トヨタの中でも世界初となる量産型ハイブリッド専用車といえば、トヨタプリウス。

 

1997年に初代モデルが発売されて以来、長年に渡り販売台数第1位をキープし続けているハイブリッド車になります。

 

年間30万台以上売れ続けるプリウスは、若い世代から高齢者の方まで幅広い世代のユーザーを獲得していることもあり、世代を超えた一台としてトヨタを支える絶対的エース車です。

 

他にも、トヨタプリウスが売れ続ける理由はあるのか。年間販売台数、燃費性能、走行性能などについてまとめてみました。トヨタプリウスに興味がある方は是非参考にしてみましょう。

 

【なぜ売れ続けるの?】トヨタプリウスが高い人気をキープする3つの理由

1997年に世界初となるハイブリッド型乗用車として販売されたプリウスは、今では国内、国外に限らず絶大な人気を誇る車になりました。

 

その人気ぶりは1年間に約30万台以上販売する車となり、世代を超えた一台になっています。その他にもプリウスが高い人気をキープし続ける理由を3つ用意致しました。プリウスが気になる方は是非参考にしてみましょう。

 

プリウスの人気1:モデルチェンジごとに進化する性能の良さ

トヨタプリウスが人気な理由としてまず説明するのが、低燃費であることです。

 

現在販売している最新型のプリウスの燃費性能は、40.8km/Lと圧倒的な低燃費性能を誇ります。また、ブレーキやアクセルを踏み込んだ際に発生する熱エネルギーをバッテリーに変換させるハイブリッド機能も魅力的なポイントの一つ。

 

充電されたエネルギーの力でモーターを作動させることで、エンジンを作動させる時間を短縮することができ、無駄な燃費や排出ガス、ノイズを防ぐことができる環境に優しい車になります。

 

素早い走りを追求した時には、ドライブモード。燃費を重視したい時には、エコドライブモードなど、2つのモードを運転条件に合わせて切り替えられることもプリウスが高い人気を誇る1つの理由です。

 

プリウスの人気2:どんな世代でも必ずフィットするボディライン

プリウスは高級感のある見た目のボディラインの良さにも人気の秘密が隠されています。

 

スタイリッシュなボディフォルムから湧き出るクールな印象は、派手過ぎない落ち着いた印象を与え、ホワイト、ホワイトパール、シルバー、ブラック、レッド、ボルドー、フロスティーグリーン、ライトパープルの8種類のボディカラーの中から自分の好みの色を選べることもポイントの一つです。

さらにプリウスを改造したい、そんな考えをお持ちの方でもプリウスのカスタマイズ商品には、ライトのカラーやフォルム、ドアミラーカバーのカラー、さらにはエンブレムまで幅広いパーツが用意されています。

 

自分だけのプリウスにカスタマイズして運転を楽しむこともできる便利な車です。

 

プリウスの人気3:TOYOTAが提供する車の品質の良さ

プリウスに限ったことではないですが、TOYOTAといえば、日本を代表する三大自動車メーカーの一つです。

 

商品1つ1つの細かさや繊細さにこだわって作られた車からは、高い技術力と品質の良さを利用者に感じさせてくれます。

 

また、プリウスの安全装備では万が一の事故を予防するために搭載された最先端安全技術「ブレーキアシスト機能」や「LEDライト」を標準装備として追加しています。アフターサービスと製品一つ一つの品質の高さが売りのTOYOTAであるからこそ、プリウスが売れ続ける理由に繋がっています。

 

トヨタプリウスだけにしかない5つの特徴

トヨタプリウスには他の車にはない特徴的なポイントが5つあります。以下で紹介するプリウスの特徴はどれもプリウスが人気をキープする理由の1つです。一つ一つ詳しくみていきましょう。

 

