車の査定基準は3つある!査定額の決まり方

車の査定基準は大きく分けて3つ!

中古車の査定基準とは?

車を査定してもらうとき、どこがチェックされるのか気になりますね。

 

まず、車種、年式、グレードが査定額に影響するのは当然として、以下の3つは査定額に大きく影響します。

  1. 走行距離
  2. 修復歴の有無
  3. 外装・内装

 

1.走行距離

走行距離が長いほど査定額は下がります。
普通車の場合、1年で1万キロ(軽自動車は8千キロ)が一般的な目安とされていて、それ以上だと減額されます。

 

 

2.修復歴の有無

事故などで修理した場合は減額になります。

 

 

3.外装、内装

ボディの小さなキズやヘコミは問題になりませんが、大きなものは減額になります。
車内では、シートやフロアマットの汚れをチェックされます。
タバコやペットのにおいが残っていれば、マイナス査定になります。

 

 

査定士がチェックするポイント

その他に査定士は、以下のポイントをチェックします。

  • エンジンルーム
  • エンジンオイル
  • バッテリー
  • 改造の有無
  • タイヤ、ホイール
  • マフラー
  • 車検証の内容
  • 取扱説明書の有無

査定のときに必要なもの

車の査定のときに必要なものは、「車検証」と「自賠責保険証書」の2つだけです。
この2つは普通は車にあるものですから、用意するものは特にありません。あとは身分証を求められることもあります。

 

売却のときに必要なもの

売却時は名義変更などの手続きがあるので、さまざまな書類が必要になりますが、
実際に用意するものは「印鑑証明」ぐらいです。

 

・車検証

・自賠責保険証書

・印鑑証明

・自動車税の納税証明書

・実印

・リサイクル券

査定のために買取店に車を持ちこむのはNG!

 

愛車の査定を受けるために買取店に持ち込むユーザーがいますが、あまりおすすめしません。なぜなら、持ち込んできたユーザーは売る気満々の「格好のカモ」だからです。査定したら最後、車検証もコピーされ、キーも奪われ、契約するまで帰らせてもらえません。

 

査定するために、わざわざアウェーの地に足を運ぶ必要はありません。3社程度の買取店を自宅に呼んで一度に査定してもらえば短時間で、高く売れます。

 

 

車一括査定で高く売る!

一番いいのは、無料の車一括査定を利用して、買取店を選び、指定した日時に査定してもらうことです。

一括査定に登録している買取店は、見積もりを比較されていることを知っているので、他社よりも高く買い取らなくてはいけないのです。

 

一括査定は、買取店の数がダントツで多い、カーセンサーがおすすめです。