「車がほしいけど、維持費がかかるよね‥レンタカーでもいいと思うんだけど、もっと違う方法ないのかな」

 

クルマに毎日乗らないなら「カーシェアリング」がおすすめだよ。

 

カーシェアリングね。「確かにマイカーと比べて「維持費」や「税金」は安くなりそうだけど、具体的にどのぐらいオトクなの?」

 

それじゃ、「カーシェアリング」と「マイカー」どちらがお得なのか詳しく解説するね!

 

カーシェアリングとは

カーシェアリングとは、登録をした会員同士で、自動車を共有するサービスのこと。よくレンタカーと比較されますが、長期的に使うならカーシェアリングが断然オトクです。

 

レンタカーは毎回手続きが必要になりますが、カーシェアリングは「手続きが不要」かつ「レンタカーより安く」利用できます。

 

カーシェアリングのメリット

  • 24時間いつでも利用できる
  • 税金、ガソリン代、保険料、駐車場代が不要
  • レンタカーより安い
  • 気分によって車を変えられる

 

では、自家用車を持っている人と比較するとどうでしょうか。

 

カーシェアリングと自家用車を比較

カーシェアリングと自家用車を、価格や税金などで比較してみました。

 

カーシェアリング 自家用車
車の価格 負担なし 約100万以上
月額負担 1000円 不要
喫煙
私物 置けない 置ける
税金負担 不要 あり
保険料金負担 不要 あり
ガソリン代 不要 あり
距離料金 約20円程度/km 不要
駐車場代金 不要 あり
改造 自由
ペット乗車 自由

 

この比較でわかることは、カーシェアリングは「保険料、税金、ガソリン代、駐車場代の負担がない(0円)」けど、タバコ吸えない、ペット不可、私物が置けない、カスタムができない、ということ。

 

自家用車は金額的な負担は大きいものの、自由が許されているのが特徴ですね。どちらを優先するかは運転手のライフスタイルによって違ってきますね。

 

カーシェアリングとマイカーの価格比較

ここでは、[ノート]、[N-BOX]を新車として購入した場合と、カーシェアリングを比較してみました。

 

自家用車(ノートe-POWER X) 軽自動車(N-BOX) カーシェアリング
本体価格 2,070,360円 1,385,640円 0円
無料お試し 無し 無し あり
月額利用料金 無し 無し 約1000円/月
駐車場代 約8000円(全国平均) 約8000円(全国平均) 無し
任意保険 約8万円 約5万円 無し
税金 42,000円 13,300円 無し
走行距離費 無し 無し 約20円/km
車検代 4万円/年間(車検は2年に一度) 約2.5万円/年間 無し
消耗品など諸経費 約1万円 約1万円 無し

 

年間の支出は圧倒的にカーシェアリングがオトクですね。

では、10年間使用した場合のランニングコストはどうでしょうか。

 

自家用車(ノートe-POWER X) 軽自動車(N-BOX) カーシェアリング
本体価格 2,070,360円 1,385,640円 0円
月額基本料金 無し 無し 約12万円
無料利用分 無し 無し -約12万円
利用料金 無し 無し 約295万円
駐車場代 約96万円~360万円 約96万円~360万円 0円
任意保険 約80万円 約50万円 無し
税金 約42万円 約13万円 無し
ガソリン代(130円/l) 約65万円(実燃費20km/l、10,0

00km/年)

約86万円(実燃費15km/l、10,000km/年間) 無し
走行距離料金 無し 無し 2,000,000円(10,000km/年)
車検代金 約40万円 約25万円 無し
消耗品など諸経費 約10万円 約10万円 無し
合計 5,400,360円~8,040,360円 3,825,000円~6,465,000円 4,950,000円

 

上記はあくまでも一例ですが、10年間でもカーシェアリングの料金はオトクです。走行距離や利用時間が少なければ、上記よりももっと安くなります。

 

カーシェアリングを利用がおすすめな方

車を必要とする人の中でも、カーシェアリングを利用したほうがいい人は以下のような人です。

 

