軽自動車の販売台数はもちろん、2017年から2018年にかけて国内総合販売台数第1位を記録した車といえば、ホンダN-BOX。

 

国内で販売されている200車種以上の中でも、ホンダN-BOXの人気に勝る車はありません。月日を重ねることに販売台数と人気を高めるホンダN-BOXですが、最近ではフルモデルチェンジを行なったことで100万台を突破するメガヒット車にグレードアップしました。

 

ホンダN-BOXの人気の裏には何があるのか。燃費や室内空間の広さ、走行性能はどうなのか。ホンダN-BOXの人気の秘密について徹底解説していきます。

 

ホンダN-BOXが人気な理由が気になる方は是非参考にしてみましょう。

 

年間売り上げランキング第一位【ホンダN-BOX】

2016年に全国軽自動車協会連合が発表した「軽四輪車通称別格新車販売台数(11月)」でホンダN-BOXは売り上げランキング第1位を獲得しました。

 

1位 N-BOX(ホンダ)1万4813台
2位 ムーヴ(ダイハツ)1万3201台
3位 タント(ダイハツ)1万0279台
4位 デイズ(日産)7705台
5位 アルト(スズキ)7237台
6位 N-WGN(ホンダ)6736台
7位 ハスラー(スズキ)6368台
8位 スペーシア(スズキ)5970台
9位 ワゴンR(スズキ)5825台
10位 ミラ(ダイハツ)5241台

 

2016年11月のランキングだけですが、上記の表からもホンダN-BOXが販売台数第1位を記録する軽自動車ということがわかりますね。

 

使いやすさと室内空間の広さなどの運転のしやすさを重視するからこそ、高い人気を誇る車ということがわかります。

 

【なぜ人気?】ホンダN-BOXが高い人気をキープする3つの理由

ホンダN-BOXが多くの世代の方に人気があるのはなぜでしょうか。ホンダN-BOXが長年に渡り販売台数を第一位をキープする理由には3つのポイントがありました。ホンダN-BOXが高い人気をキープし続ける3つの理由について詳しくみていきましょう。

 

ホンダN-BOXの人気理由1:広大な室内空間

ホンダN-BOXが高い人気をキープする理由について1つ目に考えられる理由には、広い室内空間があります。ホンダN-BOXはエンジン部分を最小限の大きさに抑えることで、ホイールベースが伸び、軽自動車の中では最大級の室内空間を生み出しています。

 

さらに燃料タンクを前席の後ろの下に搭載することで余分なスペースがなくなり、後席の居住空間と荷室容量を最大限に広くしました。

 

ボディサイズに制限がある軽自動車の中で背が高い方でも楽々に乗車できる室内スペースの広さは、多くの方を購買意識に変えており、高い人気をキープする一つの理由です。

 

ホンダN-BOXの人気理由2:エクステリアデザインの美しさ

ホンダN-BOXが高い人気をキープする2つ目の理由には、エクステリア(外観)のデザインが関係しています。

 

ホンダN-BOXは室内空間だけに優れている車ではありません。シンプルで見栄えの良いフロントマスクや水平基調なデザインで短いボンネットと長いルーフのバランスが取れたエクステリアは見るものを魅了してしまうような美しさがあります。

 

軽自動車と聞くと機能性や燃費性能にこだわる方が多いかもしれませんが、ホンダN-BOXでは車の性能に加えて、外観デザインでも十分に楽しめる一台です。まさに軽自動車の常識を変えた車ですね。

 

ホンダN-BOXの人気理由3:パワフルなのに低燃費

ホンダN-BOXはパワフルな普通自動車のようなパワフルなエンジン性能を備えながらも、低燃費車として人気があります。

 

ホンダN-BOXのプラットフォームには、軽量化とコンパクトなエンジン機能を重視したこともあり、26.5km/Lという低燃費を実現している車です。

 

ホンダN-BOXには室内空間を重視した幅広いタイプもありますが、燃費水準を十分に満たす車としても人気があります。

 

ホンダN-BOXが運転者に与える4つの価値観

ホンダN-BOXが利用者に与える独自の価値観には以下の4つが挙げられます。ホンダN-BOXならではの価値観をじっくり確認していきましょう。

 

ホンダN-BOXの価値観1:ライバル車も寄せ付けない内装の上質感

ホンダN-BOXには、ダイハツタントやスズキスペーシアなどのライバル車を寄せ付けない内装の上質感があります。

 

インパネやシートの質感もどれも軽自動車とは考えられないような一級品。さらにメーターパネルでは、インパネの最上部に装着されることで、ちょうどよい立体感を与えることで視界が良好に保てるようになっています。

 

ホンダN-BOXの価値観2:後席の座り心地にとことん追求

軽自動車の中で、後ろ座席の座り心地は、欠点になりやすいポイントでもありますが、ホンダN-BOXではシート作りにとことん追求しています。

 

運転席だけではなく、後ろ座席のシートもまるで体を包み込んでくれそうなフィット感があり、ゆったりとくつろげるスライド機能がシートの性能を最大限に発揮させています。

 

ホンダN-BOXの価値観3:ホンダ独自の最先端技術「ホンダセンシング」を採用

ホンダN-BOXでは、最先端安全技術である「ホンダセンシング」を搭載していることも価値観の一つです。

 

歩行者や車両を車が検知して緊急自動ブレーキを作動させる機能は、今では常識になっていますが、ホンダセンシングでは電動パワーステアリングの制御でも回避操作として促してくれる優れものになります。またN-BOXには、車線の中央を走れるように、電動パワーステアリングを制御する機能も備えました。

 

ホンダN-BOXの価値観4:充実した安全性能がドライバーを徹底サポート

ホンダN-BOXでは前方車両との衝突を自動ブレーキで回避、軽減する「シティブレーキアクティブシステム」や急発進の防止支援機能など安全性能に優れていることもN-BOXが利用者に与える独自の価値観です。

 

平成27年自動車アセスメントの予防安全性能評価においては、最高ランクとなる「ASV++」を獲得するなど、万が一の事故を予防、軽減する安全機能が十分に備わっています。

 

N-BOXが高い人気を誇る秘密についてのまとめ

今回はホンダN-BOXの人気の秘密やホンダN-BOX独自の価値観について解説してきました。この記事の内容をまとめると以下の4つのポイントが挙げられます。

 

N-BOXが人気の4つのポイント

・ホンダN-BOXは国内販売台数第一位を記録する大ヒット軽自動車

 

・低燃費性能でありながら大人4人でもゆったり乗車できる室内空間の広さもポイント

 

・エクステリア(外観)デザインの美しさが自慢

 

・予防安全性能評価においては、最高ランクとなる「ASV++」を獲得するなど、万が一の事故を予防、軽減する安全機能が十分に備わっている

 

国内で軽自動車ブームが到来している中、ホンダN-BOXは販売台数第一位をキープし続ける車です。高い人気をキープし続ける理由には、低燃費性能や室内空間の広さ、安全性能の高さなど様々な理由がありました。

 

運転が苦手な方や高齢者の方など、利用者の条件に合わせて柔軟に対応できることもホンダN-BOXが高い人気を誇る理由の一つです。

 

ホンダN-BOXの人気の秘密を理解した上で、是非ホンダN-BOXを購入してみましょう。

低燃費と優れた安全性能を備えた車、ホンダN-BOXをおすすめします。