ちょっと大げさなタイトルになってしまいましたが、カーセンサーで中古車を検討中の方には有益な記事かと思います(この記事は読み進むほど「濃い情報」を掲載しています)。

 

さて、カーセンサー[carsensor.net]の中古車販売店には「悪徳業者」が存在することをご存知でしょうか。「あのカーセンサーにおいてそんなことありえるの?」と思うかもしれませんが、実際に筆者も「あれ?これって悪徳業者かも‥」と思われる販売店に当たった経験が過去にありまして‥(後述)。

 

というわけで、この記事では中古車選びで「悪徳業者にあわないようにする方法」「品質の良い中古車を見つける方法」をご紹介します。

 

カーセンサーの悪徳業者って?

カーセンサーに掲載されている中古車は約41万台――。全国にある中古車販売店、個人経営店、ディーラーなどがこぞって販売しています。

 

しかし、わずかでありますが「悪徳業者(に近い販売店)」も混ざっているのでご注意を‥。最大手の中古車販売サイトだからといって安心ではありません。

 

前述のとおり、筆者も何度かカーセンサーで良さそうな中古車を見に行ったことがありますが、写真には写っていない場所に凹みや傷があったり、車内のニオイがきつかったり、強引に売ろうとしてきた業者がいました。

 

悪徳業者、とまでは言えないかもしれませんが、こういう業者もあるんです(その後、スバルの販売店で程度のいいレガシィを手に入れることができたので、カーセンサーはおすすめです)。

 

以下はカーセンサーでの事例ではありませんが、悪徳業者とはどういったことをする業者なのかを説明します。

ガチの悪徳業者がよくやる方法

  • メーターを戻して走行距離を短く見せる
  • 事故車なのに優良車認定
  • おとり車両がある(車を見に行くと「さっき売れました‥」と言って客を呼び込む)
  • 自動車取得税などの税金を多く取る

カーセンサーに掲載するには一定の審査・規約があるため、ここまで悪質な業者は存在しません。しかし、カーセンサーがすべて把握できているとも限りませんので一応ご注意ください。

 

中古車は「どの業者から買うのか」が重要!

さて、ここからが重要です!

 

よく中古車選びで大切なのは、車種、年式、走行距離、車の状態、予算などと言われていますが、筆者はこれに加えて『どの業者から買うのか』も検討材料に入れることを推奨しています。

 

中古車は新車と比べて『故障するリスクが高い』ので、できるだけしっかりした業者から買うのが鉄則です。

 

ではどの業者から買えばいいのでしょうか――。

 

もっとも信頼できるのは『正規ディーラー系』です。トヨタや日産などの自動車メーカーの正規販売店のことで、信頼性はトップレベル。次点で『大手販売店(ガリバー・アップルなど)』です。

 

これら販売店は割高ですが、整備もしっかりしていて保証もあるので、知らない店で買うよりは安心できます。

 

「でもお金ないし‥、安くてもいい中古車はあるんじゃないの?」

 

ごもっともです。

 

じつは中古車を検討中のユーザーは「安さ」を第一に考える傾向があります。もちろん安い中古車はお得感がありますが、万が一故障でもしたら、故障→修理→故障→修理、で結局「お金」も「時間」も多くかかってしまいます‥。

 

ましてや中古車は数十万円も出して何年も乗るものですから、安かろう悪かろうでは困ります。

 

筆者の結論として、少し高くてもディーラーや大手販売店で「年式10年以内」「走行距離10万キロ以下」のできるだけ状態の良い中古車をおすすめします(もちろん保証付きで)。

 

逆に「事故車や修復歴車」は故障する確率が高いので、安くても購入は避けましょう。

 

それと、中古車は実際に見てから購入するのが必須です。写真だけで購入するとあとで後悔する可能性大!ボディサイズが意外と大きい、トランクルームが小さい、運転席の視野が狭い、車内がタバコ臭い、エンジンルームがサビとホコリだらけ、ということもありえます。

 