トヨタプリウスの特徴1:ハイブリッドを生かした低燃費性能

トヨタプリウスの一番の特徴といえば、燃費性能の良さです。現時点で販売している最新型のプリウスの戦費(WLTCモード)は40.8km/Lと国産車の中で最高水準を誇る数値を記録しています。(40.8km/Lの燃費は最廉価グレードの「E」の燃費です。)

 

燃費ランキングを比較しても、37.2km/Lの燃費性能を誇る日産ノートと比べて燃費数値の違いが明らかになるのではないでしょうか。燃費面では最高水準を誇る車になっています。

 

トヨタプリウスの特徴2:エンジン騒音が少なく静寂性に優れている

プリウスはエンジンとモーターの両方を使って運転しますが、プリウスの中でもハイブリッドカーモデルになると、EVモードと呼ばれるモーターのみで走行するシステムがあります。

 

EVモードでは完全な電気自動車になっており、主な騒音であるエンジン音がなくロードノイズや車外の音が聞こえるぐらいにエンジン騒音が静かになるのが特徴的なポイントです。

 

トヨタプリウスの特徴3:エコカー減税対象車

プリウスでは自動車税と自動車取得税、自動車重量税の費用を減税、免除措置が受けられるエコカー減税対象車という特徴を備えています。

 

費用項目 減免割合 減免額 期間
自動車税 75%減税 29,500円 購入翌年度のみ適用
自動車取得税 免税 67,300円 新車購入時
自動車重量税 免税 22,500円

×2

新車購入時および3年後の車検時

その後は50%減税

合計 141,800円

 

自動車取得税については新車購入時のみの、重量税は購入翌年度の1回だけの減税となっていますが、購入者が負担する費用を少しでも減らせるだけでも嬉しいことですよね。プリウスを選ぶだけで約10万円もの金額が減税できてしまいます。

 

トヨタプリウスの特徴4:ハッチバックタイプで使いやすさMAX

プリウスのスタイルは、セダンタイプのハッチバック型であることから、荷物の積み下ろしがしやすく、室内空間を広く利用できる特徴があります。

また、ハッチバック型ならではの特徴である、後部座席を倒せることで大きな荷物や長物でも積荷可能です。

 

トヨタプリウスの特徴5:バッテリーに寿命があり、交換が必要

プリウスははハイブリッド型の駆動バッテリーを使って車を走行させます。

 

車のバッテリーは少しづつ劣化していき、貯められる電力量や電圧が減少していきますので、バッテリー交換が必要になる特徴があります。

 

プリウスのバッテリー交換には約20万円ほどの修理費用がかかってしまい、サラリーマンの方なら1ヶ月分の給料がなくなることも考えられます。

 

ハイブリッドカーは一見、燃費性能が良いイメージがありますが、バッテリーなどの交換部品の費用が高いことも頭に入れておきましょう。

 

トヨタプリウスが売れ続ける理由のまとめ

今回はトヨタプリウスが売れ続ける理由や人気をキープし続ける理由について詳しく解説してきました。この記事の内容をまとめると以下の5つのポイントが挙げられます。

 

プリウスが売れ続ける5つのポイント

・トヨタプリウスは世界初となる量産型ハイブリッド専用車であり、1年間に約30万台以上販売する車となり、世代を超えた一台・他の車を寄せ付けない40.8km/Lという圧倒的な低燃費性能

・スタイリッシュなボディフォルムから湧き出るクールな印象は、派手過ぎない落ち着いた印象を与え、どの世代から人気の高い一台

・プリウスでは自動車税と自動車取得税、自動車重量税の費用を減税、免除措置が対象に

・バッテリーの劣化には注意が必要

トヨタプリウスには他の車を寄せ付けないほどの燃費性能と走行性能の良さを備えた車として、これまで300万台以上販売台数を記録する人気車です。

 

40.8km/Lの低燃費性能や静寂性の高い室内空間があなたのカーライフをより楽しく、充実したものに変えてくれるでしょう。

 

国内で一番の販売台数と人気を誇る理由には、たくさんの証拠がありますね。