担も軽くなるのもメリットです。重量税は支払い済みなので未使用車での支払いはありません。自動車取得税、自賠責保険も割安になります。

 

 

未使用車のデメリット

  • 価格が新車と変わらないこともある。
  • 車検期間が短い。
  • 2オーナー車となる。
  • ボディーカラーは選べない。
  •  

 

価格が新車とあまり変わらない場合も

未使用車は安いという先入観がありますが、よく比較すると「値引き後の新車とほとんど変わらなかった!」という場合があります。

 

新車は値引きができますが、未使用車は最初から安いのでほぼ無理でしょう。「点検パック」「諸経費」などを含めるとトータルで新車よりも高くなることもあるので注意が必要です。

 

未使用車を買うときに重要なことは、同じ条件で新車の見積もりを比較することです。トータルの乗り出し価格が値引き後の新車と比べて、2割り程度安いか、がひとつの目安になります。

 

 

車検期間は短い

新車の場合、車検は登録された日から3年間ですが、未使用車は登録されてから数ヶ月経っているため、その分、車検期間は短くなっています。

 

 

2オーナー車になる

未使用車は、最初にディーラーが名義登録しているので、購入したオーナーは2番目になり、売るときも2オーナー車となります。ただ、売るときに大きなマイナス査定にはなりません。査定で重要なのは走行距離と修復歴です。

 

 

カラーなどは選べない

また、当然ですが既製品の車なので、カラー、グレード、メーカーオプションなどは選べません。カーナビ、オーディオが付いていないこともあります。

 

 

以上が、未使用車のメリット・デメリットです。

非公開の未使用車を探すには?

 

中古車を探すには、カーセンサーやGooなどが有名ですが、
実はそれらに掲載されている中古車は「売れ残り」ということをご存知でしょうか?

 

販売店が黙っていても売れる中古車を、わざわざ掲載料を払ってカーセンサーなどに載せる必要がないですよね。つまり、カーセンサーに載っている中古車は売れないから広告を出している、と言うわけです。

 

国内にある中古車の数をすべて合わせると数百万台~数千万台になりますが、そのすべてがネットや雑誌に掲載されているかと言えば…そんなことはありません。むしろ掲載されていない中古車のほうが圧倒的に多いはず。ガリバーによると、約70%の中古車は市場に出回らない非公開車両とのこと。

 

では、その非公開の中古車はどこで売っているのでしょうか。

 

よくあるのが、ディーラーや中古車販売店がこっそりとお得意様に提供しているパターンです。ですが、これはなかなか難しいのでもっと簡単に探す方法があります。
なびくる+という非公開車両紹介サイトがあるので、そこにあなたの希望の車種、予算などを入力すれば、非公開の中古車を優先的に紹介してくれます。

 

10年保証(国産車)、返品可能(有償)なのでディーラーに紹介してもらうのと変わりありません。
非公開の未使用車も紹介してもらえるので、その場合は備考欄に「未使用車を希望」と入力してください。

 

今すぐ「なびくる+」で非公開車両を探す(無料)

下取り車を高く売る方法

新車を安く買う方法としては、未使用車も一つの有効な手段ですが、
実はもっと重要なのは「下取り車をいかに高く売るか」なんです。

 

例えば、下取り車(いま乗っている車)が相場よりも30万円高く売れれば、
新車を30万円値引きしたのと同じ効果がありますから、できるだけ高く売りたいところです。

 

高く売るにはまずは「買取相場」を知る必要があり、
かんたん車査定ガイド」というサイトで無料で調べられます。

 

愛車の情報を入力すると”1秒後”に「買取相場」が表示されます。

かんたん車査定ガイドで買取相場を調べる

 

この買取相場はあくまでも概算価格ですが、業者オークションで取引された実際の価格を元に計算されているので、精度はかなり高いものになっています。一括査定なので、出張査定も可能です。

 

かんたん車査定ガイド(無料)

 

 

 

→新車と未使用車、どっちを購入するべき?

