車一括査定より、カープライスで売るほうが25%高く売れる?

カープライスの特徴と評判

車一括査定のデメリットを排除するような「画期的な中古車買取サービス」がはじまっています!それがカープライスのオークション中古車買取システム。

 

一括査定で売却するよりも、25%も高く売れるというこのサービス、関東近郊にお住まいの方にはかなりオススメのサービスです。

 

車一括査定を凌駕する中古車買取システム

まずは、カープライスのメリットを見る前に、車を売るときの問題点を挙げましょう。

 

車を売るユーザーの約半分は新車ディーラーに下取りとして売却しています。あとの半分は一括査定を利用して中古車買取店に売却しています。少数ですがネットオークションに直接売却しているユーザーもいます。この3つが一般的な車の売却方法です。

 

<3つの方法の問題点>

・ディーラー下取りは買取店と比べて価格が落ちる

・一括査定はたくさんの電話がかかってきたり、買取店とのやり取りが大変

・ヤフオクなどのオークションは、個人間の取り引きなためトラブルがある

 

この3つの問題点をすべて解決するのが「カープライス」です!

 

 

<カープライスの特徴、メリット>

ユーザーの車をオークションに出品し、高値で売却するサービス!

買取店に直接売却するため中間マージンがかからず高く売れる!

複数の中古車買取店とのやり取りが不要!

大量に電話がかかってこない!

 

 

簡単にいうと、「オークションに出品してくれる車買取サービス」になります。オークションと言ってもヤフオクではなく、カープライスの独自オークションで、国内の買取店に限らず海外の買取店も参加しています。査定はカープライスの査定士が行い、すぐにオークションに出品、30分以内に落札が完了するので、その金額を確認して売却という流れになります。東京近郊であれば無料で出張査定が可能です。

 

 

このサービスをはじめたのが「カープライス株式会社」。この会社は海外で人気急上昇中の中古車買取サービス(B to B to C)を国内で初めて開始しています。

 

<B to B to Cとは?>

何やら聞きなれない言葉ですが、

企業と企業の取り引きを「B to B」(Business to Business)、

企業と消費者間の取り引きは「B to C」(Business to Consumer)と呼ばれています。

したがって、「B to B to C」とは、(Business to Business to Consumer)、

企業と企業と消費者間の取り引きになります。

 

つまり、カープライスの「B to B to C」は、ユーザーと中古車買取店のマッチングシステムで、簡単に表すと以下のようになります。

 

[車を売る人](カープライス)[中古車買取店]

 

 

申し込みから売却までの流れ

カープライスに申し込みをしてから査定、売却までの流れは以下の5つ。

 

(1)車の情報を入力し、査定額を確認

(2)インターネット、または電話で査定日時を連絡

(3)カープライス店舗、または自宅で査定

(4)オークションに出品、30分以内に落札

(5)落札価格に納得できれば売却(※無料でキャンセル可能)

 

 

[結論]車一括査定とどっちがいいのか?

ズバリ、東京近郊の方であればカープライスをおすすめします。

 

カープライスのデメリットは東京周辺にしか店舗がない、という1点のみ。申し込みから売却するまで1日で完了するので、時間的にも一括査定より短時間で済みます。ただし、買取価格に関しては一括査定よりも高いとは限らないので、落札価格を見て判断するしかないですね。価格に納得できなければ無料でキャンセルできるので、一度査定してもらってもいいかもしれません。

 

カープライス公式サイトはこちら