ちょっと待った!車一括査定の危ない注意点!

これだけは知っておこう!車一括査定の注意点

 

車の査定額を比較するために車一括査定は便利ですが、
いくつかの注意点があります。

 

車一括査定に申し込む際に「注意すべきポイント」をまとめました。

 

 

1.電話がかかってくる

一括査定の申し込みには、住所、氏名、電話番号などの個人情報を入力する必要がありますが、申し込むとすぐに買取店から電話がかかってきます。

 

これは査定の依頼電話で、「ぜひ当社で査定させて下さい。後日、ご自宅にお伺いします。」といった内容です。

 

なので、電話を受けられる状況にしておきましょう。ただ、夜9時以降は、”電話をかけてはいけないルール”があるので基本的にはかかってきません(ルールを守らない業者もいますので注意!)。
→電話がかかってこない車一括査定は?

 

電話やメールで、およその査定額を教えてくれる買取店もありますが、
ほとんどは言いたがらないと思います。

 

一つの理由としては、実車を査定してみないと正確な数字は言えないからですが、もう一つの理由としては、ライバル社に査定額を知られて、買取が不利になることを恐れているからです。

 

よって、電話やメールで愛車の査定額は教えてもらえないと思ったほうがいいですね。

 

 

2.査定する買取店は少なめにする

査定してもらう買取店は多ければ多いほど高く売れますが、
欲張って10社ぐらいに依頼すると、大変なことになります!

 

メール、電話でのやり取りがそれだけ発生しますし、
査定日には10人の査定士と応対しなくてはいけません。

 

だからといって、1社では一括査定の意味がありませんので、
3社前後がおすすめです。

 

ただし、一括査定のなかには申し込むと自動的に買取店が選ばれてしまうサイトもあるので、なるべく、買取店を自分で選択できる一括査定を利用してください。

 

<買取店が選べる一括査定>

カーセンサー

ズバット車買取

楽天オート

カービュー

 

 

3.査定する日時を決めておく

電話やメールで、実際に査定する日時を聞かれますので、あらかじめ決めておいた方がいいでしょう。

 

同じ日時にすべての買取店を自宅に呼んで、一斉に査定額を出してもらってもいいですし、時間をずらしてもOKです。
査定時間は1社あたり30分〜1時間くらいです。

 

 

4.いつまでに売るのか決めておく

車をいつまでに売るのかを決めておくのは結構重要です。

 

買取店は、すぐに売ってくれるお客さんほど高値を出します!2週間以内に売却可能であればベストで、すぐに売れる雰囲気を出すと担当者の目の色が変わります。逆にいつまでに売れるのかはっきりしないと、「買い取れない客」だと認識され相手にされなくなるので注意。

 

 

5.希望買取額は絶対に言わない

査定の際に、ほぼ絶対に聞かれるフレーズがあります。

 

大体、おいくらでお考えですか?

 

これはユーザーの希望買取額を聞き出し安く買い取ろうするテクニックですから、
聞かれても絶対に答えてはいけません!

 

もしも「100万円ぐらいなら…」などと言ってしまったら最後、
本当は130万円で買取可能なのに、103万円とかで買い取られてしまいます。

 

もちろん、希望買取額を自分の中で決めておくことは重要です。
ただそれを口に出す必要はありません。

 

あえて言うのであれば、「一番高い金額を出してくれたところに売りますよ」と言い返してください。

 

 

6.ディーラーの方が高いこともある

一般的に、車の売却額はガリバーなどの買取専門店のほうが高いとされています。

 

その理由として、買取店は業者オークションの相場をもとに査定額を出すので、人気車種、低年式、低走行車ほど高くなるからです。

 

一方、ディーラーは相場を無視した金額なので、人気車種だからといって高くはなりません。

 

ただし、ディーラーの目的はあくまでも新車販売ですので、新車を売るために下取り車を高く見積もることがあります。値引きが限界を迎えたら「下取り車で調整します」という、よくあるディーラーのテクニックです。

 

特に、買取店では値段のつかなかった車(0円査定)は狙い目。下取りで20万円などは日常的にあります。
このように相場を無視した査定なので、安くなることも高くなることもあるのがディーラー下取りの特徴です。
また、同じメーカーの車であれば高く下取りしてもらえます。トヨタ車ならトヨタディーラーなど。

 

販売について…
ディーラー系の中古車販売店は、ガリバーなどの販売店と比べて割高になることが多いのですが、これは下取りで高く買い取っているため、販売するときも高くなってしまうからです。

 

ディーラー下取りは安いから最初から見積もりしないユーザーもいますが、これは非常にもったいない話です。

 

まず、買取店で査定してもらい、その金額をディーラーに見せることで大幅な下取り額のアップが期待できます。そして忘れてはいけないのが、ディーラー同士でも競わせることです。

 

トヨタの新車ディーラーで言うと、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店という4つの系統に分かれていて、それぞれが別資本の別会社です。つまり、4社はライバル関係にあります。扱う車種もトヨタ店は高級車、ネッツ店はコンパクトカー、というように顧客層によって分けられているのです。

 

ただ、プリウスなどの人気車種は全店舗で購入できます。4つのディーラーから見積もりを比較すると、値引き額が10万円も違うことがあります。下取りも同じように4つのディーラーでぜんぜん違う金額が提示されるはずです。このように、見積もりは比較しないと絶対に損なので、ディーラー同士でも競わせましょう。

おすすめの車一括査定

上記では車一括査定の注意点を書きましたが、
では、一体どの一括査定を利用すればいいのでしょうか。

 

車一括査定はネット上にたくさんありますが、
実は、ほとんどの一括査定は登録されている買取店が少なすぎます。

 

50社〜200社あたりが中心で、もっと少ないものもあります。

 

少ないとどうなるのかというと、
買取店側からしたらライバルがいないので、
安く買い取れるのです。

 

逆にライバルが多いと、買取額は高くなります。

 

つまり、一括査定では買取店の数が重要なのです!

 

おすすめは、カーセンサー!

そんな中、ダントツで多いのが「カーセンサー」で、
約1000社が登録されています。

 

カーセンサーと言えば昔から中古車雑誌を発行しているので、
全国ほぼすべての買取店とのつながりがあります。

 

なので、最近のベンチャー企業がはじめた一括査定とは、
圧倒的な差があります。

 

一括査定で迷ったら、カーセンサーを選んでおけば間違いありません。

 

カーセンサーの車一括査定はこちら(無料)