①車にかかる諸費用を抑えたい人

車を所持すると必ず、税金・駐車場代・ガソリン費など諸経費が必要になります。カーシェアリングにした場合、その諸費用が不必要になります。車は必要だけど、そんなに毎日乗らない、週末乗ることが多いなど、車を必要とする頻度が低めな人にはよい選択肢になります。

 

特に、都会に住居を構えている人は駐車場の確保が難しい事が多いですよね。都会では駐車場代だけで、3万円必要なところもあります。都会で車を所持するならカーシェアリングがオススメです。

 

②保険や車検などがめんどうな方

車は掃除から、洗車、ワックス掛け、自動車保険、車検の更新など、自分でやることは意外に多いものです。それが、めんどくさく感じる人は、ほぼ全部任せれるので助かります。

 

③いろんな種類の車に乗ってみたい方

一度は高級車に乗ってみたい、でも買えないと思っている人にはチャンスです。服を着かえるように車もお着換えしてみてもいいでしょう。

 

自家用車を買ったほうがいい方

以下の方はマイカーを購入したほうが幸せになれます。

 

①毎日必ず車が必要

毎日の通勤で長時間乗る人は、断然カーシェアリングよりも自家用車を持ったほうがいいでしょう。

 

②車を自分好みにカスタマイズしたい人

カーシェアリングでは絶対にできない、自分好みにカスタマイズした車に乗りたい人。

 

③タバコを車で吸いたい人

カーシェアリングでは、タバコは厳禁です。中には、電子タバコなら大丈夫なサービス会社もあるのですが、タバコが許可されているサービス会社としてはまだまだ少ないです。

 

④離島・山奥に住居を構えている人

離島や山奥に住んでいる地域では、サービスが提供できないこともあるのと、地域の道路環境に沿った車種を使った方が良い場合があります。どこまでの地域までサービス提供できるのか確認が必要ですね。

 

おすすめのカーシェアリング会社

タイムズカープラス

タイムズカープラスは、国内最大級のカーシェアリング。駐車場のタイムズで有名な会社が運営しています。

 

初期費用としてカード発行料金の[ 1,550円 ]が必要です。このカードで車を施錠・解除します。個人・家族プランで[ 月額1,030円 ]が基本料金です。あと追加で必要なのが、ベーシッククラス15分206円、プレミアムクラス15分412円追加のみです。

 

ノート・N-BOXはベーシッククラスなので、共に利用料金15分206円(1時間824円)でした。

 

タイムズカープラスで特徴なのが、距離数で利用料金が決まるのではなく「時間」なところです。補償制度も基本料金に含まれており、事故のときにも安心です。しかも、給油や洗車を自分で行うとそれぞれ15分相当の料金が割引されます。

 

カレコ・カーシェアリングクラブ

こちらのサービスでは6時間以内の予約・利用の場合は距離料金がかからないのが特徴です。6時間以内の場合、開始時間から返却時間までが課金対象になります。

 

サービスを利用するための月会費は980円+時間料金(6時間以内の利用は10分130円)または、6時間を超える利用料金は16円/kmになります。18時から翌9時までの、夜間お得パックもあります。

 

また、数ヶ月に1回利用する人向けの月会費無料プランもあります。この場合は、利用料金プラス距離料金が必要費用となります。

 

オリックスカーシェア

こちらでは、月額基本料金+時間料金+距離料金-サービス料金とシンプルなシステムです。月額基本料金は980円、時間料金は15分200円です。加えて、ライフスタイプに合わせて選べるプランがたくさんあります。

 

初期費用は980円ですが、たくさん利用される方には月額基本料金が無料になる特典もあります。

 

まとめ

今回は、自家用車とカーシェアリングについて調べてみました。カーシェアリングを利用した方がお得な人もいるし、自家用車を持った方が運転手にとってメリットがある人もいる事が分かりました。

 

車にかかる維持費を節約したいなら、カーシェアリングがお得です。でも、それ以上に個人の希望を叶えたいのなら自家用車をオススメします。

おすすめの記事