未使用車、在庫車、展示車、試乗車の違い

 

新車にするか未使用車にするか迷っている方もいるかと思いますが、
お得に買える車としては、在庫車展示車試乗車など選択肢はいくつかあります。

 

それでは、未使用車、在庫車、展示車、試乗車の違いと、
メリット・デメリットを見ていきましょう。

 

 

未使用車(新古車)

未使用車とは、ディーラーが名義登録しただけの中古車のことです。

 

分類上は中古車ですが、誰も乗っていないのでほとんど新車です。既製品のため、グレード、ボディカラー、メーカーオプションなどは選べませんが、納車が早く(約1~2週間)、新車よりも安く購入できます。

 

矛盾するようですが、新車と比較した時に、ほとんど価格が変わらないこともあるので、同じ条件できちんと見積もりを比較することが重要です。

 

メーカー保証も新車と同じく3年間です。

 

デメリットは、車検が新車と比べて短いことです。車検期間というのは、名義登録された時点でスタートしますので登録から数ヶ月経過している未使用車はその期間だけ車検が短くなります。

 

 

ちなみに、未使用車新古車は同じ意味です。以前は新古車という言葉が使われていましたが、新車なのか中古車なのか区別がつきにくいとのことで、未使用車に統一されました。

 

 

在庫車

ディーラーにストックしてある新車のことを在庫車といいます。

 

新車ディーラーは、ユーザーの注文があった時点でメーカーに製造オーダーをかけます。しかし、それでは納車に時間がかかってしまいますので、予め注文を見越して発注し、自社にストックしてある車のことを在庫車といいます。特に人気車種はその傾向にあります。

 

未使用車とは違って名義登録されていないので、「新車」に分類され、新車よりも納車が早く、かなりの値引きが可能です。

 

デメリットとしては、風雨にさらされた屋外駐車場で数ヶ月保管してあることですが、品質には全く問題ありません。また、在庫車を希望してもディーラーになければ買えませんので、あればラッキー!というような存在です。

 

 

展示車

展示車とは、ディーラーのお店に展示してある車のことです。

 

名義登録はされていないので、新車に分類されます。
分類上は新車ですが、多くの人に乗られたり、触られたりしているデメリットがあります。ただ、多くのお客さんにアピールするための車なので、グレードが高く、内装やオプションが豪華ということがあります。

 

展示車は未使用車ではありませんが、展示車を未使用車として販売しているお店もあるので注意が必要です。通常、新車よりもかなり値引きされて手に入れることができます。

 

新車購入時の注意

実は、新車を購入した際に、展示車が納車されることがあります!新品の車を心待ちにしてるのに、「手あかの付いた車」が納車されたら誰だって嫌ですよね(しかも展示車ということに気が付かない!)。なので、ディーラーにはあらかじめ「展示車は納車しないでね」とクギを差しておきましょう。

 

 

試乗車

試乗車は、ディーラーの新車販売のために登録された中古車です。

 

お客さんに試乗してもらう車で走行距離も1000キロを超えることもあり、上の3つとは違い完全に「中古車」です。

 

当然、上の3つと比べて一番割安ですが、少なくとも10人以上には乗車されているので、それを許容できるかどうかでしょう。また、車の価値は走行距離が長いほど下がりますが、実は「短い距離を進んだり止まったりする走り方」はエンジンやブレーキなどに負担がかかります。そういった意味で試乗車は、意外と劣化が進んでいます。

 

新車・未使用車の購入を考えている方は、「新しさ」が重要でしょうから、試乗車はその対象にはならないでしょう。

 

また、試乗車は未使用車ではありませんが、「未使用車」として販売されていることがあるので注意が必要です。

未使用車の購入の決め手になるもの

未使用車は新車よりも絶対に安いと思っていませんか?

 

実は、トータルでみると逆に未使用車のほうが高いということがあります。中古車ショップの店員さんに聞いた話だと、未使用車は安いという先入観で、値引きされた新車より高くても購入するユーザーが一定数いるみたいです。

 

このように本末転倒にならないためにも、新車と未使用車はトータルの価格で判断します。

 

新車と未使用車、同じグレード、カラー、オプションで見積もりを比較した時に、10万円程度の差だったら新車のほうが断然お得です。

 

なぜなら未使用車が10万円安くても、新車には値引きがあります!10万円以上値引きすることは難しくないため(最新車を除く)、この場合は新車に軍配が上がります。

 

未使用車は、車両本体価格は安くても、点検パックなどの諸経費を合わせると割高になることがあります。

 

つまり、未使用車の購入の決め手になるのは、値引きされた新車と価格を比較してどちらに価値を見出すかです。

 

新車と未使用車、どっちを購入するべき?

車一括査定ランキング

車の一括査定サイト解説

オークション代行サイト解説

車一括査定について

車買取店の解説

車を高く売るポイント

車の査定ガイド

車検について

中古車の購入について

新車について

新型車について

車の税金について

自動車ローンについて

カーシェアリングとリース

このページの先頭へ