新車と未使用車(新古車)、結局どちらを購入するべきなのでしょうか?

新車の魅力は、自分の好きなグレード、カラー、インテリア、装備などを付けられるところです。価格は高いですが満足度も高いですね。

未使用車は、ディーラーが注文したカラー、インテリア、装備の車です。オーディオやカーナビが付いてないこともあります。それらの条件に納得できれば、納車も早いのでお得に買うことができます!

要するに、高くても自分でカスタムした新車に価値を見出すか、それとも既製品でも新車同様の車を安く購入するか、どちらに魅力を感じるかですね。

この記事は以下の方におすすめ

  • 新車か未使用車どっちにするか迷っている
  • お得な未使用車はどこに売っているか知りたい
  • 未使用車、在庫車、展示車の違いを知りたい

未使用車、在庫車、展示車、試乗車の違い

新車にするか未使用車にするか迷っている方もいるかと思いますが、お得に買える車としては、在庫車展示車試乗車など選択肢はいくつかあります。

それでは、未使用車、在庫車、展示車、試乗車の違いと、メリット・デメリットを見ていきましょう。

 

未使用車(新古車)

未使用車とは、ディーラーが名義登録しただけの中古車のことです。

分類上は中古車ですが、誰も乗っていないのでほとんど新車です。既製品のため、グレード、ボディカラー、メーカーオプションなどは選べませんが、納車が早く(約1~2週間)、新車よりも安く購入できます。

矛盾するようですが、新車と比較した時に、ほとんど価格が変わらないこともあるので、同じ条件できちんと見積もりを比較することが重要です。メーカー保証も新車と同じく3年間です。

デメリットは、車検が新車と比べて短いことです。車検期間というのは、名義登録された時点でスタートしますので登録から数ヶ月経過している未使用車はその期間だけ車検が短くなります。

ちなみに、未使用車新古車は同じ意味です。以前は新古車という言葉が使われていましたが、新車なのか中古車なのか区別がつきにくいとのことで、未使用車に統一されました。

在庫車

ディーラーにストックしてある新車のことを在庫車といいます。

新車ディーラーは、ユーザーの注文があった時点でメーカーに製造オーダーをかけます。しかし、それでは納車に時間がかかってしまいますので、予め注文を見越して発注し、自社にストックしてある車のことを在庫車といいます。特に人気車種はその傾向にあります。

未使用車とは違って名義登録されていないので、「新車」に分類され、新車よりも納車が早く、かなりの値引きが可能です。

デメリットとしては、風雨にさらされた屋外駐車場で数ヶ月保管してあることですが、品質には全く問題ありません。また、在庫車を希望してもディーラーになければ買えませんので、あればラッキー!というような存在です。

 

展示車

展示車とは、ディーラーのお店に展示してある車のことです。

名義登録はされていないので、新車に分類されます。分類上は新車ですが、多くの人に乗られたり、触られたりしているデメリットがあります。

ただ、多くのお客さんにアピールするための車なので、グレードが高く、内装やオプションが豪華ということがあります。

展示車は未使用車ではありませんが、展示車を未使用車として販売しているお店もあるので注意が必要です。通常、新車よりもかなり値引きされて手に入れることができます。

新車購入時の注意

実は、新車を購入した際に展示車が納車されることがあります!新品の車を心待ちにしてるのに、「手あかの付いた車」が納車されたら誰だって嫌ですよね(しかも展示車ということに気が付かない!)。なので、ディーラーにはあらかじめ「展示車は納車しないでね」とクギを差しておきましょう。

試乗車

試乗車は、ディーラーの新車販売のために登録された中古車です。

お客さんに試乗してもらう車で走行距離も1000キロを超えることもあり、上の3つとは違い完全に「中古車」です。

当然、上の3つと比べて一番割安ですが、少なくとも10人以上には乗車されているので、それを許容できるかどうかでしょう。

また、車の価値は走行距離が長いほど下がりますが、実は「短い距離を進んだり止まったりする走り方」はエンジンやブレーキなどに負担がかかります。そういった意味で試乗車は、意外と劣化が進んでいます。

新車・未使用車の購入を考えている方は、「新しさ」が重要でしょうから、試乗車はその対象にはならないでしょう。

また、試乗車は未使用車ではありませんが、「未使用車」として販売されていることがあるので注意が必要です。

 

未使用車の購入の決め手になるもの

未使用車は新車よりも絶対に安いと思っていませんか?

