くるぷらの一括査定のメリット

くるぷらの一括査定について

くるぷらの一括査定

くるぷらとは、ガリバー、アップル、ラビット、カーチスの大手買取業者4社が作った会社である日本自動車買取有限責任事業組合の車一括査定サービスです。

 

車一括査定とは、車を売るときにネット上で複数の買取店に査定してもらえるサービスです。簡単な愛車の情報を入力するだけで、現在の査定額がわかりそのまま売ることもできるので人気があります。

 

普通、ネット上にある一括査定は中古車買い取り業者が運営するのではなく、それを仲介する会社が運営しています。カーセンサーカービューなどは大手の会社(リクルート、Yahoo)のサービスです。一括査定に買取業者が登録するには登録料がかかりますので、ユーザーに査定額を提示する際にはその登録料が差し引かれた金額になります。

 

一方、くるぷらは買取業者が運営する一括査定なので、仲介手数料がかからず高く買い取ってもらえる可能性があります。くるぷらに登録しているのはガリバー、アップル、ラビット、カーチスの4社だけなので物足りないと思うかもしれませんが、実はこの4社は中古車買取事業で約75%のシェアがあります。つまり4人中3人はこの4社に車を売っているということになります。

 

100社以上も登録されている一括査定では中小企業の買取店が多く、査定してもらっても売るのは結局ガリバーなどの大手ということなんです。よって、余計な業者がいないという点や仲介手数料がかからないので高く売れることなどがくるぷらのメリットです。

 

また、一括査定では大量の電話がかかってきますがくるぷらの場合4社しかいませんので、かかってくる電話も最大で4社。余計な営業電話に悩まされずに済むという点でメリットだと思います。

 

ちなみに、一括査定で電話がかかってこない方法はこちらです。