新型ワゴンR(ムーンライトバイオレットパールメタリック)
2017年2月、スズキのワゴンRがフルモデルチェンジを果たしました。
初代から数えて6代目になる新型ワゴンR。装いも新たにCMイメージキャラクターに広瀬すずと草刈正雄を起用、軽自動車の王道の中の王道をアピールしています。
では新型ワゴンRはどこが変わったのでしょうか?
主な変更点は以下の3つ!
1.外観デザインの変更!
2.燃費が最高33.4km/Lに向上!
3.安全性能の向上!

外観デザインが変わった!

新型ワゴンR HYBRID FZ
新型ワゴンR HYBRID FZ
HYBRID FZ
新型ワゴンRのスタイリングは、キープコンセプトながらも原点回帰ともいえる初代をベースとしたシンプルなデザインになっており、特にリヤテールランプのデザインや位置が初代を彷彿とさせています。
ドアミラーは小型化されて視界が向上したほか、後部ドアはヒンジドアながらもトヨタの現行型アルファード/ヴェルファイアを思わせる太く傾斜したピラーを採用しています。
プラットフォームも一新され、先代よりも約20%の軽量化に成功かつ剛性も高めた最新プラットフォームを採用、足回りの強化も施されています。

燃費が最高33.4km/Lに向上!

新型ワゴンRの燃費
パワートレインも一新され、先代まで搭載されていたモーターアシストシステム「S-エネチャージ」を更に進化させた「マイルドハイブリッドシステム」を採用。
バッテリーの大容量化によりパワーもアップ、燃費もクラストップレベルとなるリッター33.4km/L(ハイブリッド・2WD)と先代より0.2~0.8km/L向上しています。
トランスミッションは、先代までラインナップされていた5速マニュアルが廃止となり、CVTに一本化されています。

安全性能が大幅に向上!

新型ワゴンRの安全性能
新型ワゴンRで一番大きく変わったのが安全性能です。新型スイフトで採用されたスズキ独自の衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(単眼カメラ+赤外線レーザーレーダーの組み合わせ)」やヘッドランプのロー/ハイビームを自動で切り替えることができるハイビームアシスト機能を歴代モデルで初めて採用しています。
特に、衝突被害軽減システム”デュアルセンサーブレーキサポート”は優秀で、
定評のあるスバルのアイサイトの性能にかなり近づいています。
デュアルセンサーブレーキサポート機能一覧

  • 自動ブレーキ機能
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト機能

内装も広くなった!

新型ワゴンRの内装
インテリアでは、メーターが中央になり運転席の視界が良くなりましたが、これは好みが分かれるところですね。インパネにスマートフォンを置けるスペースを設けるなど使い勝手も向上しています。車内空間はエンジンルームの小型化により大人4人が座っても余裕の空間を実現、先代よりも約30cm広くなっています。後部座席の足元空間もゆとりが増したほか、乗り降りのしやすさもよりスムーズになっています。

おすすめの記事