車買取、下取り、オークションのメリット・デメリット

車の買取、下取り、オークションのメリット・デメリット

車を売る手段としては、主に3つあります。

 

  • ディーラー下取り
  • 買取店に売る
  • オークションで売る

 

それぞれにメリット・デメリットがありますので、
以下にそれを書きたいと思います。

 

 

ディーラー下取り

メリット
手続きが簡単。名義変更など面倒な手続きをディーラーがやってくれる。
新しい車が納車されるまで今乗っている車が使える。

 

デメリット
下取り価格が安い。

 

 

 

買取店に売る

メリット
他社との競合によって高額査定が期待できる。

 

デメリット
車を売ってしまうと、車がない期間ができるので不便(ただし、代車を出してくれるところもある)。
他社と競合させるのは面倒。

 

 

オークションで売る

メリット
マイナーな車や改造車などはマニアに高く売れる。
自分で価格が設定できるので、相場よりも高く売れることもある。

 

デメリット
行政上の手続きなども自分でやらないといけないので面倒。
素人同士の取引なのでトラブルになりやすい。

 

 

まとめ

まとめると、面倒でも高く売りたい場合は、買取店。少しぐらい安くても簡単に売りたい方はディーラーへ。車のことをよく知っていて、絶対に高く売りたいという上級者はオークションがいいでしょう。

 

個人的におすすめはやっぱり買取店ですね。一括査定を利用すると買取店が自宅に無料査定に来てくれます。査定自体は30分程度で終わりますし、査定中は部屋でくつろいでいればいいわけですからね。売る買取店を決めたら、「代車を出して下さいね」とお願いするのをお忘れなく。これで車がない期間を埋められます。