また、販売店のスタッフの態度や話し方、店舗の雰囲気などもみて買うか判断したほうがいいでしょう。

 

中古車選びで迷ったら「カーセンサー認定車」がおすすめ

気に入った中古車が遠方で、どうしても見に行けない場合は「カーセンサー認定車」を選びましょう。

 

カーセンサー認定車

カーセンサーでこのアイコンがあれば認定書付き中古車

 

キズやヘコみなどが確認できます

評価点や車の状態が確認できます

 

カーセンサー認定車とは、中古車の品質を点数で評価したもの。車に詳しくない方でも、キズやヘコみなどの状態が把握できます。鑑定には業界で最も基準が厳しいと言われる「AIS」が行っているので、この認定書の信頼性は最高レベルです。

 

ネットに非公開の中古車をみつける裏技

カーセンサーの中古車には広告費がかかっている

中古車を買うには、主に「ガリバー」などの中古車販売店に出向いて買う方法と「カーセンサー」などの中古車検索サイトで買う方法の2パターンです

 

じつは、カーセンサーなどの中古車販売サイトは、中古車を販売しているのではなく、販売店の広告を掲載しているだけなんです。中古車雑誌の「カーセンサー」は皆さんご存知かと思いますが、その”インターネット版”といえばわかりやすいかと思います。

 

つまり、カーセンサーに掲載中の中古車は『広告費』がかかっているため、実店舗で販売するよりも価格は高くなっているのです!

 

続いて、”カーセンサーに掲載されていない”中古車の見つけ方をご紹介します。

 

中古車の70%は非公開!

インターネットや雑誌に掲載されている中古車は100万台近くありますが、それらはごく一部。ガリバーによると市場に出回っているのはわずか30%で、残りの70%は非公開とのこと。

 

非公開車両の中には、ほぼ新車と同様の未使用車(新古車)も数多くあります。新車と同じ品質なのに新車より10万円~20万円もお得に購入できます。保証も新車と同じです。

 

さらに、新車なら納期が1ヶ月以上かかるのが普通ですが、未使用車なら(すでに店頭に在庫があるので)1週間以内に納車が可能。新車か中古車か迷っている方は「未使用車」も検討することをおすすめします。

 

こういった品質の良い中古車は、わざわざネットや雑誌で宣伝せずとも売れるのでカーセンサーなどに掲載されていません。ですが、(ここだけの話)非公開の中古車を購入する方法はあります。

 

非公開の中古車は「ズバット車販売」で探せます

本来ならば、非公開の中古車はネット上に出回らずディーラーや中古車販売店でお得意様にこっそり取り引きされていますが、現在「ズバット車販売」というサイトでは、無料登録ユーザーに向けて優先的に非公開車両を紹介しています。

 

ズバット車販売

たった1分で完了する無料登録するだけで、カーセンサーなどの一般サイトには掲載されない『品質の良い中古車』を紹介してもらえます。

 

このサイト、中古車のプロが紹介してくれるので、「予算は決まっているけど、どの中古車にすればいいのか迷っている‥」という方でもOK!

 

もし未使用車が希望であれば備考欄に「未使用車を希望」などと記入すれば優先的に紹介してもらえます。

 

いい中古車はすぐに売り切れるとのことなので、カーセンサーで探す前にまずはこのサイトに登録してみてください。

 

まとめ

この記事では、カーセンサーで中古車を購入する際の注意点を記載しました。

 

車に詳しい方は欲しい車は決まっていて、車種や走行距離など自分でテキパキ選ぶことができますが、車に詳しくない方は「どの軽自動車がいいのかな?」「燃費が良くてコンパクトなのがいいけどどれを選べばいいの?」など、漠然としているかと思います。

 

そのような方がネットで検索して良い中古車に巡り会えることはなかなか難しいと思います。カーセンサーはほとんど良心的な販売店ばかりですが、中にはそうでない業者もいるので、「プロに探してきてもらう」という選択肢もありだと思います。先ほどのズバット車販売はそのような方にこそおすすめです。

おすすめの記事