実は、トータルでみると逆に未使用車のほうが高いということがあります。中古車ショップの店員さんに聞いた話だと、未使用車は安いという先入観で、値引きされた新車より高くても購入するユーザーが一定数いるみたいです。

このように本末転倒にならないためにも、新車と未使用車はトータルの価格で判断します。
新車と未使用車、同じグレード、カラー、オプションで見積もりを比較した時に、10万円程度の差だったら新車のほうが断然お得です。

なぜなら未使用車が10万円安くても、新車には値引きがあります!10万円以上値引きすることは難しくないため(最新車を除く)、この場合は新車に軍配が上がります。

未使用車は、車両本体価格は安くても、点検パックなどの諸経費を合わせると割高になることがあります。

つまり、未使用車の購入の決め手になるのは、値引きされた新車と価格を比較してどちらに価値を見出すかです。

 

未使用車はどこに売ってる?

ところで、未使用車はどこで売ってるか知ってますか?

未使用車は新品同様の「中古車」なので、中古車販売店に売ってます。特にディーラー系のお店が狙い目です(トヨタ U-carなど)。

ガリバーなどの中古車販売店は、安さを売りにしてるところが多いのですが、ディーラー系の販売店は未使用車、試乗車、展示車など割高でも高品質な車両を取り扱っています。

他にも、未使用車専門店というのもあります。これは、ディーラーに新車を大量注文し(50~100台)、大幅に値引きされた新車を未使用車として転売しているお店です。

ディーラーは新車がたくさん売れるので願ったり叶ったりですし、専門店も安く仕入れられるので、お互いにWin-Winの取り引きになっています。これが未使用車が世間に出回る要因の1つとなっています。

また、新車ディーラーに未使用車を紹介してもらうこともできます。

 

非公開の未使用車を探すには?

実は、ネットに上がっている中古車情報は全体の約30%程度だと言われていて、あとの70%は非公開車両で、一般のユーザーが目にすることはありません。

例えば住宅でもそうですが、「SUUMO」のような物件検索サイトは、すべての物件が掲載されているわけではありません。いい物件は表に出ることはなく、いち早く情報をゲットした人が購入しているのです。

住宅の非公開物件というのは聞いたことがあるかもしれません。希望の物件を登録すれば、非公開物件をメールなどで紹介してくれるサービスです。

実はこれ、中古車にもあるんです!非公開車両を探すにはなびくる+(プラス)がベスト。

なびくる+とは、ネットに掲載されていない非公開車両の中から、希望の車を探し出してくれる無料サービスです。

非公開の未使用車も多数あるので、一般ユーザーよりもいち早く情報をゲットできます。未使用車を希望する場合は、備考欄に「未使用車を希望」などと入力すればOKです。

カーセンサーよりも品質の良い中古車を探すことができます。無料なので一度お試し下さい。

 

ネットで未使用車を探す方法

インターネットで未使用車を探す場合は、カーセンサーGoo-netなどが便利です。

例えば「トヨタ 未使用車」などと検索すれば一覧で出てきます。ネットで購入する注意点として、「未使用車」と記載されていても走行距離100キロ以上の「試乗車」の場合があるので、事前に「試乗車ではないこと」を確認しましょう。

試乗車は、普通の中古車より走行距離が短く、価格も安いのでお得ではありますが、不特定多数の人が乗っている車ということをお忘れなく。

 

今乗ってる車を高く売るには?

新しく車を購入するときに、いま乗っている車は売却するかと思います。

ディーラーに下取りに出す、買取店に売却、といった方法ががありますが、高く売るには、多くの買取店の見積もりを比較する必要があります。

なぜなら、買取額というのは買取店によってぜんぜん違うからです。

ガリバーでは50万円でも、カーセブンでは80万円で買い取ってくれることも。今乗ってる車が高く売れれば、新しく買う車が大幅に値引きされるようなものですから、見積もりを比較することはとても重要です。

無料で見積もりを比較するには、車一括査定がおすすめ!一度の申し込みで複数の買取店の査定額を比較することができます。

車一括査定サイトは、登録されている買取店の数が一番多い、カーセンサーがおすすめです。

 

おすすめの記事