国産SUV徹底比較!

国産SUV徹底比較!

トヨタC-HR

 

このところのSUV市場の活性化は、国内だけでなくグローバルでもブームになっており、各メーカーが次々と新型車を投入させています。

 

国内を見ても、コンパクトクラスからミドルサイズまで、スタイルやエンジンに個性を持った魅力的な車種が登場し始めています。そして、トヨタのC-HRのように、登録台数で並みいる車種を抑えて上位にまで進出する車種まで現れました。

 

そこで、群雄割拠の国内SUV市場で頭角を現した新機種を中心に、クラス別SUVを徹底比較してみました。

 

 

コンパクトSUVはC-HRが独走

C-HRが属する2.0L以下のクラスはSUVと言ってもコンパクトカーとしての使い勝手や経済性が重要視されるクラスとなり、オフロード性能などよりも、おしゃれで都会的なデザインも大事な要素となります。その中で最も支持されているのがトヨタのC-HRです。

 

2016年12月に発表されたトヨタのC-HRは、プラットフォームに4代目プリウスのものを採用、パワーユニットはプリウスの1.5Lハイブリッドと、1.2Lの直噴ターボという2種類を設定。プリウスのクロスオーバーモデルとして事前のティザー広告が異様に長かったこともあり、発売直後から爆発的な人気をえることになりました。

 

人気の要因はそのショーモデルのような独特なデザインと、プリウス譲りの低燃費性能です。スタイリングが不評でプリウスの購入をためらっていた層がこぞってこのC-HRを選んだということもあるようです。

 

SUVという色分けをされる通り、最低地上高がプリウスよりも高いのですが、それ以外はSUVらしさは皆無で、ハイブリッド車は4WDの設定さえありません。むしろスポーツクーペと言ってもいい性格で、特に新設定された1.2Lの直噴ターボエンジン車は4WDではありますが、オフロードとは無縁のイメージ。まさにSUVとスポーツカーそして低燃費のファミリーカーのクロスオーバーと言っていいでしょう。

 

ライバルは2016年まで国内SUV最多販売を誇っていたホンダのヴェゼルと、1.5Lのディーゼルエンジンを搭載するマツダのCX-3、そして新生SUBARUのXVです。しかし、いずれもC-HRの勢いには遠く及ばず、しばらくはC-HRの一人勝ちの状態が続きそうです。

 

 

ミドルサイズSUVは日産エクストレイルがリード

6月8日に相次いでマイナーチェンジを受けたトヨタと日産の主力SUV。新型ハリアーは2.0L直噴ターボの新採用、新型エクストレイルは自動運転の「プロパイロット」、という目玉商品を設定したことで、SUV市場を大きく盛り上げてくれました。

 

また、CX-3は不振ですが、フルモデルチェンジされたマツダCX-5は絶好調で、前年を3倍近く上回る台数を記録しています。

 

中でも新型エクストレイルの「プロパイロット」は話題性が最も高く、セレナが大ヒットしたようにトヨタのC-HRにどこまで迫るか注目を集めています。

 

他にもハイブリッド車や3列シート車の設定、優れた4WDシステムなどの走行性能、そしてマイナーチェンジでアグレシップになったフロントフェイスなど、ユーザーが求める要素をふんだんに取り入れているのも人気の要因です。さらに、C-HRにも対抗できる低価格設定というのも見逃せない点です。

 

 

ライバルがいないアウトランダーPHEVに注目

 

三菱アウトランダーPHEVは、国内のSUVで唯一のPHEV(プラグインハイブリッド)車を設定したことで、ライバルが手の届かないメリットを持つことになったのです。

 

大人しすぎるデザインがアグレシップなデザインを好むSUVファンに敬遠されていましたが、2月の一部改良によってフロントのイメージを一新。さらにプリウスPHVがフルモデルチェンジされたことにより、プラグインハイブリッドの低燃費性能が再び注目されるようになりました。

 

同じく他にライバルが存在しない1.2Lクラスに投入されたのがイグニス。AセグメントコンパクトカーとSUVを融合させた「コンパクトクロスオーバー」 となっています。プラットフォームとエンジンはソリオと共通ということで、スズキの持つ既存のコンパクトカーをうまく活かした車種ともいえるでしょう。

 

 

エスクードとSX4S-CROSS、スズキの逆輸入SUV

スズキは2016年にエスクードSX4S-CROSSと立て続けに海外生産のSUVを導入しました。

 

いずれも1.6Lガソリンエンジンを採用し、国内産のSUVとは一味違う実用本位で飾りっ気のない、欧州車のような雰囲気は一見の価値ありです。スズキには他にイグニスや軽自動車のハスラー、そして本格的オフローダーのジムニーシエラと、多くのSUVをラインナップするメーカーなのです。

 

 

多彩なSUV、しかし選ぶのは大変!

こうして比較してみると、国内のSUVはどれも個性的でエンジン一つとっても、ガソリン、ガソリンターボ、ディーゼル、ハイブリッドと多種多様で同じものがありません。それだけ多くの選択肢があるのはユーザーにとってうれしいかぎりですが、選ぶのは大変。自分のライフスタイルに合ったSUVを慎重に選ぶことが必要になるでしょう。

SUV車種別スペック表

C-HRスペック表

  C−HRハイブリッド C−HR1.2ターボ
車両価格(円) 2,646,000〜 2,516,400〜
jc08モード燃料消費率(km/L) 30.2 15.4
駆動方式 2WD 4WD
全長/全幅/全高(o) 4,360/1,795/1,550 4,360/1,795/1,585
室内長/室内幅/室内高(o) 1,800/1,455/1,210 1,800/1,455/1,210
ホイールベース(o) 2,640 2,640
エンジン型式・排気量(cc) 直列4気筒・1,797 直列4気筒・1,196
最高出力kw(ps)/rpm 77(98)/5,200 85(116)/5,200〜5,600
最大トルクN・m(kgf・m)/rpm 142(14.5)/3,600 185(18.9)/1,500〜4,000
車両重量(s) 53(72)  
ミッション 163(16.6)  
車両重量(s) 1,440 1,470
ミッション 電気式無段変速機 スーパーCVT-i