車は『持ち込み査定』と『一括査定』どっちが高く売れる?

持ち込み査定のメリットとデメリット

持ち込み査定のメリット・デメリット

 

車の売却を考えたときに、ガリバーなどの車買取店に持ち込んで査定してもらう方法がありますが、これにはメリットとデメリットがあります。

 

持ち込み査定のメリットは、『すぐに売却できる』ということです。

 

事前の予約なしに当日立ち寄れるので、30分の査定のあとすぐに契約完了。そのまま車を引き取ってもらうか、車で自宅に帰り、後日引き取ってもらう、という流れになります。あまり時間がかからずに売却することができます。

 

特に、すぐに売却したい、自宅に査定に来られたくない、というユーザーにおすすめです。

 

 

一方、デメリットは、『買取額が安くなりやすい』ということです。

 

自分から車を持ち込んで来たユーザーは、”売る気がある”とみなされ足元を見られる傾向にあります。特に、持ち込むユーザーは買取相場を知らない場合が多いので、買取店が提示した金額が高いのか安いのか判断がつかず、相場よりも安く買い取られる可能性があります。

 

また、1つの買取店で決めてしまえばすぐに売却できますが、相見積もりをする場合、複数の買取店を何度も行き来する必要があり、とても時間がかかります。

 

以上が持ち込み査定のメリットとデメリットですが、
デメリットのほうが大きいので、査定するなら以下の方法が短時間で高く売れます。

 

相見積もりするなら、車一括査定で!

ディーラーの下取り査定の場合、持ち込まなければいけませんが、
買取店の査定の場合は、持ち込みではなく車一括査定で相見積もりしたほうが効率的です。

 

車一括査定とは、一度の申し込みで複数の買取店から見積もりが取れるネットのサービスです。
査定する日時を決めて、複数の買取店に査定してもらいます。
このときの査定額は、持ち込みのときの査定額とは違い、
ライバル会社と競い合う金額なので、必然的に高くなります。

 

出張査定費も手数料も全て無料なので、
持ち込み査定よりも車一括査定をおすすめします。

 

ちなみに、おすすめの一括査定サイトは、
買取店の数が一番多いカーセンサーです。