車のリースとは?個人向けのカーリースのメリット・デメリット

個人向けカーリースのメリット・デメリット

カーリースとは、新車をリース会社が購入し、2〜5年の期間ユーザーに貸し出すサービスです。マイカーリースとも呼ばれます。

 

ユーザーは新車の購入代金を節約できるほか、自動車税や自動車重量税などの各種税金、車検費用、メンテナンス費用もリース料に含まれるため、支払いがシンプルになるメリットがあります。

 

基本的にカーリースは法人や個人事業主が「節税」のために利用します。これはなぜかというと、法人で車を購入した場合、「資産」として計上する必要がありますが、リースであれば「全額経費」にできるからです。ただ、個人向けカーリースにもメリットはあります。

 

個人向けカーリースの商品としては、「オリックス自動車のいまのりくん」や「コスモ石油のMyカーリース」などがあり、頭金なし、初期費用なし、毎月のリース料金だけですべての国産車に2〜3年乗ることができます。

 

 

個人向けカーリースが向いている人は?

ここからは個人向けカーリースについて解説していきたいと思います。
まず、カーリースは以下の項目に当てはまる方に向いています。

 

車は2〜3年で乗り換える
車の所有にはこだわらない
年間1万キロ以下しか乗らない
最初にまとまったお金がないけど新車に乗りたい
新車ディーラーで交渉して購入するのが面倒

 

2つ以上当てはまれば、個人向けカーリースを利用してもいいかもしれません。
逆に、カーナビやオーディオなど自分好みに改造したい方、車は自分の所有物にしたい方、高速を使ってしょっちゅう遠出する方、には向いていません。

 

それでは、個人向けカーリースのメリットとデメリットをみていきましょう。

 

メリット(1)初期費用が節約できる

頭金0円で利用できるので最初の出費を抑えることができます。ディーラーの新車をローンで購入する場合、頭金や諸経費などで初期費用は数十万円と負担が大きいですが、カーリースであれば5万円以下のリース料だけで新車に乗ることができます。

 

 

メリット(2)月々のリース料はカーローンよりも安い

新車をローンで買ったほうが安くなるのでは?と思われるかもしれません。これは一概にそうとも言えません。
カーローンは、あらかじめ数年後の下取り価格を設定し、その価格を本体価格から差し引いた金額がリース料になりますので、月々の支払いはカーローンよりも安くなる可能性があります。

 

あらかじめ下取り価格を決めることを「残価設定」といいます。
具体的なリース料の決まり方は以下のようになります。

 

<5年リースの場合>
(車両価格300万円) - (5年後の下取り価格150万円) = リース料:150万円+車検+税金など
下取り価格が高ければ高いほどリース料は安くなります。

 

ただし、この下取り価格はあくまでもリース会社の見込みです。5年後に150万円で売れるとは限りませんので、高くなることもあれば安くなることもあります。リース会社によっては、残価設定よりも安い場合は差額を請求されることがあります。

 

では実際のリース料はいくらになるのでしょうか。計算してみました。
例えば、トヨタのC-HRという車種をオリックス自動車のカーリース(いまのりくん)に申し込むと、

 

車種:トヨタ「CH-R」

グレード:S

オプション:カーナビ、バックカメラ、ETC付

頭金:0円

月々のリース料:5万2,812円(税込)/5年契約(※2年経過で返却可)

(52,812円×60ヶ月)=316万8,720円/5年総額

 

5年総額で約316万円となります。

 

比較するためにトヨタのWEBサイトで「C-HR」の見積もりを出してみました。
同じC-HR、グレードS、カーナビを付けて、297万6,157円でした。
したがって、カーリースの方が約20万円高い結果になりました。

 

20万円も!?と思うかもしれませんが、リース料には車体本体価格だけでなく、さまざまな費用が含まれていることを忘れてはいけません。

 

<リース料に含まれる費用>

  • 車体本体価格
  • 車検費用
  • 自動車税
  • 新車登録手数料

 

これらがすべてセットになった価格です。ザックリ計算すると車検費用が約10万円、自動車税は(39,500円×5=19万7500円)で約30万円以上になります。

 

逆に言えば、ディーラーで新車を購入したら車両本体価格に加えて、(5年乗るなら)最低でもあと30万円の費用がかかることになります。

 

とはいえ、実際には、トヨタの見積もりはローンの金利を含んでいない金額なので金額差は目安ですが、カーリースのトータルコストは悪くないでしょう。

 

ちなみに、いまのりくんは5年契約ですが2年で返却できます(もちろん解約料なし)。上記のC-HRならば2年の総額はもっと安くなって、(52,812円×24ヶ月)=126万7488円です。