車の維持費と税金について

車の維持費、いくらかかる?

 

車の維持費、税金ってどれくらいかかるの?

 

車を今から買おうと思っている方。
家計を見直している方。

 

改めて車の維持費と税金について、考えたことありますか?

 

毎年、重量税の支払いが近づくと「あれ〜我が家はいくらだっけ?」と思うことありませんか?
今回はそんな憂いを晴らすために、車の維持費と各種税金について、まとめて見ました。

 

 

[軽・普通]車の年間維持費&税金目安一覧

軽自動車 普通車
自動車税 10,800円 39,500円〜
自動車重量税 3,300円 16,400円〜
ガソリン代 60,000円〜 60,000円〜
車検代(2、3年に1度) 50,000円〜 50,000円〜
自賠責保険代 12,000円〜 12,000円〜
任意保険代 40,000円〜 40,000円〜
駐車場代 120,000円〜 120,000円〜

 

 

車検費用と駐車場代は、基本的にどの車も変わりません。
普通車の場合のみ、排気量が規定より多い場合と、車体重量が1.5t以上の場合は税金が加算されますが、通常クラスであれば、基本的にかかる費用は、この金額です。

 

また車検費用は新車であれば3年、中古でも2年に1度なので、実際にかかる費用は上記表よりも上下します。

 

もちろん、加入している保険や年間走行距離、ガソリン代の上場率、駐車場代など、さまざまな要素によって車の年間の維持費は異なりますが、タイヤの交換やバッテリー交換を踏まえない場合は、それぞれ車検がある年は、おおよそ軽自動車で約29万円普通自動車で約33万円かかると考えておきましょう。

 

月額で考えると、軽は2.4万円/月、普通車は2.8万円/月です。

 

車検がない場合は、金額がその分、金額が下がるので月額は、それぞれ2万、2.3万円ほどかかると考えてください。

 

 

車の維持費を考えた時に、一番のネックは「駐車場代」

車の維持費を考えた時に、駐車場代にかなりのコストがかかっていることが伺えます。
ガソリン代や一部保険代金は、車を走らせなければ節約できますし、電気自動車の場合は燃料費が月2,000円で済むことだってあります。

 

しかし、駐車場代は何をどうやっても、毎月かかるコストです。

 

車を置くだけなのに、かなりの費用がかかっていることが、上記の表から読み取れるかと思われます。
単純計算で、駐車場代が不要な場合は車の月額維持費用は税金を加えても、約1万円で済みます。

 

車の維持費をお考えの方は、どんな車を買うかよりも、どんな駐車場を選ぶかの方が、維持費削減的には重要かも知れませんよ?

 

 

こうやって考えてみると、車にかかる税金って高いですね。
よく「車両重量税が上がって〜」という話がありますが、改めて表を見ると、車にかかる税金は決して高くはありません(ガソリン税と消費税の二重取りなどはココでは話題にしない)。

 

軽自動車税が平成27年度より、1.5倍に跳ね上がり、それまで7,000円程度だった税金が1万円以上になってしまいましたが、それでも駐車場代より、随分ましです。

 

どのみち車にかかる税金は節税のしようがありませんから、「必要経費」と割り切って考えるしかないでしょう。

 

 

低燃費を目指すなら電気自動車という選択肢も

走った分だけ支払額が増えていくのが「燃料費」に、悩まされている方は、多いでしょう。

 

ただこの燃料費、節約するにもガソリン車では限界があります。
いくら燃費が良い車に乗っていたとしても、車を走らせるためには、ガソリンは必須ですし、1万円以上節約しようと思ったら、ロングドライブを諦める以外に選択肢はありません。

 

また、燃料費節約のために公共交通機関を使ったり、あえて自転車を使うなどの方法もありますが、それではなんのために、自動車を購入したのかわからないので、あまりオススメ出来ません。

 

車を所有している意味は「いつでも、好きな時に好きなところへ行ける」という事です。
燃料費の負担が怖いから車を買いたくない、という人は、思い切って燃料費が格安な電気自動車を購入するという手があります!

 

 

維持費も「必要経費」と割り切って考えよう!

車にかかる維持費・税金、諸費用は、たしかに大きな負担です。
カーローンを利用して車を購入された方の場合は、この3つに+ローン返済代金がかかるのですから、車を維持するために、必要な費用は大きく、結構な負担です。

 

確かに「毎月、何もしなくってもお金がかかる」と考えると、結構な負担ですが、それらの負担を「自分の生活が楽になるための必要経費」と割り切って考えれば、そこまで負担に感じないのではないのでしょうか?

 

少なくとも、中古車を購入すれば、車の購入費用に関する負担は減らせるので「お金はないけれど、車が欲しい」という方は、中古車という選択もありかも知れません。

 

また最近では、カーシェアリングやカーリース等のサービスも充実しており、少ない費用で車を利用できるようになりました。
車のある生活を享受するためにも、維持費と税金だけに注目するのではなく、さまざまな選択肢を考えて、自分に一番良い方法を利用されてみてはいかがでしょうか?