トヨタルーミーとタンクの違いは?

ルーミーとタンクの違い

トヨタルーミーとタンクは、bBの後継モデル的な存在として2016年11月19日に登場しました。bBの後継モデル的な存在とはいっても、bBのようなどっしりとした威圧的な存在感は薄く、トールワゴンタイプの軽自動車を少しサイズアップしたイメージで、トールワゴンの軽自動車に見慣れた人からは違和感なく受け入れられるスタイルと言って良いでしょう。

 

実はこのクルマを製造しているのはトヨタではなく、軽自動車を中心にクルマを製造販売しているダイハツで、ダイハツからのOEM車として販売されています。そのためトールワゴンタイプの軽自動車を連想させるスタイルとなっているのでしょう。ちなみにダイハツではトールという名称で兄弟車が販売されています。

 

近年、このような自動車業界は業務提携が盛んに行われるようになっており、その流れの中でこのダイハツが製造したルーミーとタンクがトヨタから販売されるようになったわけです。

 

では、両者はどのような違いがあるのでしょうか。両者は兄弟車なので、基本的なデザインは外観、内装ともほとんど同じです。そのため見分けが付きにくいという方も少なくないようです。しかし、よく比較してみると、外観にいくつかの違いが見えてきます。

 

ルーミーのデザインテーマは「品格と艶やかさ」で、上質さを演出したデザインがなされています。それに対してタンクは「ダイナミックさとアグレッシブさ」がデザインテーマとなっています。両者を比較してみると、フロントマスクのデザインがかなり違います。ルーミーには奇抜さはなく、大きなラジエターグリルに、引き締まったヘッドライトが特徴です。そして左右のヘッドライトの上部がシルバーのラインで結ばれているのが特徴です。

 

それに対してタンクのラジエターグリルは現行型のカローラアクシオのような下の部分が長い台形のデザインとなっており、フォグランプが付いている部分がくるっと巻かれたように独立しています。また、リアランプの色が異なっており、ルーミーは赤色で、タンクは白(透明)です。デザインは共通です。

 

インテリアに関しては両者に違いはありません。ルーフを高くしているので頭上空間はもちろんのこと、ひざ元にも余裕があります。四角く大きなセンターパネルにはシフトレバーが付いており、ナビゲーションが設置できるようになっています。また、その上部には小さな情報モニターが付いていてアクセントになっています。

 

パワートレインも両者共通で、最高出力が69ps/6,000rpm、最大トルクが9.4kgfm/4,400rpmを発揮する1.0L直3気筒エンジンと、最高出力が98ps、最大トルクが14.3smを発揮する1.0Lターボエンジンが用意されています。ターボモデルの存在は、ライバル車のスズキ・ソリオに対して大きなアドバンテージとなっています。

 

燃費はノーマルエンジンモデルが24.6km/L、ターボエンジンモデルが21.8km/Lです。決して悪い数字ではないのですが、ソリオにはハイブリッドモデルがあり燃費は27.8km/Lと差が付けられています。

 

安全装備に関しては最新モデルらしくスマートアシストUが搭載されおり、非常に充実していると言えるでしょう。このスマートアシストUには、衝突回避支援ブレーキ機能や衝突警報機能、車線逸脱警報機能などがついており、ドライバーの安全を守ります。

 

さて、すでに述べました通り両者の違いはこの外観のデザインだけです。そのため気に入ったデザインを選べば良いということになります。ただ、デザインの差もよく見比べないとわからない程度なので、どちらを選んでも特に後悔することはないでしょう。